1. Home
  2. 生き方
  3. 本屋の時間
  4. 本の賞味期限

本屋の時間

2019.02.01 更新 ツイート

第54回

本の賞味期限辻山良雄

(写真:iStock.com/Sean_Kuma)

本屋と他の業種を比べたとき、「本は腐らないからいいね」と言われることがある。賞味期限のある生鮮食品とは異なり、紙でできた本は腐ることがないので、扱いやすい商材だというのだ。

確かに物体としての本は腐らないが、その中身のほうはどうだろうか。少しまえに話題になっていた本が、古書店の店頭で百円均一の棚に並べられているのを見たとき、わたしたちは自然とその本の存在が「古くなった」と感じてしまうだろう。同じように古書店に並んでいても、より熟成されたように見える本もあるので、古びる速度はその本次第としか言えないが。

 

 

多くの新刊書店で、売上における〈新刊本〉の割合が、年々増えていると聞く(ここでの〈新刊本〉とは、発売後1~2カ月しか経っていない本のことを指す)。書店店頭の売上は落ちているにも関わらず、毎日出版される本の点数は変わらないので、少しまえに出た本であっても新しい本が入ってくれば、平積みからは外され、あっという間に棚に収められるか、そのまま返品されてしまう。そこでは本の内容は問題にならず、新しいものほど価値があるかのように取り扱われる。

Titleには自分で注文した本しか入ってこないので、そうした状態には陥っていない。もちろん最近発売になった本ほど売れる数は多いが、その本が魅力的に映るのだとすれば、それは同じジャンルの定番や古典の本が、あるべき場所にしっかりと収まっているからだと思っている。客として安心できる本屋の本棚では、昔に発売された本であっても「いま、読まなければいけない本」として、本のほうから語りかけられている気にさせられる。

 

そう考えると本の真価は、発売後すぐにわかるものではない。本屋として大切なのは、それがいつ発売になったものであれ、自分の店に合った本を常に探し続けて、それを自店の変わらぬ定番として育てていくことだ。そうした賞味期限のない定番を増やすことが店の魅力を高め、〈新刊本〉だけに頼らない経営を支えていく。

 

今回のおすすめ本

『世界のはじまり』 バッジュ・シャーム作・絵 ギーター・ヴォルフ文 青木恵都訳 タムラ堂

一冊ずつハンドメイドで作られた本自体が、インドの神話的な世界からそのまま産み落とされたようだ。手で漉いた紙の手触り、匂い。インド・ターラーブックスの定番書籍の日本語版。

〈お知らせ〉

◯2019年10月10日(木)~ 2019年10月29日(火)Title2階ギャラリー

『月で読む あしたの星占い』カシワイ作品展
ひるまの星――見えないけれど、そこにある世

『月で読む あしたの星占い』(石井ゆかりさん著 すみれ書房)の刊行を記念して、イラストレーター・カシワイさんの作品展を開催。過去の原画や描き下ろし作品も展示予定。

 

◯2019年10月25日(金)19:30~ Title1階特設スペース

季刊誌kotobaプレゼンツ
「21世紀に書かれた百年の名著を読む」第3回
仲俣暁生×温又柔
「ジュンパ・ラヒリ『その名にちなんで』を読む」

仲俣暁生さんが毎回ホストで開催している『kotoba』との連動トークイベント第3回。今回のゲストは温又柔さん。ラヒリの『その名にちなんで』をとりあげつつ、「多様性」の意味を語り合う。


◯2019年11月4日(月)~ 11月12日(火) Title2階ギャラリー

かがくのとも『マグロリレー』刊行記念展
キッチンミノル写真展

マグロの流通を水揚げから食卓まで追いかけた写真絵本『マグロリレー』。紙面では紹介できなかった写真をたくさん展示。

 

◯辻山良雄・文/nakaban・絵『ことばの生まれる景色』ナナロク社

店主・辻山が選んだ古典名作から現代作品まで40冊の紹介文と、画家nakaban氏が本の魂をすくいとって描いた絵が同時に楽しめる新しいブックガイド。贅沢なオールカラー。

 

 ◯辻山良雄『365日のほん』河出書房新社

春、夏、秋、冬……日々に1冊の本を。書店「Title」の店主が紹介する、暮らしを彩るこれからのスタンダードな本365冊。

 

 ◯辻山良雄『本屋、はじめました―新刊書店Title開業の記録』苦楽堂 ※5刷、ロングセラー!!

「自分の店」をはじめるときに、大切なことはなんだろう?物件探し、店舗デザイン、カフェのメニュー、イベント、ウェブ、そして「棚づくり」の実際。

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

本屋の時間

東京・荻窪にある新刊書店「Title(タイトル)」店主の日々。好きな本のこと、本屋について、お店で起こった様々な出来事などを綴ります。「本屋」という、国境も時空も自由に超えられるものたちが集まる空間から見えるものとは。

バックナンバー

辻山良雄

Title店主。神戸生まれ。書店勤務ののち独立し、2016年1月荻窪に本屋とカフェとギャラリーの店 「Title」を開く。書評やブックセレクションの仕事も行う。著作に『本屋、はじめました』(苦楽堂)、『365日のほん』(河出書房新社)がある。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP