1. Home
  2. 生き方
  3. 本屋の時間
  4. あるはずのものがない違和感

本屋の時間

2019.01.15 更新 ツイート

第53回

あるはずのものがない違和感辻山良雄

先日、書店員のSさんが来店し、雑談の折に「辻山さんのところは、スリップがなくなっても困らないの?」と尋ねられた。本の業界以外の人にとっては、あまりなじみのないことばかもしれないが、スリップとは書店に並ぶ販売前の本に挟まっている紙のことである(丸い頭がちょこんとページのあいだから飛び出しているアレです)。以前は主に本を管理するために使われていたが、昨年あたりから、そのスリップを本に挟み込むことをやめる出版社が急増しているのだ。

 

 

困るか困らないかでいえば、非常に困る。大きな出版社は、「売上データを集計するPOSレジが入っていない書店など、この時代にありえない」と思っているであろうから、TitleのようにPOSレジを使っていない、時代錯誤な店のことは想像もしないのだろう。スリップは売れていった本の代わりに手元に残るので、それを使って売れた本を確かめ再注文するなど、色々と使用方法はあるのだが、それについてここで詳しくは書かない。

むしろわたしが気になるのは、用途というよりはスリップのない本の〈見た目〉だ。スリップを挟んでいない本は、人の家の本棚や新古書店の本棚に並んでいる本と、きれいなことを別にすれば何ら変わりがないように見える。つまりスリップとは、その本が「誰も手を付けていない新刊本である」と一目でわかる証なのだ。

これまで書店では、客がレジに持ってきた本のスリップを抜き、それを渡した瞬間に、その本は客のものになるという流れがあった。スリップのない本は、そもそも誰の本だか一見してわからないし、すべてがスリップのない本で埋め尽くされた書店は、それが新刊書店かどうかも判別がつかない(新刊と古書を一緒に扱っている店のことを想像してほしい)。〈わが社の経費削減〉のためだけに、スリップをやめる方向に流れているのだとすれば、「それはもう少しよくお考えになられては?」と言いたい。

 

今回のおすすめ本

『フィリップ・ワイズベッカーの郷土玩具十二支めぐり』フィリップ・ワイズベッカー  青幻舎

近すぎてあたりまえのように思っているものの価値を、誰かに教えてもらうことがある。実家の押し入れに眠っている古い郷土玩具も、改めて見ると独創的なフォルムが新鮮に思える。外国人の視点から、各地に息づく手仕事を訪ねた紀行文。

 

〈お知らせ〉

◯2019年12月5日(木)~ 2019年12月23日(月) Title2階ギャラリー

宮脇慎太郎写真展
『霧の子供たち Children of the Mist』(サウダージ・ブックス)刊行記念

日本三大秘境のひとつとされる徳島県祖谷(いや)、圧倒的なローカルの風景とそこに生きる人々を記録した写真集『霧の子供たち Children of the Mist』。四国最深部の天空の集落を撮り続ける宮脇慎太郎の写真展。


◯2019年12月13日(金)19時30分~ Title 1階特設スペース

コトノネ32号リニューアル刊行記念「身障者いがらしみきお」
いがらしみきおトークイベント

(コトノネ新連載から抜粋)
私の仕事は漫画家です。今年でデビュー40年になります。40年やっていると、たいがいのことはもう書いた感さえあります。そこで、まだ書 いていないことは、と考えた時に頭に浮かんだのが、身体障害者としての自分のことです。……

この新連載とコトノネのリニューアルを記念したトークイベント。

 

 

◯辻山良雄・文/nakaban・絵『ことばの生まれる景色』ナナロク社

店主・辻山が選んだ古典名作から現代作品まで40冊の紹介文と、画家nakaban氏が本の魂をすくいとって描いた絵が同時に楽しめる新しいブックガイド。贅沢なオールカラー。

 

 ◯辻山良雄『365日のほん』河出書房新社

春、夏、秋、冬……日々に1冊の本を。書店「Title」の店主が紹介する、暮らしを彩るこれからのスタンダードな本365冊。

 

 ◯辻山良雄『本屋、はじめました―新刊書店Title開業の記録』苦楽堂 ※5刷、ロングセラー!!

「自分の店」をはじめるときに、大切なことはなんだろう?物件探し、店舗デザイン、カフェのメニュー、イベント、ウェブ、そして「棚づくり」の実際。

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

本屋の時間

東京・荻窪にある新刊書店「Title(タイトル)」店主の日々。好きな本のこと、本屋について、お店で起こった様々な出来事などを綴ります。「本屋」という、国境も時空も自由に超えられるものたちが集まる空間から見えるものとは。

バックナンバー

辻山良雄

Title店主。神戸生まれ。書店勤務ののち独立し、2016年1月荻窪に本屋とカフェとギャラリーの店 「Title」を開く。書評やブックセレクションの仕事も行う。著作に『本屋、はじめました』(苦楽堂)、『365日のほん』(河出書房新社)がある。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP