1. Home
  2. 生き方
  3. 本屋の時間
  4. 「あたりまえ」でいるために

本屋の時間

2019.01.03 更新

第52回

「あたりまえ」でいるために辻山良雄

撮影:平野愛

Titleはこの1月10日、開店してから4年目の日を迎える。開店した当時は、前職からの知り合いや、SNSを通じて開店を知った人たちで店内は賑わい、毎日がお祭りのようであった。さすがにその熱はもう残ってはいないが、店を気に入りそれぞれの頻度で足を運んでくださる人の顔、顔はわからないが、全国各地から定期的に本を注文してくださる人の名前が、いまその代わりに思い浮かぶ。

 

 

店をやるものにとって「時が経つ」とは、そのように目のまえにいる人が変わっていくことでもある。その変化は一定しないが、新しい人を迎えているあいだは、店の原動力となる種火が消えることはない。

fcscafeine/iStock

人はスイッチの入った状態になったとき、本に限らずモノを買う。次々とオープンする新しい店、毎日どこかの場所で行われているイベント、スマートフォンに流れてくる誰かの〈バズった〉投稿……。人が本屋に足を運び本を買うには、「それが読みたいから」という理由だけでは、もう足りないのかもしれない。平坦な日常のなかで本は中々売れていかないから、売るものは無理にでもその買うべき理由を作ろうとする。もちろんそれは売るものにとって無理も伴う〈苦しい〉ことであり、知らないあいだに心を蝕むものでもある……。

本屋に流れるほとんどの時間は代わり映えのしない日常で、それは店主にとっても、店に来るお客さんにとっても同じことだ。そのなかで、いかに来る人の手を取って、その生活の中に本をしのび込ませることができるか。「あたりまえ」の時間で培ったものこそ、その人が生きるうえでの「あたりまえ」になる。平坦な日常が、本が生き延びるための主戦場であることに、今も昔も変わりはない。

本屋はいまを生きる人の、多様な声が行き交う場所である。その場所がこれからも存在し、その面白さに目を留めてもらうために、自分がこれからできることは何か。この一年は初心に帰り、そのことをしっかりと考えてみたい。

 

あけましておめでとうございます。今年も「本屋の時間」をよろしくお願いします。

 

今回のおすすめ本

『cook』坂口恭平 晶文社

料理はその栄養のみが、人の糧となるのではない。何を作るかを考え、実際に手を動かすことが、自分を明日へと連れていくのだ。鬱期につけた、毎日の料理の記録。

 

〈お知らせ〉

◯ 2019年1月10日(木)〜 2019年1月29日(火)Title2階ギャラリー


nakaban × Title exhibition 「ことばの生まれる景色 完結編」

~『ことばの生まれる景色』(ナナロク社)刊行記念~

2017年1月よりTitleで行われた3回の展示に辻山のエッセイを加えた、40の絵と文からなる『ことばの生まれる景色』(ナナロク社)が絶賛発売中。今回の展示では、書籍のために描き下ろした絵や、前回の展示から手を加えた絵を中心に構成したセレクト版

 

◯2019年1月24日(木)19:30〜 Title1階特設スペース


絵と文で本を旅する四十景

nakaban × Title exhibition 「ことばの生まれる景色 完結編」開催記念トークイベント

『ことばの生まれる景色』が本となるまでの丸二年にわたる話を、画家と書店店主が語り合う。

 

◯2019年1月29日(火)19:30〜 Title 1階特設スペース


境界線上のゆらぎ、読む楽しみ

大竹昭子による小池昌代の公開インタビュー 小池昌代『影を歩く』(方丈社)刊行記念

短篇集『影を歩く』の刊行を記念して、著者の小池昌代さんと、小池さんと親交の深い大竹昭子さんをお招きしたトークイベント。文中の「わたし」と書き手との関係など〈境界線上にある事柄〉を話題に。

 

◯2019年2月7日(木)19:30〜 Title 1階特設スペース

吉田亮人写真集「The Absence of Two」 刊行記念 トークイベント

 宮崎県の田舎町に二人で暮らす祖母と従兄弟の日常を撮りつづけてきた写真家・吉田亮人。互いを支え合いながら流れてゆく、ささやかながらもかけがえのない時間は、ある日突然、思いもかけない形で結末を迎える。作品の制作背景と写真集となるまでの話を語る。

 

 

 ◯辻山良雄『365日のほん』河出書房新社

春、夏、秋、冬……日々に1冊の本を。書店「Title」の店主が紹介する、暮らしを彩るこれからのスタンダードな本365冊。

 

 ◯辻山良雄『本屋、はじめました―新刊書店Title開業の記録』苦楽堂 ※5刷、ロングセラー!!

「自分の店」をはじめるときに、大切なことはなんだろう?物件探し、店舗デザイン、カフェのメニュー、イベント、ウェブ、そして「棚づくり」の実際。

 

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

コメント

こなちん  RT @jjhuQPWjakk7cPr: 「あたりまえ」でいるために<本屋の時間>辻山良雄-幻冬舎plus https://t.co/JP0ZQnsL3F 1日前 replyretweetfavorite

よっしー5150  「あたりまえ」でいるために<本屋の時間>辻山良雄-幻冬舎plus https://t.co/JP0ZQnsL3F 1日前 replyretweetfavorite

さと  “人はスイッチの入った状態になったとき、本に限らずモノを買う。次々とオープンする新しい店、毎日どこかの場所で行われているイベント、スマートフォンに流れてくる誰かの〈バズった〉投稿……。「それが読みたいから」という理由だけでは、もう… https://t.co/rCkHEeUbcC 6日前 replyretweetfavorite

本屋の時間

東京・荻窪にある新刊書店「Title(タイトル)」店主の日々。好きな本のこと、本屋について、お店で起こった様々な出来事などを綴ります。「本屋」という、国境も時空も自由に超えられるものたちが集まる空間から見えるものとは。

バックナンバー

辻山良雄

Title店主。神戸生まれ。書店勤務ののち独立し、2016年1月荻窪に本屋とカフェとギャラリーの店 「Title」を開く。書評やブックセレクションの仕事も行う。著作に『本屋、はじめました』(苦楽堂)、『365日のほん』(河出書房新社)がある。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP