1. Home
  2. 生き方
  3. 本屋の時間
  4. 2018年 こんな本と出合いました

本屋の時間

2018.12.15 更新 ツイート

第51回

2018年 こんな本と出合いました辻山良雄

Matt_Gibson/iStock

 毎日本屋には、数多くの新しい本が届き、それぞれの本は、それを求める人の元へと旅立っていく。今年も手にするだけで嬉しくなるような本がたくさん出版されたが、そのなかでも特に印象に残った本をいくつかご紹介します。

 

『本を贈る』 若松英輔ほか著(三輪舎)

  この本の出版を記念したトークイベントで、著者の一人である、出版取次の川人寧幸(やすゆき)さんと話をした。川人さんとは二十年以上前に、とある大型書店のバックヤードでともに「汗を流して」仕事をしたが、それ以来わたしが店を開くまで、彼と会うことはなかった。トークはお互いの空白の時間を探り合うように進んでいったが、川人さんの口からは「労働」「荷卸し」など、〈肉体という実体〉を伴うことばが多く発せられた。

 長い年月は、哲学や芸術を愛する青年を、一人の気骨ある「労働者」に変える。そこには他人には窺い知れない苦労や挫折があったかもしれないが、目のまえの川人さんを見ていると、そうした平坦ではない人生に癒されるようにして、いまここにいる印象を受けた。

 時を経て厚みのある再会を与えてくれた、この本に感謝したい。
 

一冊の本が読者の手元に届くまでには、数多くの人のよき仕事が、そこに添えられている。著者、編集、校正、装丁、印刷、製本、営業、取次、書店員、本屋という10人の著者がそれぞれの仕事を語ったこの本は、彼らが実際に製本や印刷、校正などを手掛け、現物を見るだけでその思いやコンセプトがそれとなく伝わってくる。
『本を贈る』若松英輔ほか 三輪舎

 

『セリー』森泉岳土(KADOKAWA)

 失礼な言いかたになるかもしれないが、森泉岳土さんは、一見「漫画家」には見えない。そのすらりとした立ち姿は、仕事のできるエンジニアのようでもあり、感じのよいツアーコンダクターのようにも見える。しかしそれはわたしの漫画家に対するイメージ(衣食は気にせず、豪放磊落……)が古いだけで、森泉さんのように作品や人に対して繊細な心遣いをする人でなければ、いまという時代は掴めないだろう。

 森泉さんの漫画はいわゆる一枚絵ではなく、パーツごとに描かれ、それらを組み合わせてコマが成り立っている。自らの作家性は、その「パーツを組み合わせる」という編集作業のなかで効果的に演出されていくが、そこには足し算だけではない複雑な計算式があるのだろう。それが従来の漫画では体験できない、まったく新しい表現を切り拓いていく。

 わたしが「初期化」され、その記憶がなくなってしまったとしたら、それはわたしと言えるのだろうか。この世界からすこし先、でも今とは地続きの、人間とヒューマノイドの物語。わたしのなかに、全てがある。
森泉岳土『セリー』(エンターブレイン)

 

『旅芸人の記録』中野真典著(くちぶえ書房)

 絵本作家として数多くの著作もある中野真典さんだが、久しぶりにお会いしたとき「思っていたより小柄だな」という印象を受けた。控えめに話をされ、その場の空気をなるべく波立たせないようにしている身のこなしが、そう思わせたのかもしれない。

 中野さんの自主製作の本は、ダイナミックな絵が洗練された冊子のなかに収まった、一見して「素晴らしい」ものだった。手にした瞬間そう思い、すぐに感想を伝えたところ、中野さんは何か考えるようにチラリとわたしを見ただけで、それには何も答えることはなかった……。

 そのあと会話は何もなかったかのように、普段通りに戻っていったが、こちらの軽薄を射抜くような一瞥こそが中野さんなのであり、いまでもずっとその視線に問いかけられているような気がしている。

 なぜ、そんなに「旅芸人」に魅せられるのだろう。大地から湧いてくる形と色彩、自らの記憶が未分化に差し出される。ダイナミックでいながら繊細な、中野真典の魅力が味わえる一冊。
中野真典『旅芸人の記録』(くちぶえ書房)


 

 今年の「本屋の時間」はこの回が最後です。来年もまた、この場所でお会いしましょう。(今回のおすすめ本のコーナーはお休みします)

〈お知らせ〉

◯2019年12月5日(木)~ 2019年12月23日(月) Title2階ギャラリー

宮脇慎太郎写真展
『霧の子供たち Children of the Mist』(サウダージ・ブックス)刊行記念

日本三大秘境のひとつとされる徳島県祖谷(いや)、圧倒的なローカルの風景とそこに生きる人々を記録した写真集『霧の子供たち Children of the Mist』。四国最深部の天空の集落を撮り続ける宮脇慎太郎の写真展。


◯2019年12月13日(金)19時30分~ Title 1階特設スペース

コトノネ32号リニューアル刊行記念「身障者いがらしみきお」
いがらしみきおトークイベント

(コトノネ新連載から抜粋)
私の仕事は漫画家です。今年でデビュー40年になります。40年やっていると、たいがいのことはもう書いた感さえあります。そこで、まだ書 いていないことは、と考えた時に頭に浮かんだのが、身体障害者としての自分のことです。……

この新連載とコトノネのリニューアルを記念したトークイベント。

 

 

◯辻山良雄・文/nakaban・絵『ことばの生まれる景色』ナナロク社

店主・辻山が選んだ古典名作から現代作品まで40冊の紹介文と、画家nakaban氏が本の魂をすくいとって描いた絵が同時に楽しめる新しいブックガイド。贅沢なオールカラー。

 

 ◯辻山良雄『365日のほん』河出書房新社

春、夏、秋、冬……日々に1冊の本を。書店「Title」の店主が紹介する、暮らしを彩るこれからのスタンダードな本365冊。

 

 ◯辻山良雄『本屋、はじめました―新刊書店Title開業の記録』苦楽堂 ※5刷、ロングセラー!!

「自分の店」をはじめるときに、大切なことはなんだろう?物件探し、店舗デザイン、カフェのメニュー、イベント、ウェブ、そして「棚づくり」の実際。

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

本屋の時間

東京・荻窪にある新刊書店「Title(タイトル)」店主の日々。好きな本のこと、本屋について、お店で起こった様々な出来事などを綴ります。「本屋」という、国境も時空も自由に超えられるものたちが集まる空間から見えるものとは。

バックナンバー

辻山良雄

Title店主。神戸生まれ。書店勤務ののち独立し、2016年1月荻窪に本屋とカフェとギャラリーの店 「Title」を開く。書評やブックセレクションの仕事も行う。著作に『本屋、はじめました』(苦楽堂)、『365日のほん』(河出書房新社)がある。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP