1. Home
  2. 生き方
  3. 本屋の時間
  4. インフルエンザに学ぶ

本屋の時間

2019.02.15 更新 ツイート

第55回

インフルエンザに学ぶ辻山良雄

(写真:iStock.com/efetova)

開店以来三年間、ずっと大した病気なしでここまでやってきたのだが、先日インフルエンザにかかり、店を数日休むことになった。医者から「インフルエンザです」と診断されたとき、思いもかけず安堵感に包まれ、体じゅうから力が抜けていった。「もうじたばたしても仕方がない」と思ったのだ。
 

店を続けるうえで一番大切なことは、「健康な体でそこにいること」につきる。店を続けていくあいだには、うまくいかないときもあるし、何かトラブルに見舞われることだってある。しかしそこにいることさえできれば、打開策を思いつくかもしれないし、トラブルにだって対応は可能だろう(そして健康でなければ、それは難しい)。だから店をはじめてからというもの、万全な状態で店にいることを前提に、そこから逆算して考えた行動をとるようになった。

以前は、自転車で30分かけて店まで通っていたが、交通事故に遭うリスクを減らすため、二年前から店の近所に引っ越した。交差点を渡るとき、車が飛び込んでこないか何回も確認する癖が身についたが、すべては「物事がそこで止まってしまわない」ためである。イベントの打ち上げ以外、酒席に出ることも少なくなり(そもそも時間的に無理なのだが)、生活は実に勤勉そのものである。

 

 

 

しかし無理をせず休むことも、時には必要だ。店の営業時間を記すことは、「その間は店を開けている」と、お客さんと約束を交わすことであり、それを破ってはならないとこれまでかたくなに考えてきたが(もちろんそれが基本なことは変わらないが)、個人の替えが効かない以上、時には自分を大切にすることも必要である。このたび、数日休んだあと店に戻ってきたとき、どこで知ったのだろうか多くのお客さんに労りのことばをかけてもらい、なぜだか差し入れまでいただいてしまった。休んだとしても理解してもらえる関係性こそがその店の見えない力なのだと、しみじみと思い至った。

 

今回のおすすめ本

『THE ABSENCE OF TWO』吉田亮人 青幻舎

身の回りにいた二人の人物の不在。その理由はわからないままでも、フィルムにはそのむせび泣くような感情が写しとられている。誰がシャッターを押しても、その写真は同じものにはならない。そうした〈撮る行為〉そのものを考え起こさせる写真集。

〈お知らせ〉

◯2019年12月5日(木)~ 2019年12月23日(月) Title2階ギャラリー

宮脇慎太郎写真展
『霧の子供たち Children of the Mist』(サウダージ・ブックス)刊行記念

日本三大秘境のひとつとされる徳島県祖谷(いや)、圧倒的なローカルの風景とそこに生きる人々を記録した写真集『霧の子供たち Children of the Mist』。四国最深部の天空の集落を撮り続ける宮脇慎太郎の写真展。


◯2019年12月13日(金)19時30分~ Title 1階特設スペース

コトノネ32号リニューアル刊行記念「身障者いがらしみきお」
いがらしみきおトークイベント

(コトノネ新連載から抜粋)
私の仕事は漫画家です。今年でデビュー40年になります。40年やっていると、たいがいのことはもう書いた感さえあります。そこで、まだ書 いていないことは、と考えた時に頭に浮かんだのが、身体障害者としての自分のことです。……

この新連載とコトノネのリニューアルを記念したトークイベント。

 

 

◯辻山良雄・文/nakaban・絵『ことばの生まれる景色』ナナロク社

店主・辻山が選んだ古典名作から現代作品まで40冊の紹介文と、画家nakaban氏が本の魂をすくいとって描いた絵が同時に楽しめる新しいブックガイド。贅沢なオールカラー。

 

 ◯辻山良雄『365日のほん』河出書房新社

春、夏、秋、冬……日々に1冊の本を。書店「Title」の店主が紹介する、暮らしを彩るこれからのスタンダードな本365冊。

 

 ◯辻山良雄『本屋、はじめました―新刊書店Title開業の記録』苦楽堂 ※5刷、ロングセラー!!

「自分の店」をはじめるときに、大切なことはなんだろう?物件探し、店舗デザイン、カフェのメニュー、イベント、ウェブ、そして「棚づくり」の実際。

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

本屋の時間

東京・荻窪にある新刊書店「Title(タイトル)」店主の日々。好きな本のこと、本屋について、お店で起こった様々な出来事などを綴ります。「本屋」という、国境も時空も自由に超えられるものたちが集まる空間から見えるものとは。

バックナンバー

辻山良雄

Title店主。神戸生まれ。書店勤務ののち独立し、2016年1月荻窪に本屋とカフェとギャラリーの店 「Title」を開く。書評やブックセレクションの仕事も行う。著作に『本屋、はじめました』(苦楽堂)、『365日のほん』(河出書房新社)がある。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP