1. Home
  2. 生き方
  3. 美しい暮らし
  4. 切り捨てられるものについての考察

美しい暮らし

2019.01.20 更新 ツイート

切り捨てられるものについての考察矢吹透

行きつけの歯科医に、いつか抜いた方がいいですよ、と言われていた親不知が、年末にぐらぐらとし始め、時折り、痛むようになりました。

年明けを待ち、歯科医院の予約を取り、抜いて頂くことにいたしました。

何十年もそこにあって、歯を磨いたりする時などに、しばしば邪魔にも感じていた、その歯がなくなってしまうと、すっきりすると同時に、奇妙な喪失感もあり、私は物思いに浸ることになりました。

何かを失う、何かを切り捨てる、ということについて、私は考えました。


前に進んで行くためには、何かを切り捨てなければならないことや、誰かを切り捨てなければならないことが、人の世には、しばしば起きるものです。

仕事に於いても、恋愛に於いても、時に、アイドル・グループの成長の過程などに於いても、そういったことが起こります。
切る側にも、切られる側にも、それぞれの理由が、きっと確かにあるのでしょう。
だから、それはもう仕方のないことです。

切り捨てる側が、切り捨てられる側よりも、必ずしも悪いとか、いけないというわけでもなく、責任はおそらく同等です。
けれど、私は思うのです。

捨てた側は、何かを、誰かを捨てて、今、手にしているものを得たのだ、ということをせめて記憶に留めて行って欲しい、と。

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

関連キーワード

関連書籍

矢吹透『美しい暮らし』

味覚の記憶は、いつも大切な人たちと結びつく——。 冬の午後に訪ねてきた後輩のために作る冬のほうれんそうの一品。苦味に春を感じる、ふきのとうのピッツア。少年の心細い気持ちを救った香港のキュウリのサンドイッチ。海の家のようなレストランで出会った白いサングリア。仕事と恋の思い出が詰まったベーカリーの閉店……。 人生の喜びも哀しみもたっぷり味わせてくれる、繊細で胸にしみいる文章とレシピ。

{ この記事をシェアする }

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP