1. Home
  2. 生き方
  3. 美しい暮らし
  4. 67歳女性一人暮らし。急死した時の持ち家...

美しい暮らし

2021.05.12 更新 ツイート

共振する人生相談 ~ぼくはアンプリファイア~

67歳女性一人暮らし。急死した時の持ち家の処分のことが不安です 矢吹透

二日後、82歳の父が、ぼくが同性パートナーと暮らすマンションの1室に引っ越して来ます。

父のこの引っ越しの経緯について、前回ぼくがこの連載で書いた文章は、いつもよりたくさんの方たちに関心を持って頂けたようです。

我が家に限らず、高齢者の独居や介護、住宅などの問題でお悩みの方がたくさんいらっしゃるのだなあという実感を持ちました。

今回のご相談者も、そんな悩みを抱えるお一人です。

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

関連書籍

矢吹透『美しい暮らし』

味覚の記憶は、いつも大切な人たちと結びつく——。 冬の午後に訪ねてきた後輩のために作る冬のほうれんそうの一品。苦味に春を感じる、ふきのとうのピッツア。少年の心細い気持ちを救った香港のキュウリのサンドイッチ。海の家のようなレストランで出会った白いサングリア。仕事と恋の思い出が詰まったベーカリーの閉店……。 人生の喜びも哀しみもたっぷり味わせてくれる、繊細で胸にしみいる文章とレシピ。

{ この記事をシェアする }

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP