1. Home
  2. 生き方
  3. 美しい暮らし
  4. 我が家の炒飯はなぜいつも同じ味になるのか...

美しい暮らし

2019.01.05 更新

我が家の炒飯はなぜいつも同じ味になるのか問題矢吹透

主夫に正月はありません。

ここ数年、元日の朝、ホームベーカリーでお餅を作るようになりました。

既製の切り餅のパックは、量が多すぎるのです。

三が日にお雑煮を食べ切ってしまうと、その後、我が家の食卓にお餅が登場するチャンスはほぼなく、いつも大抵、半年が過ぎた辺りで、使い切れず固くなったパックのお餅を、処分しなければならない、という局面に立たされることとなります。

ある年、思いつき、ホームベーカリーのお餅つきモードを使って、丸餅を拵えてみることにいたしました。

出来たてで柔らかく、美味しいうちに食べることが出来、一回に出来上がる量も丁度よく、足りなくなれば、また作ればいいので、余らせることもなくなりました。

元旦はいつも通りの時間に起き、ホームベーカリーに餅米をセットしてから、お雑煮の準備をいたします。

具は、大根と金時人参と蒲鉾と鶏肉。白だしと日本酒少々で味つけをし、仕上げに柚子と三つ葉をあしらうのが、我が家のお雑煮です。

母の作るお雑煮は、澄まし汁仕立てだったように記憶しております。若かった私には、淡泊過ぎて、あまりピンと来ない食べ物でした。

今のパートナーと暮らし始めて、毎年、お雑煮を自分で作るようになってから、澄まし汁仕立てや味噌仕立てなど、いろいろと試行錯誤した末に、鶏肉を使った白だし仕立ての現在のかたちに落ち着きました。

あれこれと試した中で、それが一番、パートナーの気に入ってくれるお雑煮だったからかもしれません。

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP