1. Home
  2. 暮らし術
  3. ご縁の法則
  4. 2019年上半期 やぎ座の運勢

ご縁の法則

2018.11.21 更新

2019年上半期 やぎ座の運勢真木あかり

従来の価値観が大きく変わっていきそうな2019年。
あなたにとっての「新しい幸せの形」とは?
連載「ご縁の法則」で大人気の占い師、真木あかりさんの新刊 『2019年上半期 12星座別あなたの運勢』より、各星座別ご縁の傾向と対策をお伝えいたします。

"ひとりで進む道のり”で得るもの

 2018年はいかがお過ごしでしたか。星占いでは、やぎ座の人は「人に恵まれる」運勢となっていました。特に、同僚や親しい友達など、仲間と呼べる関係の人との交流が、けっこうな熱量で行われていたのではないでしょうか。損得を抜きにして語り合える人、何も言わなくても信頼できる人。そうした関係が、あなたの周りにはたくさんあったのだろうと思います。

 こうした賑やかな雰囲気に包まれる一方で、あなたはどこか、自分を「ひとり」にしたいという思いが強まっていたのではないでしょうか。それは決して、人の関わりを断つとか、放り出すといった身勝手なものではありません。どちらかというと「今の自分にとってムダなものはできる限り削ぎ落として、自分のために時間を使いたい」という前向きな思いでしょう。自分が自分に納得のいくように前に進むための、必要なプロセスなのですね。

 あなたの「ひとりで進む道のり」は、2020年の春まで続いていくことになっています。その年はあなたにとって、とても華やかな光が降り注ぐ年なのですが、その途中である2019年は自分の内面と向き合う、自問自答するという“内向き”の時間となるでしょう。自分はどう生きるのが自分らしい道なのだろう。自分はどのような愛を求めているのだろう。哲学で扱うような深いテーマが、この時期に繰り返し胸に去来するというやぎ座の人は少なくないだろうと思います。
 もしもこうした問いが胸に浮かんだなら、安易な答えに甘んじるべきではありません。といっても、やぎ座は基本的に、本質を追求しようと考えるスタンスで暮らしている人たちです。私が野暮なアドバイスをしなくとも、自然と深くじっくり考えるスタンスをとっていかれることでしょうね。その調子で大丈夫です。あなたが大切に思うことに、しっかりとあなたの時間を使っていかれてください。自分のなかに眠る宝石のような「ほんとうのこと」を、たくさん見つけていきましょうね。それは今後、あなたが生きていくうえで長きにわたり、あなたを守ってくれるだろうと思います。

「孤独」というキーワードに、ちょっと嫌だなあ、淋しいなあと2019年が心配になった方もいらっしゃるでしょうか。ごめんなさいね、心配させるつもりはないのです。
 孤独を感じたり、「ぼっち」と呼ばれたりする状況はできるだけ味わいたくない、という方はたくさんいらっしゃいます。「他人と一緒だと疲れてしまう。でもひとりは淋しいから嫌だ」と悩まれる方もいらっしゃいます。ただ、本当に大切なことはひとりの時間でしか突き詰められないのですよね。人と接していて学べることも、見出せることもたくさんあります。それでも、学んだことを咀嚼して自分のものにする時間は、やはりひとりの時間にしかできないことなのですよね。

 もし「いやだなあ」としか思えない方は、できる範囲で大丈夫ですからご自分の「ひとりでいる時間」に意味づけをしてあげると、2019年という年を能動的に生きていくことができるでしょう。決して、淋しいだけだったり寂寞とした悲しみに満ちていたりする時期ではありません。人生がそんなにも厳しいものだと思わなくても大丈夫です。むしろ「自分の心に優しい光を投げかけてあげる」という解釈もできる、あたたかで慈愛に満ちた時間であろうと思います。

「自分らしくいられる」ことのメリット、デメリット

 2019年は、やぎ座の人にとって「自分らしさ」を大切にしていける年です。これは「自分らしくしよう!!!!!」と強く決意するというよりも、ハッと気づいたら肩肘はらず、リラックスして物事に取り組める状況ができている、という表現が正しいでしょう。仕事でもプライベートでも、堅実さや安定を重視する姿勢が信頼を集めることにもなります。何か大きなものに守られているような安心感から、パフォーマンスを発揮しやすくなる人もいそうです。

 ただ、その一方で「失敗を恐れて新しいことへのチャレンジを避ける」「前例にとらわれすぎて行動できない」といった側面までも強調されてしまいがちなのは少々心配なところ。その姿勢のままでは、2019年以降は通用しないことが多くありそうだからです。少々ショッキングなかたちで「できる方法を考える」という行動を強いられるようなこともありそうです。

 無謀なことを敢えてやれとか炎のなかに突っ込んでいけとは申しません。ただ、保守的な姿勢が強く出すぎるとチャンスを逃すこともあります。じっくり堅実に、という基本姿勢はそのままに、チャレンジ精神を発揮できると心強いでしょう。

 おそらくですが、カラ元気やインスタントなやる気ではやぎ座の人は頑張り続けることはできません。それどころか、薄っぺらい発想に嫌気がさすばかりでしょう。それよりも、挑む対象のことをしっかり調べ上げ、分析し、興味をじっくりと育てることでチャレンジングな状況に向き合いやすいはずです。迷いや悩みを紙に書き出して整理するのも良いでしょう。

家族関係はホッとする時間が訪れる

 家族に関する問題で、ここ数年間はなかなか落ち着かない気持ちを抱えておられたという方は多かったでしょう。思いもよらない出来事に翻弄されたり、家族がばらばらになるのではと危惧したり。それでも、その時期を経て良い意味で親離れ、子離れができたという方は多いのではないでしょうか。あるいは、一般的な「家族」とは違うかたちの、「自分にとっての家族」のかたちを模索して来られた方もいらっしゃるかもしれません。物理的・精神的両面で距離を置いた方は、葛藤も多かったことでしょう。頑張っていらっしゃいましたね。

 2019年春頃から、家族の問題については次第に落ち着いてきます。緊張がとれ、ホッとするようなムードが到来したり「おさまるべきところにおさまる」感覚を覚えたりすることが多くなるでしょう。

 振り返ってみると、数年前とは比べ物にならないほどの自由なムードが、家族のあいだに漂っているのではないかと思います。ご自分が築いて来られたものに、どうぞ自信をお持ちになってくださいね。

<恋愛運>

 どこか自分を抑制するような気分が強くなりがちな時期ですが、2019年のやぎ座の恋愛運において最もインパクトの強い転機は3月6日です。この日、天王星がやぎ座の恋愛運を司る場所に移動してくるのです。
 天王星は「自由と改革の星」と呼ばれる惑星で、人が自分らしく自由に生きるために不要になった、さまざまな重荷を手放すきっかけを作ってくれます。……というよりは「ぶち壊す」「打ち破る」といったものものしい表現のほうがぴったりくるでしょう。トントンと肩を叩くのではなく、いきなり耳元でワッとやるような少々荒っぽい、ショッキングな出来事によって、私たちに不要なものを知らせてくれたりします。やぎ座の人の場合は、恋愛観をまるごと打ち砕く、塗り替えるといった動きが起こってくるでしょう。この動きは、2026年まで続いていきます。

 ただ、ショッキングな出来事とはいっても、それはただの不運や悲劇あるいは喜劇といったものではありません。そこにきちんと意味があるのが、天王星が巡ってくる時期なのです。
 たとえば、依存や甘え、人を愛するうえで必要のないこだわりを手放す機会が「別れ」という形でもたらされたりします。愛することの意味や深さを考えるきっかけが、「これまで付き合ったことがないタイプの人との、嵐のように激しい恋愛」において得られたりします。いずれの場合も、あなたがこれまで生きてきたなかで築き上げた「恋愛とはこういうもの」という価値観を、打ち砕いてくれるでしょう。

「まさか自分がこんな恋を」と信じられないような、放埒な恋愛をする人もいるでしょう。安定した関係から飛び出して、自分と恋愛を見つめ直したくなる人もいるでしょう。いずれの場合も、意味があります。ショックを長く引きずってしまった場合でも、おそらく7年後には「これで良かったのだ」と思える自分がいるでしょう。そして、よりあなたらしく人を愛せるようになるのです。ちょっと先すぎてイメージがわかないという人も、愛に翻弄されたときほどこのことを思い出していらしてください。きっと良くなる、きっと意味がわかる日がくる。そう思っていさえすれば、どんな大きな渦に飲み込まれそうになっても、希望を持ち続けることができます。それでこそ、そのときどきでベストな選択ができるのではないかと、私は考えています。

 天王星がこうした、やや物騒な手段をとってくるのはなぜでしょうか。私見としては、それだけ「人間はたやすく変わらない」ということなのではないかと考えています。雑誌やWebではよく「今年こそ変わる!」「今日から変わる!」といった文字が躍っていますが、よくよく考えるとそんなに簡単に変わったら大変です。恋人が急に意識高いイキり系になったら、私は困惑します。まあそれはそれでしばらく半笑いで観察してしまいそうな気がするのですが、そこまでたやすく感化されていたら、あっという間に変な勧誘の餌食になりそうです。
 というのは冗談として、意思や習慣化で変えられるのは表層的な部分に過ぎないでしょう。心理学を勉強していた頃、授業を受け持ってくれていた先生もおっしゃっていました。「よく性格を変えたいという人がいるが、そんなのは無理。優秀なカウンセラーをつけて2年ほどガッツリと取り組みでもしない限り、変わることはない」と。

 人の価値観や信念、こう生きていきたいという思いといったものは、ショッキングな出来事でもないととても変わりません。ましてや恋愛という、生の欲望が出やすく不確実性の高い問題においてはなおさらでしょう。ただ、そうした自分でい続けても、本当に幸せな人生からは遠のいてしまうのです。だからこそ、天王星は「変えざるを得ない状況」を作り出して、「そっちじゃないよ、こっちだよ」と、導いてくれているように思えるのです。

 なお、人によっては2018年5月から11月頭にかけて、すでにショッキングな出来事があったという人もいらっしゃるかもしれません。もちろんやぎ座の人全員に必ず起こるというわけではありませんので、何もなかったという人も心配しすぎる必要はありません。ただ、もし「!」と思われた出来事があったならぜひ心に留めておかれてください。あなたが2019年以降の愛をより良いものにしていくヒントが、そこに眠っているかもしれません。

<仕事運>

 やぎ座の人の仕事運は2020年に大きく花開くことになっています。そこに至るまでの2019年は、堅実をモットーにコツコツと努力していくべき時期。すぐに出る成果や結果にはこの時期、あまり大きな価値はなさそうです。焦らずじっくりと、来るべき2020年に向けて仕込みや種まきを続けていきたいところです。
 転職や独立といった大きな変化は、2020年に計画するのがベストでしょう。そのほうがいいご縁につながりやすく、また自分に合った条件を勝ち取れるはずです。転職で実現できることの可能性も、ずっとずっと大きく広がっていきます。
 現状維持をなさっていくうえで、仕事周りで「負の遺産」的なものが見つかるかもしれません。採算のとれないプロジェクト、ムダの多いワークフローなど、働く場所によってさまざまだろうと思いますが、2019年は腹を据えてコツコツと改善をはかっていくのにベストな時期です。
 自分で探して見つけるほか「わぁ、見ちゃった」的なシーンもあるかもしれません。ただ、2019年は「臭いものにふた」状態にしていると必ず、もっと大きな問題として出てきます。秘密は、ばれます。まさか後ろ暗いものは抱えておられないとは思いますが、負の遺産は少しずつ着実にクリアにしておくとよろしいかと思います。

 もう一点把握しておきたいのが、天王星の移動です。ここまで主に恋愛運における影響を述べてまいりましたが、仕事運にも若干の影響があります。特にデザイナーや企画職、ものづくりなどクリエイティブ職についておられる方は、今後のお仕事の方向性を「自分なりの新しい創意工夫を打ち出していく」というふうに定めておかれるとよろしいかと思います。成功事例に追従したり、「こうすればウケるだろう」という発想でいたりしては、行き詰まることが多くなりそうです。

 それ以外のお仕事に携わっている方でも、現在の「当たり前」に何の疑問も抱かず唯々諾々と作業をしていては、未来が不安定になります。職種によってできることに差はあるかもしれませんが、当たり前を疑い必要とあらば工夫して効率や品質を高めていく、そんな工夫をしていかれるといいでしょう。

 昨今、働き方改革でIT化が進むなど従来の働き方がどんどん変わってきました。安定していると思われた業種や大企業の勢いが凋落したというニュースも珍しくありません。「今はトラブルが起きていないのだから、変えなくていいじゃん」という思考でいると、いずれ大きな落とし穴にはまりかねません。経営コンサルタントなどがよく引き合いに出す「茹でガエル理論」状態に陥らないように、しっかりと目配りをしておかれるようにしてください。きっとプラスになるはずです。

* * *

電子書籍『2019年上半期 12星座別あなたの運勢』または『2019年上半期 12星座別あなたの運勢やぎ座』では、2019年上半期の総合的な星回りと月々の傾向、また恋愛運・仕事運の月ごと(1月〜6月)の運勢をお読みいただけます。ぜひご参考にしてください。

関連キーワード

関連書籍

真木あかり『2019年上半期 12星座別あなたの運勢』

「私のことを書いてるの?」と驚きの声多数、ウェブや女性誌で大注目の占い師、真木あかりさんによる、2019年上半期星占い。 恋愛・結婚・仕事などさまざまなシーンで、あなたのいい「ご縁」が繋がっていくための具体的なヒントが満載です。 2019年上半期の総合的な星回りと月々の傾向、また恋愛運・仕事運の月ごと(1月~6月)の運勢をお読みいただけます。

{ この記事をシェアする }

ご縁の法則

ご縁とは何か、どうすれば良いものにできるのか。真木あかりさんが占い師として経験を積む中で見えてきた「ご縁の法則」をご紹介します。
真木あかりさんの最新情報がわかるTwitterはこちら

 

バックナンバー

真木あかり

大学卒業後、フリーライターを経て占いの道へ。『辛口誕生日事典 2018』『悪魔の12星座占い』(宝島社)など著書多数。LINE占い「チベタン・オラクル」監修。個人鑑定も行っている。

Blog http://makiakari.hatenablog.com/
Twitter https://twitter.com/makiakari

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP