1. Home
  2. 暮らし術
  3. ご縁の法則
  4. 2019年上半期 ふたご座の運勢

ご縁の法則

2018.11.21 更新

2019年上半期 ふたご座の運勢真木あかり

従来の価値観が大きく変わっていきそうな2019年。
あなたにとっての「新しい幸せの形」とは?
連載「ご縁の法則」で大人気の占い師、真木あかりさんの新刊 『2019年上半期 12星座別あなたの運勢』より、各星座別ご縁の傾向と対策をお伝えいたします。

「人との関わりをめぐる旅」が変化していく

 2018年はお忙しく過ごして来られたかと思います。やるべきことが山積みで、あっという間に1年が過ぎたという人も少なくないでしょう。会社やクライアントのためにひたすら力を尽くしていらしたのだろうと思います。プライベートでも、良き母親や良き父親、良き恋人、良きメンバーとして、自分に課せられた義務を果たそうと頑張っていらしたことでしょうね。
 2018年11月8日から、ふたご座の人はパートナーシップにおいて、さまざまな恩恵を受ける時間が始まります。これは2019年12月3日まで続くテーマであり、プライベートはもちろん仕事でも「パートナーシップ」を強く想起させるような出来事が多くなるはずです。

 人との関わりという意味合いでは、あなたは2011年頃からずっと、身近な人間関係においてある種の淋しさを感じていらしたのではないでしょうか。仲間だと思っていた人が次々に疎遠になっていく。一緒に頑張ろうぜと言って集めたチームが、空中分解してばらばらになってしまう。そのうち、集まりがあってもなんとなく気分がのらず、顔を出さなくなってしまうようなこともあったかもしれません。
 ふたご座の人はどなたも社交的でコミュニケーションに長けており、友達もたくさんいらっしゃいます。呼ばれればたいていの場合は駆けつけたいと思いますし、連絡もマメにして交流を楽しむ方です。それなのになぜか、人が離れていく。自分のなかの“人付き合いを円滑に進めるためのやり方”が通用しなくなるんです。うまくいかない現状をあきらめず、どうにかしようと試行錯誤を試みた方ほど、淋しい思いも募っていったかもしれません。頑張っていらっしゃいましたね。

 こうした「人はたくさんいるのに淋しい」というお気持ちは2018年の晩秋から、あなたが大切にしたいと思う人の存在により癒やされていくでしょう。パートナーがいる方はその方とのつながりが強まるはずです。今は恋人がいないという人も、どうぞ出会いを楽しみにしていらしてください。自分から積極的に動いてこそ良い出会いをつかめるときですから、行動範囲を広げていけると心強いですね。婚活や恋活で心が折れかけているという人も、2019年はスムーズに話が進みやすいはずです。もうひと頑張り、の価値はあるだろうと思います。
 パートナーは、恋愛ばかりではありません。たとえば仕事で一緒に組むパートナーや取引先、担当者にも恵まれるでしょう。
 他者とわかり合える喜び、協同できる楽しさ、こちらに関心を向けてくれるという実感。こうした流れは2019年12月頭まで続いていきますから(といっても、パートナーシップはそこでハイ終了!というわけではありません。また違うテーマにトライすることになる、ということです)どうぞ楽しんでいただけたらと思います。

 ひとつ意識しておいていただきたいのは、こうした関わりが「相手と真剣に向き合う」という姿勢を持ってこそ実現できる、ということです。パートナーシップはあなただけのものではなく、ふたりのもの。目の前にいる相手を見つめ、理解しようと努め、コミュニケーションをとること。自分と相手は別の人間であり、分かり合えないこともあるとわかっていてもなお、相手を自分の一部のように大切に思い、関わっていく。そうした真摯な姿勢あってこそ、のものなのです。パートナーがいても、あなたが相手に目と心を向けることがないならば、別れが訪れる可能性は十分にあります。埋めきれない溝がある場合も同様です。パートナーシップに焦点が当たるというのは「関係が継続していく」という意味合いだけでなく、自分が学んだり成長したり、よりよい人生のリスタートを切るために「関係を終了させる」という形で現れることもある、ということです。
 あなたは束縛を嫌う方です、自由でいたいという思いを常に抱いていらっしゃいます。2020年春頃までは、関係性の深まりがときに窮屈に感じられることもあるかもしれません。ただ、大切にしたいと思う方の手は、たとえ窮屈でもどうか、離さないであげてくださいね。焦らず、時間をかけて向き合うことがこの時期、功を奏します。
 

 ここ数年間でひとりぼっちの淋しさを多く味わった人も、おそらく春には感じにくくなっているでしょう。人と接することにも、警戒心や不安を持たないでいられるようになります。数年前とは他人との付き合い方が変わった、と感じる人もいらっしゃると思いますが、それは決して悪いことではありません。おそらく、その頃のあなたは対人関係において「人付き合いとはこうあるべき」「こういう関係性ならこうすべき」といった、自分と他人に課していた“とらわれ”のようなものを、「どうでもいいことだ」と捨てることができているだろうと思います。場合によっては、忘れてしまっているかもしれません。より優しく、寛容になったあなたのもとに、また人が集まってくる日も遠くはないでしょう。

 人が好きで、おしゃべりが好きで、つながりを大切にすることが大好きなあなたが、大好きな人としっかり関わっていけますように。心から、願っています。

プライスレスなギフトを受け取る/贈る

 2020年の春頃まで、あなたには人から重要なモノやコトを「受け継ぐ」「受け取る」という時期が巡ってきています。2018年、すでにそうした出来事を経験されている方もいらっしゃるかもしれません。
 たとえば、仕事で重要な役割やプロジェクトを先輩や上司から引き継ぐことになったり、貴重な教えを受けたりするかもしれません。金銭や労力などのサポートを得ることもあります。年齢によっては、遺産を相続することになる人も多そうです。
 これらは表立ってどうこうというわけではなく、華々しい活動の裏でひっそりと行われたり、当事者同士で「たのむぞ」といった感じで受け取ったりすることが多いだろうと思います。プレッシャーも大きく、正直なところ腰が引けてしまうこともあるでしょう。
 また、逆にあなたが誰かに自分の労力やお金を差し出す、ということもありそうです。親に仕送りをしたり、夫婦の収入がこれまでと逆転したりといったことも起こりえます。
 モノやコトを受け取るにせよ、相手のために尽力するにせよ、この時期の出来事というのは「制限」の感覚をもたらします。それを背負ったばかりに責任ある立場に立たされたり、時間を奪われたり――複雑な気分になりそうですよね。
 ただ、そうした出来事が起きた場合はぜひ「ギフト」として捉えてみることをお勧めします。起こったことを反射神経的に「良い」「悪い」とジャッジするのではなく、じっくりと時間をかけて咀嚼していくんですね。そうすることで、人間的成長につながっていきそうです。

ひっそりとした問題を、少しずつじっくり解決をしていけるとき

 あまり大っぴらにしないできた、でもあなたの心に重くのしかかってきた問題事をどうにかできるときです。負担が大きすぎる借金、セックスレスや性の不一致、アンバランスな家計とそれに付随するコンプレックス。誰にも相談できず、おひとりで抱えて来られた方は辛かったでしょう。「我慢」以外の解決法を探ってみませんか。
パートナーとの間のことは話しにくいむきもあるかもしれませんが、1月〜3月、8月後半〜2020年3月の間は、話し合いも比較的スムーズであろうと思います。
 ただし、この時期はすぐに答えが出ることは考えにくいですし、すぐに出た答えにはあまり価値がなさそうです。どっしりと構えて、少しずつもつれた糸をほぐすような長期戦こそ功を奏します。急がなくて大丈夫ですから、ゆっくりやっていきましょう。悩みすぎたときは、休み休みで大丈夫です。「一生懸命に悩む」ことにエネルギーを注いでも、問題は解決しません。エネルギーは「どうにかする」「自分をすこやかに保つ」ほうに注いでこそですから、ときどき自分のエネルギーがどこに向かっているのか、振り返ると良いかもしれません。

コンプレックスから自由になれるとき

 ずっと抱えてきたコンプレックスや、どろどろとした暗い欲望、プライドや嫉妬心。特定の人に対する執着、支配欲のようなもの。どなたにも、人には決して言わない「ダークサイドの自分」を心に住まわせているだろうと思います。私なんて占い師ですけれども、もう1億2000万人くらいは住んでいそうな気がします。まあ私の話はともかく、あなたには思い当たる部分はあるでしょうか。
 2019年春から2026年にかけて、あなたはそれらから解放されることになりそうです。といっても「自然に手放す」というよりは、向き合って認めざるを得なくなる、思わぬハプニングにより露呈する、といった何らかの衝撃を伴う出来事が引き金となるはずです。
 どんな思いを抱えて生きているかは、人によって違います。ですから起こることも人それぞれなわけで、決して怖がらせるつもりはないのですが、もしダークサイドの自分が出てきたときは、その気持ちを「持ってはいけないものだ」「こんなことを考える自分はだめだ」などと否定せず、自分の一部だと受け止めてしまったほうが良いでしょう。否定して受け入れずにいると、また同じようなハプニングでまざまざと見せつけられることになるからです。
 戸惑いもあるかと思いますが、これはある意味「膿出し」のようなもの。もう、あなたには必要のなくなった感情であり、あなたはそこから解放されていいというサインでもあります。見えない鎖に知らず知らずの間にがんじがらめになっていた心を、解放してあげましょうね。
 7年後までという長丁場で、いつ起こるかは今後のあなたの行動次第で変わってきます。ですから、「ダークサイドの自分」が出てきたときだけ、私が申し上げたことを少し思い出していただくとよろしいのかなと思います。

<恋愛運>

 恋愛に関しては、ここ2〜3年ほど出口のないトンネルを行ったり来たりしていた方にも光が見えてくるでしょう。好きになるってなんだろう、どうやったら好きになってもらえるんだろう。自分を抑えて恋人と付き合ったり、好きだと言えない状態にあったりした方もいらっしゃったかもしれません。ただ、その時期を経たことで、人を愛する力は確かに成熟してきているはずです。もちろん、あなたの愛し方が幼いものだった、と言うつもりはありません。ただ、以前よりは人との向き合い方が、深く豊かなものになってきているだろうと思うのです。

 2019年はパートナーシップの年、と冒頭で書いたように、今年は年間を通して愛や夫婦の愛情、絆といったものには強い追い風が吹きます。結婚する人もいるでしょう。シングルの人であれば、結婚を意識して付き合っていけるような人と出会いやすいときです。溝ができてしまった関係でも「やっぱりこの人しかいない」と関係修復を試みる方もおられるかもしれません。いずれのケースも、運が味方をしてくれるはずです。あなたからの積極的な働きかけを意識していらしてください。

 そしてもし、過去の愛で悔やまれる思い出があるのなら、もう同じような過ちを繰り返さないこと。あなたは聡明な方ですから、きっと大丈夫だろうと思います。

<仕事運>

 2018年はコツコツと、ご自分が今やるべきことを見出しお力を注いできたという方が多かっただろうと思います。あなたがいたから、組織やサービス、人がスムーズに動くことができたり、正しい方向に向かっていったりしたのでしょうね。とはいえ、ストレスも相当なものであったことと想像いたします。健康管理にも力を入れた方が多いかと思いますが、もし心身にお疲れを残しているようであれば、自分をいたわる時間も大切になさってください。

 2019年は仕事において、あなたの持ち味がストレートに発揮できる1年です。コミュニケーション能力や調整力、他者に興味を持つということ。大事な仕事で調整役をかって出たり、また自ら交渉して欲しいポジションを得たり、といった機会に恵まれるでしょう。それらはいずれも、未来に向けて扉が開かれていますから、あなたにとっては楽しみも達成感もかなりのものでしょうね。
 また、これは昨年から続く流れになりますが、目上の人から重要な学びを得たり、役割を引き継いだりするようなことがあるかもしれません。受け継いだものをさらにあなたが下の世代に受け継ぐ、といった「意味がある大事なもののリレー」がかたちになることも。いずれにせよ、あなたの言葉はこれまでよりずっと伝わりやすく、必要な人のもとにきちんと届くことになるだろうと思います。

 3月以降は、仕事でつながりのある仲間との関係も、スッと緊張感が取れていきます。ここ数年ほど、親しいはずなのにどこか距離を感じていたり、「人は結局わかり合えないのだ」と淋しい諦念を持っていたりしたようであれば、そうしたお気持ちも少しずつ薄れていくでしょう。というより、薄れるようにしていけると素敵です。あなたを慕ってくれる人もここから次第に増えていきますし、あなた自身もまた、成熟した接し方ができるようになっているはずです。淋しい日々も、ちゃんと栄養になっていますよ。

 そして、これは全員にあてはまることではないと思うのですが、もし学歴やご経歴にコンプレックスやゆがんだプライドをお持ちであれば、そろそろ手放すことができそうです。それにこだわらなくても、今のあなたは十分に魅力的なはずです。ふたご座の方は自信がありそうに振る舞いつつも、本当のところは驚くほど自分を過小評価しているようなことが、ときどきあります。少しずつで構いませんので、歩んできた道のりを信頼し、自分を鼓舞する材料にするレッスンを始めてみてはいかがでしょうか。フットワーク軽く動き回ることが大好きなあなたが、より自由に行動範囲を広げていけるようになりますので。

* * *

電子書籍『2019年上半期 12星座別あなたの運勢』または『2019年上半期 12星座別あなたの運勢ふたご座』では、2019年上半期の総合的な星回りと月々の傾向、また恋愛運・仕事運の月ごと(1月〜6月)の運勢をお読みいただけます。ぜひご参考にしてください。

関連キーワード

関連書籍

真木あかり『2019年上半期 12星座別あなたの運勢』

「私のことを書いてるの?」と驚きの声多数、ウェブや女性誌で大注目の占い師、真木あかりさんによる、2019年上半期星占い。 恋愛・結婚・仕事などさまざまなシーンで、あなたのいい「ご縁」が繋がっていくための具体的なヒントが満載です。 2019年上半期の総合的な星回りと月々の傾向、また恋愛運・仕事運の月ごと(1月~6月)の運勢をお読みいただけます。

{ この記事をシェアする }

ご縁の法則

ご縁とは何か、どうすれば良いものにできるのか。真木あかりさんが占い師として経験を積む中で見えてきた「ご縁の法則」をご紹介します。
真木あかりさんの最新情報がわかるTwitterはこちら

 

バックナンバー

真木あかり

大学卒業後、フリーライターを経て占いの道へ。『辛口誕生日事典 2018』『悪魔の12星座占い』(宝島社)など著書多数。LINE占い「チベタン・オラクル」監修。個人鑑定も行っている。

Blog http://makiakari.hatenablog.com/
Twitter https://twitter.com/makiakari

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP