1. Home
  2. 社会・教養
  3. サムライブルー 酔いどれ観戦記
  4. 2026W杯2次予選 VSミャンマー、シ...

サムライブルー 酔いどれ観戦記

2024.06.16 公開 ポスト

2026W杯2次予選 VSミャンマー、シリアヤシキケンジ

次のW杯から参加国が32カ国から爆増して48カ国になるらしい。

祭りは多い方が楽しいし儲かるというものだろうが、それがいいのか悪いのか。楽しいのかつまらなくなるのかは始まってみないとわからないところではあるが、アジアの出場枠は8.5もある。

 

南米が6.5枠なのを考えると、納得がいかないのは南米の人々だけではないはずだ。
日本は無失点の無傷で2次予選を突破。次の最終予選の表記が(3次予選)と表記されているので気になって見てみると、なんと最大5次予選まであるらしい。

なんだよ5次って。

アジアで4次とか5次とかやるくらいだったら、その枠を南米に譲ってやりたくなるのがサッカーファンというものではないだろうか。
なんでも最終予選(3次予選)で3、4位になった計6カ国が2組に分かれてリーグ戦で戦う。

それぞれの首位になった国はW杯出場権を獲得できる。ここまでが4次予選。

4次予選で惜しくも2位になった2チームがホーム・アウェーで戦い(5次予選)、勝者となったチームが大陸間プレーオフに進出。
アジアから1チーム、北中米カリブ海から2チーム、アフリカ南米オセアニアから1チームずつの、計6カ国がトーナメント方式で2枠のW杯出場権を目指す、という鬼が組んだような道のりである。

W杯出場権を賭けた戦いなのに、すでにプレW杯が開催されているようで凄まじい。

どの国も出場権を獲得したころには、選手も見てるこっち側もヘトヘトになっているだろう。

それでも初出場を目指す国なんかは死に物狂いで戦い続けるだろうから、面白そうではある。

さすがにないとは思うが、日本がこの大陸間プレーオフまでいって5次予選を戦う姿を見てみたい気もする。

久保、堂安、中村に遠藤など主力選手は各々のクラブチームと代表戦での移動や疲れのせいか精細を欠き、最終予選はまさかの3位に陥ってしまった日本は歯がゆい気持ちで4次予選へ。

同じく4次予選を争うのは、北朝鮮や中国という厄介な相手たちが出揃っている。

クラブチームと度重なる代表戦で疲弊しきった日本選手たちには故障者が相次ぐ。A代表のレギュラー格の半分以上は怪我人で、U23世代やすでに代表を退いた選手たちが次々とA代表に引き上げられて戦わねばならないという台所事情。

奮闘むなしく4次予選で2位になってしまった日本は、もう一方の2位チームと5次予選へ。

相手はまさかの宿敵韓国。

どうしてこんな5次予選まできてしまったのかとソン・フンミンも首を傾げている。

W杯出場権を賭けた日韓戦。これぞ絶対に負けられない戦い。

初戦日本のホームゲームでは、痛恨の0−0でドロー。

アウェー韓国での2ndレグはまさに死闘。試合も後半のアディショナルタイム。スコアは1−1。

このまま延長戦に突入かと誰もが思っていたその隙を突いたのは、いろいろ問題があった伊東純也。

一瞬の油断を見逃さず相手DFを振り切り、サイドを切り裂きユニホームを引っ張られながらも絶妙な軌道のクロスボール。
(あとは頼んだ。みんなにいろいろ迷惑かけたけど、おれは無実だぜ……)

伊東は相手DFともみくちゃになりながら転げるようにピッチ外まですっ飛んでいく。

頼みのFW上田絢世は、屈強な韓国DFキム・ミンジェに押さえ込まれてうまくボールに合わせることができない。

ボールはそのままタッチラインを割ってしまう——と思ったそのとき、大外からすさまじい勢いで飛び込んできたのはまさかのベテラン「アモーレ長友佑都」。

小柄な身の丈を精一杯伸ばしたダイビングヘッドは枠をとらえる。慌てて止めに入ったイ・ガンインの身体にボールは当たるがボールは転がるようにゴールネットをそっと揺らした。人知れず封印していた「ブラボー!」を叫ぶ長友。

そして、タイムアップのホイッスルが高々と鳴り響く。

歓喜に包まれる選手やコーチ陣。固唾を飲んで見守っていた日本のサポーターたちもW杯出場が確定したかのように狂喜乱舞。

渋谷のスクランブル交差点は大勢の若者が路上に飛び出し多数の人間が車に轢かれ、六本木ではシャンパンの飲み過ぎで急アル患者が激増し、バットマンマスクを装着したまま現地観戦していた宮本会長も雄叫びを上げた。

しかし、まだ戦いは終わっていないのだ。

これからはアジアを飛び出して、大陸間プレーオフというこれまでよりも苛烈な修羅の闘いが待ち受けているのであった——。

万が一、そんな展開にでもなれば否応無しに日本代表ファンが増えると思うのだが、どうだろうか?

{ この記事をシェアする }

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP