1. Home
  2. 社会・教養
  3. サムライブルー 酔いどれ観戦記
  4. 2022国際親善試合 vsパラグアイ、ブ...

サムライブルー 酔いどれ観戦記

2022.06.18 更新 ツイート

2022国際親善試合 vsパラグアイ、ブラジル/キリンカップ vsガーナ、チュニジア ヤシキケンジ

6月の4連戦は、喜んだり気を揉んだり落胆したりと慌ただしくあっという間に過ぎ去っていった。

ブラジルのみならずチュニジアにまで完璧に抑え込まれたことで、W杯本番に向けて一気に暗雲が立ち込めた。

いや、これは間違いだ。

ドイツやスペインと同じグループだと分かった時点で、前途が多難すぎる事は重々承知していた我々日本人。

 

試合後、チュニジアの監督はキリンカップで優勝して気が大きくなったのか、遥々日本までやって来て日本の弱点を丁寧に教えてくれたりしたもんで、感謝しないといけないほどである。

6月の4連戦のなかでブラジル・チュニジア戦で日本の弱点をさらけ出してしまった。

中盤の要である遠藤を潰し、三苫と伊東のドリブル突破を防げば攻撃の手立てがほとんどない事が露呈。

アジア予選で通用したり誤魔化せてたものが、W杯出場クラスの相手には誤魔化しが効かないことはよく分かった。

 

思い返すと、W杯が始まるまでの数ヶ月というのは慌ただしいものだ。

南アフリカ大会直前の岡田監督の大胆な戦術変更といい、前回ロシア大会直前のハリルホジッチ突然の解任劇だったりと、すんなり本大会に進まない時に限ってグループリーグを突破したりもするのだ。

森保監督はずっとその謎采配、無策ぶりを非難され続けているが、このままの調子で本大会までいくとは到底思えない。思いたくない。

この6月の4試合で、森保監督のあの秘密のメモ帳には有意義な情報が蓄積されたはずである。

雨に打たれながらメモしたり、時にはメモしているメモ帳が逆さまになっていた時もあるあのメモ帳がすでに何冊あるのか分からないが、これまで4年間の蓄積があるはずで、これからあのメモ帳に書かれたものをアウトプットする時がいよいよやってくるのだと思うと、心の昂りを抑えずにはいられない。

ドイツやスペインを倒すための秘策の数々が網羅され、様々な図解と照らし合わせながら日本の長所を力強く打ち出し、弱点を覆い隠すことができる術が記されている(はず)。

もちろん思惑通りに試合が運ぶわけもないので、様々なイレギュラーな事態も想定し、その局面に応じた打開策も事細かに記されている(と思いたい)。

そこには森保監督の偽りのない心情が走り書きのように書き込まれていたり、涙でにじんだ文字もあるかも知れないが、メモに記されたすべてはW杯で勝ち点を1つでも多く積み上げるための結晶なのである。

 

代表サッカーを眺め続けてきて私なりに分かった事は「本番まで一喜一憂してもしょうがない」という事と「本番まで一喜一憂して楽しむのもアリ」という事である。

期待すれば裏切られ、どうせ無理だろうとハナから諦めていたら思わぬ結果を出したりする日本代表の歴史がある。

1試合毎に勝った負けたを楽しむもよし、W杯本番まで忍苦しながらストレスの捌け口としてネットに悪口を書き込んで発散するような楽しみ方もあるのだろう。

 

オリンピックでベスト4、W杯出場を決めたオーストラリア戦のように一定の結果は残すタイプなのだろうか。

それとも選手任せでロクに戦術もないまま強豪国に立ち向かおうとする浅はかで無謀な監督なのだろうか。

W杯本番までこれからの森保監督の精神状態はどんな風になっていくのだろうか。

ひいてはチームが変わっていくのだろうか。

そこには無数の選択肢に頭を悩ませ、苦渋の決断を下し、それが正解なのかどうかも解らぬまま日々神経を削り取られていくのだろう。

ひとりの人間の切羽詰まったリアルな様子には、フィクションでは及ばない凄みを見ることができるはずだ。

これから本大会まで5ヶ月の間にどんなドラマが待っているのか。

代表がどう変化していくのかを眺めていて、面白くないワケがないのである。

{ この記事をシェアする }

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP