1. Home
  2. 社会・教養
  3. いま気になること
  4. 大泉サロン伝説は、完璧な物語となった

いま気になること

2021.05.03 更新 ツイート

大泉サロン伝説は、完璧な物語となった 中川右介

人気漫画家の萩尾望都さんが過去の大泉時代のことをほぼ初めて語った『一度きりの大泉の話』(河出書房新社、2021年4月)が話題を集めています。
少女マンガの変革を目指した女性たちが集まったあの時代を、男性中心の漫画史に正面から位置づけた『萩尾望都と竹宮惠子 大泉サロンの少女マンガ革命』(2020年3月、幻冬舎新書)の著者である中川右介氏は、今回の本で、大泉の核だった二人のすれ違いや新事実が明確になっても、大泉時代の重要性は変わらない、むしろ少女マンガ“革命”の中身は、二人の考えよりもっと広く重要なことだったのでは、と問いかけます。その意味とは――。

* * *

本稿は『萩尾望都と竹宮惠子 大泉サロンの少女マンガ革命』を読んでいただいた方へ向けて書かれる。

(敬省略)

左から、 萩尾望都『一度きりの大泉の話』(河出書房新社)、竹宮惠子『少年の名はジルベール』(小学館)、竹宮惠子『扉はひらく いくたびも』(中央公論新社)。手前は中川右介氏の『萩尾望都と竹宮惠子 大泉サロンの少女マンガ革命』(幻冬舎)

2人の著作の刊行から推測できる一つのこと

ベストセラーとなっている萩尾望都の『一度きりの大泉の話』(河出書房新社)を読んだ。

昨年(2020年)3月、私は『萩尾望都と竹宮惠子 大泉サロンの少女マンガ革命』(幻冬舎新書)を上梓したが、その時に調べがつかなかったことのいくつかが書かれていた。

最大の謎は、「竹宮惠子と萩尾望都は、その後、会っているのか」だった。

詳しくは後述するが、2人は1973年に、竹宮からの一方的な「距離をおきたい」という申し出により友情関係が破綻した。このことは、竹宮が2016年に書いた『少年の名はジルベール』(小学館)に書かれている。だが、竹宮の本には、その後どうなったかは書かれていなかった。

『萩尾望都と竹宮惠子』を書くに当たり、2人に関係する文献資料を蒐集し、かなり調べたが、73年以降に2人が雑誌等で対談することはなく、また公の場で2人が一緒にいることを確認できる資料もなかった。

多分、2人の交流はなくなっている――私はそう思ったが、確証はない。「会ったこと」の証明はできるが、「会っていない」ことの証明はできないのだ。

ひとつの手がかりは、萩尾が書いた『私の少女マンガ講義』(2018年、新潮社)で、この本には少女マンガの歴史を解説するパートがあるのだが、萩尾が同世代の13人を丁寧に紹介したなかに竹宮の名はない(他にもたくさんいますと名前だけ列記したなかにはある)。

萩尾の主観による少女マンガ史なのだから、竹宮の名がなくてもいいのだが、ようするに萩尾史観のマンガ史には「竹宮惠子」はいないということが分かった。

そこに、『一度きりの大泉の話』が登場した。結論から言えば、2人は絶縁したままで、73年以後、萩尾は竹宮惠子のマンガを読むことすらないという。

一方、1か月早く、2021年3月に出た竹宮の自伝『扉はひらく いくたびも』(中央公論新社)では、〈以来、萩尾さんとは没交渉です。〉と1行だけ明記されている。

竹宮は、2016年の『少年の名はジルベール』では、萩尾との関係に多くのページを割いて書きながらも、その後は会っていないとは書かなかった。しかし、2021年の『扉はひらく いくたびも』ではそれを明らかにした。

この5年の間に何があったのか。

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

{ この記事をシェアする }

いま気になること

各界の最前線でアンテナを張り、独自の視点で切り込んで新たな形で発信する仕事師たちに聞く「いま気になること」。胎動する“何か”が見つかる!

バックナンバー

中川右介

一九六〇年東京都生まれ。編集者・作家。早稲田大学第二文学部卒業。出版社勤務の後、アルファベータを設立し、音楽家や文学者の評伝や写真集を編集・出版(二〇一四年まで)。クラシック音楽、歌舞伎、映画、歌謡曲、マンガ、政治、経済の分野で、主に人物の評伝を執筆。膨大な資料から埋もれていた史実を掘り起こし、データと物語を融合させるスタイルで人気を博している。『プロ野球「経営」全史』(日本実業出版社)、『歌舞伎 家と血と藝』(講談社現代新書)、『国家と音楽家』(集英社文庫)、『悪の出世学』(幻冬舎新書)など著書多数。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP