1. Home
  2. 読書
  3. 明け方の若者たち
  4. 【書評】本当の主人公は、東京の街そのもの...

明け方の若者たち

2020.06.17 更新 ツイート

【書評】本当の主人公は、東京の街そのものだ。三宅香帆

何者かになりたい、こんなハズじゃないともがく若者の様子を描いた青春小説『明け方の若者たち』。カツセマサヒコさんのデビュー作です。

文筆家の三宅香帆さんに書評をお寄せいただきました。

*   *   *

お、おしゃれー。

小説で綴られるくらくらするくらいのおしゃれな恋愛っぷりに、読んでるうちに「うわー」と声が出そうになった。

でも別にそれは恋愛がおしゃれだって話ではなくて、東京という街がこの主人公におしゃれに見えている、ということなんだと思う。

 

小説『明け方の若者たち』の主人公は、東京に住んでいる、就職が決まりたての男子大学生。彼がとある女性に恋をして、就職して、大人になるまでの物語である。

SNSだったりiPhoneだったり就活だったり、2010年代の空気に囲まれた、都会の恋愛小説である。

主人公の恋した女性は、ミステリアスで、あまり彼女のことをつかみきれずに終わる。そのあたりに転がってそうな、若者の、恋してから失恋してそれを消化するまでを描いている。

 

……が、この小説の主人公は、彼ではない、と私は思う。

じゃあ本当の主人公は誰か。

もちろん恋した相手の彼女でもない。

たぶんこの本は「恋愛小説」というジャンルにおさめられるのだろうけれど、この小説のほんとうのジャンルは、「東京小説」なんだと思う。

そう、本当の主人公は、東京の街そのものなのだ。

 

たとえばあなたが大学生時代の恋愛を思い出すとき(ってこれ読んでる人の中にはまだ大学生じゃない人もいるかもしれないけれど)。真っ先に思い出すものは何だろうか?

たぶん、恋愛した相手の顔とか、言葉とか、もらったプレゼントとか、そういうものよりも前に思い出すのは、その人と過ごした風景じゃないだろうか。

一緒に行った映画館の入り口とか、よく行ったスーパーの餃子売り場コーナーとか、なんとなく寄ったパン屋さんとか、最初に出会った居酒屋とか、最後に会ったケーキのおいしい喫茶店とか。

思い出から遠ざかれば遠ざかるほど、むしろ、相手よりも相手と過ごした場所への愛着のほうが強まる気がする。

『明け方の若者たち』の場合、「東京」という街への愛着そのものが、思い出の女性への愛着とくっついて離れないようになっている。

 

きっと、江の島で食べたシラス丼のこととか、高円寺で通っていたカフェが潰れたこととか、雨の日の水族館のクラゲがやたらとうまそうに見えたこととか、深夜に打ち上げ花火をしたら三分と経たずに怒鳴りつけてきた爺さんのこととか、些細な思い出を、それとなく話したりして、その最中、僕は情けなくも、少し泣くのだろう。
ーー『明け方の若者たち』p132

 

私は、素直に「この主人公の目には、東京ってめちゃくちゃおしゃれな街に見えてるんだなあ、すごいなあ」と心底思った。

たとえ自分の仕事に満足してなくても、彼女と別れたとしても、東京というおしゃれな街で恋をしたことを、この人はきっとずっと忘れない。高円寺とか、井の頭線とか、新宿南口とか。あるいはそのとき好きだった、フジロックとか、ミスチルとか、きのこ帝国とか、そういうものたちが全部まとめて、彼の若いころの記憶になっていくんだろう。

関連キーワード

関連書籍

カツセマサヒコ『明け方の若者たち』

明大前で開かれた退屈な飲み会。そこで出会った彼女に、一瞬で恋をした。本多劇場で観た舞台。「写ルンです」で撮った江の島。IKEAで買ったセミダブルベッド。フジロックに対抗するために旅をした7月の終わり。世界が彼女で満たされる一方で、社会人になった僕は、"こんなハズじゃなかった人生"に打ちのめされていく。息の詰まる満員電車。夢見た未来とは異なる現在。深夜の高円寺の公園と親友だけが、救いだったあの頃。

{ この記事をシェアする }

明け方の若者たち

6月11日発売、人気ウェブライター・カツセマサヒコさんのデビュー小説、『明け方の若者たち』をご紹介します。

バックナンバー

三宅香帆

1994年生まれ。高知県出身。文筆家、書評家。京都大学大学院人間・環境学研究科博士前期課程修了。天狼院書店(京都天狼院)元店長。大学院にて萬葉集を研究する傍ら、2016年天狼院書店のウェブサイトに掲載した記事「京大院生の書店スタッフが「正直、これ読んだら人生狂っちゃうよね」と思う本ベスト20を選んでみた。 ≪リーディング・ハイ≫」が2016年年間総合はてなブックマーク数ランキングで第2位に。選書センスと書評が大反響を呼ぶ。著書に外国文学から日本文学、漫画、人文書まで、人生を狂わされる本を50冊を選書した『人生を狂わす名著50』(ライツ社)、『文芸オタクの私が教える バズる文章教室』(サンクチュアリ出版)がある。

Blog:https://m3myk.hatenablog.com/
Twitter:@m3_myk

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP