1. Home
  2. 社会・教養
  3. オオカミ少女に気をつけろ! ~欲望と世論とフェイクニュース
  4. 自分好みの情報だけ集まる「フィルター・バ...

オオカミ少女に気をつけろ! ~欲望と世論とフェイクニュース

2020.02.15 更新 ツイート

自分好みの情報だけ集まる「フィルター・バブル」空間はお好き?泉美木蘭

ホテル三日月の広告に追いかけられて考えた

この一週間、延々と「勝浦ホテル三日月」の広告に追い回されている。新型コロナウイルスによる一時帰国者受け入れの報道を見ながら「ホテル三日月って、舛添要一のスキャンダルで名を上げたところじゃん!」と思い当たり、思わずグーグルで検索したのだ。客室内の写真を見たり、ホテル予約サイトで料金プランを眺めたりした結果、どこへ行っても「予約しないの?」と言いたげに三日月が追いかけてくるようになってしまった。

まあ、その前は確定申告の準備に追われて、仕訳につまづくたびにネット検索していたため、朝から晩まですでに購入した青色申告ソフトの広告が、「買わないの?」とアピールしてくるのでイラッとしていた。三日月のほうがまだ陽気でいいかもしれない。

勝手に“自分カスタマイズ”された広告は、ウザい? or ウザくない?

アルゴリズムによって人々のネット上での行動履歴や入力データなどを解析し、最適な情報を配信する「ターゲティング広告」は、ちょっと調べただけのものや、すでに購入したものが執拗につきまとってきて、うんざりさせられるところがあるが、技術は着々と開発を重ねられており、ますます巧妙なものが登場している。

例えば、楽天は、ショッピングモール「楽天市場」や旅行予約サービス「楽天トラベル」などにおける閲覧履歴や購入履歴などの分析データを、広告配信の仕組みに連携。すでにその商品やサービスを購入した利用者を避けて、よりピンポイントに広告が配信されるような技術を使っている。

(写真:iStock.com/AndretPopov)

ヤフージャパンは、同じ商品でも見る人によって出演者や表現手法、アピールポイントが異なる広告配信サービス「じぶん広告」を昨年末に開始。利用者の属性、興味・関心、嗜好などを解析して、より精度の高い動画広告が配信されはじめている。

「Yahoo! JAPANじぶんCM」のプレスリリース。人によって配信される動画が違うため、友達同士でも見ているものが違う可能性が……。

グーグルは、「広告のカスタマイズ」という名目で、日々のネット利用のデータを収集し、その人を構成する要素を拾い上げて広告に利用している。グーグルのアカウント画面から、自分はどんな要素を持つと判断されているのかを見てみると、年齢、性別、趣味、嗜好、興味、関心、家族構成、恋愛関係、学歴、職業、年収、財産など、ずいぶん細かく分析されているのがわかる。

「Googleアカウントの管理」>「データとカスタマイズ」で見ることができ、編集したり、機能をOFFにしたりできる。どこまでOFFになっているかはわからないが。

自分のアカウントなんだし、自分用にカスタマイズできるならいいと思う人もいるかもしれないが、グーグルが利用者に対して表示しているのは、あくまでも「公開して当たり障りのないデータ」だけだろうということは想像しておいたほうがいいかもしれない。

「誰にも知られずにこの悩みを解決する方法を調べたい」「お金でコンプレックスを解消したい」「あの人の過去を詮索したい」「マニアックな妄想を満たしたい」――とてもじゃないが他人には言えないことを、人はネット検索のなかに求めていて、グーグルはそれを知っているのだ。

また、SNSを使っていると、占いや心理テスト、IQテストなど、ちょっとした「遊び」が流れて来ることがあるが、こういったものに無防備に入力した内容も、しっかりデータとして収集されていると思ったほうがいいだろう。

ニュース配信の“自分カスタマイズ”は、便利?or 余計なお世話?

アルゴリズムによって操作されているのは、なにも広告だけではない。例えば、ヤフージャパンのトップページを複数の人で見比べてみよう。

左から20代独身女性スマホ、40代離婚子あり女性スマホとパソコン。

これは、トップにあるニュースのヘッドラインだ。一番左が、20代独身女性のスマホで見たもの。中央が40代の私のスマホ。右が私のパソコン画面である。パソコンのほうに「日産10-12月期 11年ぶり赤字」のニュースが一つ多く入っているが、そのほかはどれも同じ並びだ。ヤフージャパン側が決定して配信しているのだろう。

ところが、そのすぐ下に続く記事を見ていくと、表示されるものがまったく違っているので驚く。

 
ヘッドライン以外は、表示されている記事のジャンルが完全に違う。

これはほぼ同じ時刻にスクリーンショットで保存したものだ。20代独身女性のスマホに表示されたのは「神チャーハン/コジコジ/20代で1000万円貯金」で、写真や画像もなんだかかわいらしいものばかり。

一方、40代の私のスマホに表示されたのは「個性的な母親/箱なしティッシュ/働くママ」と中年女性感バリバリである。そして、私が仕事に使っているパソコンのほうには、「新型コロナウイルス/メーガン妃/神奈川の80代女性死亡」。

さらに下へ見ていくと、20代女性には「レディースコミック・電子書籍」の広告が、40代の私には「遠近両用コンタクトレンズ」、仕事のパソコンのほうには「確定申告ソフト」の広告が表示されていた。

同じ私でも、スマホのほうがよりパーソナリティーがはっきり出ているのがすごい。思えばスマホでネットを使うのは、たいてい食後にテレビを見ている時やソファでくつろいでいる時だ。かなり油断して興味の向くままにポチポチといろんなものを見ている気がする。同一人物でも、利用するシチュエーションによって、これほど「自分」の晒しっぷりが違うということだろう。

このように、記事を利用者の興味・関心に応じて、パーソナライズした状態で表示するサービスはたくさんある。自分で選択してカスタマイズするケースもあるが、多くはこれまでに紹介したようにアルゴリズムによっていつの間にか操作されてしまっている。

特にニュース記事は、なんとなく公共のサービスのように感じられるし、同じサイトにアクセスする人ならみんな同じものを見ていると思いがちだが、ネット上ではそうではない。自分も気が付かないうちに、「私が好みそうな記事」が並べられているのである。

SNSもそうだ。例えばフェイスブックは、使っているうちにどんどんニュースフィードが変化していく仕組みになっている。「いいね!」を押したり、コメントを書き込んだり、シェアしたりした投稿に関連する記事が、目につく場所に表示されはじめるのだ。

ここで問題になるのが「フィルターバブル」という現象である。

思想信条まで先回りされるのは、キモい? or 心地よい?

フィルターバブル現象とは、その利用者のネット上での行動履歴から、アルゴリズムによって「これが見たい情報であろう」と判断された情報ばかりが表示され、いつの間にか泡の皮膜(バブル)の中に包まれたように、自分の「見たい情報」だけに囲まれ、他の情報や異なる観点から隔離されてしまうことだ。

(写真:iStock.com/Brett_Hondow)

ここで言う「見たい情報」というのは、自分が積極的に好んで見たいと思う情報ではなく、「アルゴリズムによって最適化された“これが好みだろ? ”というもの」ばかりを与えられているという意味になる。

不気味なのは、「なにが見られなくなっているのか?」がわからないことである。「かゆい所に手が届く」仕組みだと思っていたら、現実には、かゆくなるのか、それとも耐性をつけるために必要なものなのかもわからないうちに、先回りして除菌されていく。

居心地がよくて、違和感もなくて、なんとなく好きそうで……でも、それが本当に自分にとって必要な情報だったのかどうかを判断するすべもなく、視野はいつの間にか奪われ、客観性もなく、孤立してしまうわけだ。

もっとも、孤立してはいるが、似たようなバブルに包まれた人はお互いに居心地が良くて寄り集まったりするし、バブルよりはもっと分厚いフィルターに感じるから、私は、「カエルの卵現象」と呼びたいが。

好きな芸能人や趣味だけのフィルターがかかっているなら存分に楽しめていいと思うが、政治や思想信条の分野が絡んでくると、かなりやっかいなことになる。

例えば、フェイスブックでいろんな友達と雑多な話をしながら、産経新聞も朝日新聞も両方フォローしてまんべんなく記事を読んでいた人がいるとする。ある夏の日、「終戦の日」を紹介した産経新聞の記事が感慨深かったので、シェアして感想のコメントを書いた。すると友達もコメントを寄せてくれたので、何度か意見を交換してお互いに「いいね!」をつけあった。

翌日、ニュースフィードのトップに昨日友達と意見を交換した「終戦の日」の記事と、戦争関係の産経新聞の記事がいくつか表示されるようになった。なかには産経新聞読者たちから数百件のコメントが寄せられる記事もあり、こんなにも関心を持っている人がいたのかと驚き、いいコメントだと思ったものには「いいね!」を押していった――こうして、「産経バブル」がふつふつと膨らみはじめる。

逆のパターンで、朝日新聞の「憲法9条への思い」に共感したことがきっかけで、「朝日バブル」や「改憲反対バブル」、「アベ政治を許さないバブル」に包まれてゆく人もいるかもしれない。「朝日新聞を許さないバブル」に包まれていそうな政治家だっているし、いまだに「民主党政権の悪夢バブル」の中で存在しない敵を嘲笑しているライトなネット民すらいそうだ。

自分に「いいね!」する意見だけ聞きたい? or 聞きたくない?

天下国家に関する意見やポリシーは人それぞれいろいろあると思うが、フィルターバブルの困ったところは、ほかの価値観に触れることがなくなり、まるで自分の賛成する意見が世の中の大勢であるとか、立派な常識であるかのように錯覚してしまいがちということだ。

ふわっと選んだ意見がたちまち世の中の中心であるかのように作り上げられてしまうと、その人はバブル以上に頭でっかちな万能感に包まれる恐れがある。別の角度からの意見も聞いて考える機会がないと、「決めつけ」という偏狭な物の見方になってしまうだろう。

陰謀論者の増産にも拍車をかける環境だと思う。私自身、SNS上の陰謀論にするっと引き込まれそうになった体験があるが(「“ボストンマラソン爆弾テロは自作自演”説を信じかけた私の思考回路について」)、どこかで罠にはまって、リアルな社会とはまったく掛け離れたトンデモ世界観に取り込まれてしまう可能性だってある。

実際、アメリカでは「QAnon」という煽動的な陰謀ビデオにどっぷり浸かる人々がいて(「トランプ大統領が“救世主”ーーQAnonの煽動ビデオにみる新型・陰謀論のキケンな香り」)、「トランプ大統領は、世界を牛耳る闇政府組織と戦うために現れた救世主なのだ!」というスゴイ妄想話を信じ込み、まったくまともな話が通じなくなってしまったという問題が起きている。

このように、フィルターバブルは、選挙などに簡単に利用される可能性だってある。自分が選んだことであるように見せかけて、実はアルゴリズムに与えられた選択肢のなかをふわふわと浮遊していないだろうか。

「これ、本当に自分の意見か?」

ほんの少し、そう問いかけてみるだけでも、世界を自分の肉眼で見るきっかけをつかめるかもしれない。

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

オオカミ少女に気をつけろ! ~欲望と世論とフェイクニュース

嘘、デマ、フェイク、陰謀論、巧妙なステマに情報規制……。混乱と不自由さが増すネット界に、泉美木蘭がバンザイ突撃。右往左往しながら“ほんとうらしきもの”を探す真っ向ルポ。

バックナンバー

泉美木蘭

昭和52年三重県生まれ、作家、ライター。日々、愛しさと切なさと後ろめたさに苛まれている不道徳者。社交的と思わせて人見知り。日頃はシャッターをおろして新聞受けから世間を覗いている。趣味は合気道、ラテンDJ、三浦大知。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP