1. Home
  2. 社会・教養
  3. オオカミ少女に気をつけろ!
  4. SNSでのバッシング好きを瞬間沸騰させる...

オオカミ少女に気をつけろ!

2020.01.30 更新 ツイート

SNSでのバッシング好きを瞬間沸騰させる3ステップ 泉美木蘭

1.わかりやすい“社会正義”のエサが撒かれる

3年ほど前のことだ。コメンテーターとして出演した関東ローカル局の朝のニュース番組で、その日、宅配業界における人手不足の話題が取り上げられた。ネット通販が日常化して荷物が増え続けていることと、折からの人手不足とが重なって、配達員の作業が激増しているという話だった。最近も郵便局の土曜配達の廃止が話題になったが、民間の宅配業者はかなり大変な状況だろう。

共働きの核家族世帯や一人暮らし世帯も多いから、誰かがいつも留守番しているという家が減り、せっかく配達されても持ち帰られるケースが多い。また、特に一人暮らしの女性などは、いろいろな事件を想像する恐怖から、在宅していても突然の訪問者には玄関を開けないというケースもある。

番組では、女性の生活者のひとりとしてどんな体験があるかを話して欲しいと言われていたので、私はかなり正直に、「『玄関を開けるのが怖い』と感じる気持ちがわかる」ということと、「自分も配達のときに居留守を使ってしまい、再配達の伝票を見て、本物の配達だとわかれば、連絡をして再配達をしてもらうことがあった」というようなことを手短に話した。

すると、すぐに視聴者からツイッターに「居留守を使うとは何事だ!」「許せない!」と怒り散らす書き込みが投稿された。「居留守を使ってしまう気持ちがわかる」というような感想の人ももちろんいたが、私を「キチ〇イ」と罵る書き込みもあった。どうやら、日々熱心に他人の発言を罵ったり、揚げ足を取っている人々のようだった。

(写真:iStock.com/Deagreez)

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

{ この記事をシェアする }

オオカミ少女に気をつけろ!

嘘、デマ、フェイク、陰謀論、巧妙なステマに情報規制……。混乱と不自由さが増すネット界に、泉美木蘭がバンザイ突撃。右往左往しながら“ほんとうらしきもの”を探す真っ向ルポ。

バックナンバー

泉美木蘭

昭和52年三重県生まれ、作家、ライター。日々、愛しさと切なさと後ろめたさに苛まれている不道徳者。社交的と思わせて人見知り。日頃はシャッターをおろして新聞受けから世間を覗いている。趣味は合気道、ラテンDJ、三浦大知。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP