1. Home
  2. 社会・教養
  3. オオカミ少女に気をつけろ! ~欲望と世論とフェイクニュース
  4. 「ニセモノのかわいい私」を生み出す美顔ア...

オオカミ少女に気をつけろ! ~欲望と世論とフェイクニュース

2019.10.12 更新 ツイート

「ニセモノのかわいい私」を生み出す美顔アプリの罠泉美木蘭

「あんた相変わらず20代と変わらない可愛らしい顔してるわねえ、親の欲目かしら」「そう? お母さんも30代の若さ損なってなくて、いいセンだと思うよ」「あらそう?」「そうそう」。

私と母はよくこんな会話をして、若さにしがみつく心をお互いに支え合って生きてきた。だがまあ、私も40代になって、もういい加減、年齢それなりでいいじゃんと考えるようになり、「きれいでいたい」とはすごく思っているが、「若さを損ないたくない」とは思わなくなった。

若さというのも、「健康で元気な若々しさ」という姿を想定しているのならいいと思うが、私も母も、どうも自分の現実からかけ離れた、どこか非現実的な「きらきらしたもの」をあてどなく追いかけているような気がしたからだ。

もはやフェイクです。美カメラアプリ。

こういった女性の心のスキマに入り込み、「きらきらしたもの」「キレイなもの」を求める女心を巧妙につかむことで、若い女性の間で大流行しているスマホアプリがある。自撮りの際に、肌や顔の輪郭、体型などを補整する「美顔アプリ」「美カメラアプリ」と呼ばれるものだ。

かつてはゲームセンターの「美白プリクラ」など、肌が白く写ったり、目がくりくりと大きく写ったりするプリクラ機がブームになったが、舞台はスマホに移り、インスタグラムなど写真系SNSがブームになった2014年ごろから登場しはじめ、年々急増、補整技術も着々と進化しているようだ。

Google Play で「美カメラ」と検索すると多数のアプリが並ぶ。

ためしに、「Ulike(ユーライク)」というアプリを使って自撮りしてみた。このアプリには、光の加減や画面の色調を選ぶフィルター機能と、自分好みのメイクを顔の上に合成する機能、そして顔の輪郭や目の大きさ、鼻筋、口元の形状を修正したり、シワやシミを消し去ったりする機能がある。ためしに、一枚撮ってみる。

どちらが真実の私か、言わずもがなですが……。

おおう!? なんてこった。肌がすっかり白くすべすべになり、ちょっと大きくなった目には自力では不可能なメイクがほどこされ、なんだか顔の周りにお花が散っている! こ、これは……。「補整」の域を超えて、軽く「フェイク」になっている気がするが。どうせだから機能をフル活用して、小顔機能を使って顎を小さくしてみる。

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

オオカミ少女に気をつけろ! ~欲望と世論とフェイクニュース

嘘、デマ、フェイク、陰謀論、巧妙なステマに情報規制……。混乱と不自由さが増すネット界に、泉美木蘭がバンザイ突撃。右往左往しながら“ほんとうらしきもの”を探す真っ向ルポ。

バックナンバー

泉美木蘭

昭和52年三重県生まれ、作家、ライター。日々、愛しさと切なさと後ろめたさに苛まれている不道徳者。社交的と思わせて人見知り。日頃はシャッターをおろして新聞受けから世間を覗いている。趣味は合気道、ラテンDJ、三浦大知。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP