1. Home
  2. 社会・教養
  3. 現代アートは本当にわからないのか?
  4. 「表現の不自由展・その後」と、飼いならさ...

現代アートは本当にわからないのか?

2019.09.21 更新 ツイート

「表現の不自由展・その後」と、飼いならされるわたしたち――あいちトリエンナーレ2019村上由鶴

 

あいちトリエンナーレ2019のロゴをよく見ると、「Taming Y/Our Passion」という英語表記があります。「Taming」は「飼いならすこと」、「Y/Our Passion」は「あなた/わたしたちの(感)情」を示しています。この英語のテーマ、「情の時代」という日本語のテーマにやや詳細なニュアンスを加えつつ、あいトリが直面している感情的な批判や脅迫を予言していたかのよう。

怒りをコンピュータウイルスのようにばらまき、ひとりひとりの感情をハッキングして、その延長線上の社会を乗っ取ることが現実となりつつある現代は、まさに感情に飼いならされた時代。
前回に続いて「あいトリ2019」後半となる今回は、この「Taming/飼いならす」というテーマに関わる作品を紹介していきます。

まず、アンナ・ヴィットの《60分間の笑顔》は、スーツに身を包んだ男女がカメラに向かって60分間微笑み続ける映像作品。
だんだん疲れて飽きている人や、腰や肩がこっているような仕草を見せる人などを映し出していて、これ自体はキュートなおもしろさがある作品となっています。

 

あいちトリエンナーレ2019の展示風景
アンナ・ヴィット《60分間の笑顔》2014

 

とはいえ、「その場で微笑んできちんと立っていろ」というのは、なにも特殊な場面設定ではありません。幼稚園から学校、会社、老人ホーム、そして家庭と、あらゆる社会や集団において、ほとんどの人がなんらかのかたちで経験すること。ですが、このように映像を通して「要求する側―従う側」という構造を改めて見せられると、わたしたちの社会がこうした小さな飼いならしの連続によって成り立っていることを思い出させてくれるのです。

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP