1. Home
  2. 社会・教養
  3. 現代アートは本当にわからないのか?
  4. 3密が新しい贅沢になる?「密です!」なア...

現代アートは本当にわからないのか?

2020.05.09 更新 ツイート

3密が新しい贅沢になる?「密です!」なアート 村上由鶴

緊急事態宣言が出されて1ヶ月。そしてさらに5月末まで延長となりました。
世界が同じウイルスへの対策をさまざまに講じるなか、日本では密閉・密集・密接の「3密」が独自の合言葉になっています。
諸外国が「ソーシャル・ディスタンスをとっていこうね」という行動要請であるのに対して、日本は「『3密』を避けよう!」という「禁止」の要請が標語になっているわけで、国民性が出てるなと思います。

さて、この1ヶ月のうちに、テレビ番組の再放送や映画、YouTubeの動画などで人が触れ合ったり、集まったりしているのを見て、「近くない?」「人多くない?」「密です!」と突っ込みそうになってしまう、不思議な身体感覚が身についちゃった人、多いのではないでしょうか。

というわけで、今回はいまだからこそ尊く思える「密です!」なアートをご紹介します。
本来作家が目指した意図とは異なっているけれど(だって誰もこんなの予想してなかったし)、「密(close)」を避けなければいけないいま、あらゆる美術作品はこれまでと違った響き方で、わたしたちを感動させてくれることでしょう。

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

{ この記事をシェアする }

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP