1. Home
  2. 社会・教養
  3. 現代アートは本当にわからないのか?
  4. 現代アートで『天体観測』?「見えないもの...

現代アートは本当にわからないのか?

2019.09.19 更新 ツイート

現代アートで『天体観測』?「見えないものを見ようとする」ことについて――あいちトリエンナーレ2019村上由鶴

あいちトリエンナーレ2019の展示風景
ジェームズ・ブライドル《ドローンの影》2019
Photo: Ito Tetsuo

 

みなさんご存じのとおり、「あいちトリエンナーレ2019」の企画展「表現の不自由展・その後」は、その展示作品をめぐって脅迫を受け、中止となりました。その後も「不自由展」のアーティストに連帯を示すため、複数の展示中止や内容の変更が行われるなど、荒れ模様の芸術祭という印象を持っている方も多いのではないかなと思います。

ですが、「あいトリ」には、それ以外にも語るべきポイントや見どころがたくさん。

「表現の不自由展」をめぐる暴力と分断については次回ちょびっと触れるくらいにして、わたしが見ることができた9月上旬のあいトリが示す「表現の自由」以外のテーマについて、2回に分けて考えていきます。

 

さて、唐突ですが、BUMP OF CHICKENの『天体観測』という超有名な歌に「見えないモノを見ようとして」という歌詞があります。今回のあいちトリエンナーレを見ていて再確認したのは、「見えないものを見ようとする」枠組みを提供するのがひとつ現代アートの役割だよね、ということ。

例えば、メイン会場となっている愛知県美術館でお出迎えしてくれるエキソニモの《The Kiss》は、スマホの画面を通して人がキスしている「ように見える」作品です。

 

あいちトリエンナーレ2019の展示風景
エキソニモ《The Kiss》2019
Photo: Ito Tetsuo

 

そもそもこの作品は、「○○○のように見える」の連続です。「スマホ」は本物ではなく55インチの単なる液晶モニターだし、画面のなかにいる人は目をつぶっているだけ。あの手(の形をした模型)と、モニターにかけられたカバー、そして口の部分が傾けられ、重ねられていることによって、わたしたちはただのモニターにどうしてもキスを見てしまう、というわけです。

また、菅俊一の《その後を、想像する》という短いアニメーションが連続する作品は、「ことが起こる」まさにその瞬間にアニメが途切れてしまいます。それでも鑑賞者は、その映像の続きを想像のなかで「見て」しまうことになるでしょう。

 

このような、見えない部分をあえて作ることで、わたしたちの感覚をハッキングして「見せる」作品は、新しい発見を与えてくれるゆかいな現代アートです。

四間道・円頓寺エリアに展示されている弓指寛治の《輝けるこども》も、先の2つの作品とは構造がことなりますが、見えないことがらを見せようとする作品であったように思います。

 

あいちトリエンナーレ2019の展示風景
弓指寛治「輝けるこども」2019 
Photo: Takeshi Hirabayashi

 

《輝けるこども》は、2011年に栃木県鹿沼市で起きた、登校中の児童の列にクレーン車が突っ込み、小学生6人が亡くなった事故に関する作品。
ここ1、2年くらい、車が歩行者に突っ込む事故がよく報道されていますよね。毎回なんて痛ましいこと、とわたしも思うのですが、こうした報道では、被害者は「○名」と数字で表現されるだけ。ひとりひとりの性格や暮らしは見えてきません。そこに考えをめぐらせるのは、報道番組を見ているだけではとても難しいことです。

また、こうした事件の場合、加害者を特定してネットに晒しあげるというのも最近は定番の流れとなりつつあります。そうしたとき、この加害者自身やその家族のことも、わたしたちは同じ人間と思う前に「加害者」としか見えなくなってしまいます。

本作は絵画を中心としたインスタレーションですが、技巧的じゃない、決して絵のうまさで人を感心させるタイプの作家じゃない弓指の絵が、事件では凶器となった車と小学生の日常というモチーフを、「生き生き」というより「生っぽく」見せるのにすごくぴったりでした。
この事件に、どんな形であれ関わることとなってしまったひとりひとりが当たり前に人間であり、それぞれ癖があり、好みがあることを示してくれます。

そのほかにも、限られた人にしか見えない真実を見せるタリン・サイモンや、写真などのイメージを完成させるためのソフトウェアの存在を可視化した永田康祐、ある物体が辿ってきた過程を痕跡として見せるワリード・ベシュティはわたしのお気に入りでした。

 

あいちトリエンナーレ2019の展示風景
ワリード・ベシュティ《FedEx》2017-
ワリード・ベシュティ《トラベル・ピクチャーズ》2006/2008

 

たくさんの現代アートの作品に出会うとき、その作品自体になにを見出せばいいかわからなくなることは多々あります。そんなときはバンプ的天体観測方式で、「見えないものを見ようと」するためにどんなガイドが用意されているか?と考えつつ、整理していくのがおすすめ。あいちトリエンナーレはこうした作品が多いので、整理しつつ見ることを楽しめるのではないでしょうか。

いわゆる絵画や彫刻を見たい人には、ミリアム・カーン、文谷有佳里、桝本佳子をおすすめしたいです。こちらは「見えないものを見ようとする」タイプではなく、見ることの楽しさ、怖さ、おもしろさ、不気味さに速攻アクセス!型の作品。

今回のあいトリに対して、「芸術は美しいものでなければならない」といった批判を寄せる人がいました。彼女たちの作品は美しいものではあるけれど、単純な美しさに回収できない、現代アートらしい美が備わっていると思います。

 

あいちトリエンナーレ2019の展示風景
桝本佳子《メロン/壷》2016

 

さて、今回はあえて、あまり「政治的ではない」作品を中心にとりあげてきました。
しかし、「あいちトリエンナーレ2019」がその騒動を含め、日本国内に改めて、そして図らずも宣言することになったのは、「現代アートとは政治的なものである!」ということだったと思います。次回は、あいトリ2019のテーマに関わる作品と、「表現の不自由展」をめぐる芸術祭のことに少し触れたいと思います。

 

あいちトリエンナーレ2019 情の時代
Aichi Triennale 2019 Taming Y/Our Passion

会期:2019年8月1日(木) - 10月14日(月・祝) 月曜日休館(祝祭日を除く)
会場:愛知芸術文化センター、名古屋市美術館、四間道・円頓寺、豊田市美術館・豊田市駅周辺
料金:1DAYパス 一般1600円、大学生1200円、高校生600円
   フリーパス 一般3000円、大学生2300円、高校生1100円
web:https://aichitriennale.jp

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

現代アートは本当にわからないのか?

バックナンバー

村上由鶴

1991年生まれ。日本大学芸術学部写真学科助手。
日本大学芸術学部写真学科卒業後、東京工業大学大学院社会理工学研究科にて写真・美学・現代アートを研究。
写真雑誌「FOUR-D」などに執筆。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP