1. Home
  2. 生き方
  3. 美しい暮らし
  4. 九条ねぎのサラダ

美しい暮らし

2019.08.20 更新 ツイート

九条ねぎのサラダ矢吹透

料理のレシピに関して、著作権というものはない、と聞きます。

誰かが考案したレシピをコピーして、料理を作ることに、法的な問題はないそうです。

但し、公式な場で、誰かのレシピを基にした料理を発表する際には、オリジナルのレシピを考案した方の名前を明記する、というのがルールとされているのだそうです。

 


私はこの頃、料理本・レシピ本の類いを購入することがほぼ、なくなりました。

私が最近、料理のレシピやアイディアを得るのは専ら、行きつけのお店の大将やスタッフからです。

先日も、友人を馴染みのお鮨屋さんにお連れした際、供された一品につき、友人が職人さんに質問をいたしました。

これは、とても美味しいけれど、一体何が入っているんですか?

ええと、これは、……、と職人さんが言いかけて、言葉を切り、私の方を見て、やべえ、やべえ、と笑いました。

矢吹さんには、すぐ真似されちゃうからなあ……。

私も思わず、笑って、言いました。

大丈夫、その料理の作り方は、前に教えて頂いているから。

そして、職人さんに代わって、友人に説明したのです。これは、これこれ、こういう素材が入っているんですよ、と。


私が料理をよくする、と言っても、それで商売をしているわけではない、ということもあってでしょうか、つき合いの深さによるものなのでしょうか、お店の方々は、私が折々に投げかける素朴な質問に答え、あれこれとアイディアや技について教えて下さり、半分はそうやって面白がっているような節さえ、ございます。

そんなふうにして、私のレパートリーに近頃、加わった一品で、季節の九条ねぎを使った簡単なサラダをご紹介してみましょう。
 
私の大好きな、近所の「とんぼ」のママから、アイディアを頂いた料理です。
 
九条ねぎを斜めに、細切りにいたします。

細切りにした生の九条ねぎを、塩と胡椒、少量の鶏がらスープの素(省略可能です)、胡麻油(もしくは、葱油)でさっと和えます。

これだけで出来上がりです。そして、これだけで十分に美味しいのです。

葱だけで、寂しいようであれば、そこに適宜、何かを加えます。

「とんぼ」のママのオリジナルのレシピには、しらすが入っています。

私は、折々に、カニカマを加えたり、鶏のささみをさっと湯がいて加えたり、オリジナルに従って、しらすを加えたりいたします。

要は、淡泊で、かつ、味わいのある何か、を加えればよいのです。

竹輪や油揚げを刻んで、加えても、よいかもしれません。

葱がお嫌いな方でなければ、とても簡単で、喜んで頂ける、夏らしい一品になるのではないかと思います。

関連キーワード

関連書籍

矢吹透『美しい暮らし』

味覚の記憶は、いつも大切な人たちと結びつく——。 冬の午後に訪ねてきた後輩のために作る冬のほうれんそうの一品。苦味に春を感じる、ふきのとうのピッツア。少年の心細い気持ちを救った香港のキュウリのサンドイッチ。海の家のようなレストランで出会った白いサングリア。仕事と恋の思い出が詰まったベーカリーの閉店……。 人生の喜びも哀しみもたっぷり味わせてくれる、繊細で胸にしみいる文章とレシピ。

{ この記事をシェアする }

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP