1. Home
  2. 社会・教養
  3. オオカミ少女に気をつけろ! ~欲望と世論とフェイクニュース
  4. フォロワー獲得の努力に飽きた頃、震災がき...

オオカミ少女に気をつけろ! ~欲望と世論とフェイクニュース

2019.02.28 更新

SNSにはまっていった私のイタい体験記(5)

フォロワー獲得の努力に飽きた頃、震災がきた泉美木蘭

「SNSにはまっていった私のイタい体験記(1)〜(4)」を初回から読む

 

「1万7000人!?  こんなにもすごい数の人が、きみに注目しているのか! すごいじゃないか! 愛されているんだなあ!」

最初の頃は身のまわりでツイッターを利用している人はほとんどいなかったが、時を追うごとに増え続け、メディアでもたびたび話題にのぼるようになっていった。「最近ツイッターをはじめてみたんだ」という60代会社経営者の男性は、私がマニアックすぎる方法で無意味なフォロワーを増やした実態など知る由もなく、「1万7000人」という数にただただ驚愕するばかりだった。

 

「彼女は、泉美木蘭さん。大変な著名人なんだよ。ツイッターでは2万人ぐらいの人が彼女の発言に注目しているんだ」

「ほおお! それはそれは、お会いできて光栄です。最近の世情にはすっかり疎いものでして、なにも存じ上げず大変失礼をいたしました」

 

経営者仲間に誇大に紹介されて、過剰に丁重な挨拶までされてしまい、顔から火が出る思いだった。いち早く忘れてもらえるようにと、「名刺を切らしておりまして」とごまかした。同時に、この状態を恥ずかしく思えなくなったら、そのとき私は立派な詐欺師に変貌しているのではないかとも思った。

 

お金を出してでもフォロワーを買いたい人がいるなら、私の努力も商売にすればよかった

ツイッターのフォロワー数に威力を感じる人はやはり多く、特に企業などはイメージや「信頼性」に直結するという面(錯覚にすぎないと私は思うが)もあり、需要に応じてフォロワーを金で販売する業者も存在する。日本最大級とされるフォロワー・アカウント販売サイト『ツイッターズ』の商品メニューによると、「アニメ・写真アイコンの日本人フォロワー:2000人/価格11,000円、納期11日」「外国人フォロワー:300人/価格6000円、納期4日」(いずれも返品不可)。

 

フォロワー・アカウント販売サイト『ツイッターズ』。インスタグラムのフォロワーや『いいね』、Youtubeの再生回数、チャンネル登録者数なども購入することができる。

外国人300人で6000円? 私、「レディ・ガガ商法(前回参照)」で少なくとも7000人、自力で外国人を増やしたんだから、単純計算で14万円ぐらいの仕事をしたってこと? ああ、あのトチ狂った努力をこういう商売に変換していれば、いまごろ“ツイッター成り上がり”としてかなり余裕のある生活を送っていたのでは……なんて薄っすら考えてしまう。

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP