1. Home
  2. 社会・教養
  3. 学ぼう!珍妙奇妙な深海のいきもの
  4. 2メートルの体でぬったり泳ぐ「ソコボウズ...

学ぼう!珍妙奇妙な深海のいきもの

2019.02.06 更新

2メートルの体でぬったり泳ぐ「ソコボウズ」平井まさあき〔男性ブランコ〕

「好きです、深海の生き物」

「いきなり飛び出ました、倒置法」

倒置法を倒置法するぐらい深海の生き物が好きな平井です。これでどれだけ好きかが伝われば嬉しいのですが。

 

さてさて今回、ご紹介したい深海の生き物は少々地味で不気味でおかし味が溢れる深海のお魚さんです。

この深海の魚は、なかなか知ってる人は少ないのではないでしょうか?

 

水深4000メートルからわざわざご足労してくださいました。

それではご登場お願いします。

どうぞ~。

 

ぬ~ん。

 

イラスト/平井まさあき

 

「ぬ~ん」という擬音がとても似合う深海魚のソコボウズさんです。

お越しいただきありがとうございます!

 

頭がとてもツルツルしてそうな、おしゃれ坊主。

坊主どころかスキンヘッドですね。

ヒゲもダンディです。

 

肌は白っぽくて、雪国育ちかと思っちゃいますが、違いますね。深海育ちです。

ソコボウズは深海生まれ、深海育ち、深そうな奴はだいたい友達です。レペゼン深海。

 

成魚ともなれば2メートルにもなります。

ソコボウズが住む深海1000~5000メートルの海域では最大級の大きさです。

このソコボウズは、深海に落ちてくる生物の死骸を食べるために、その大きな体と尻すぼみな体型で長距離を、長時間泳ぎ続けることができるのだそうです。

ぬったりぬったり泳ぐのですね。

 

もしも、もしも自分が深海に住む小さな深海のエビだったとしたら。

突然、暗闇から、この白い大きな頭ツルツルのソコボウズが、ゆっくりぬ~っと現れたら、こんなに怖いことはないです。想像するだけで恐ろしい。

 

巨大サメの映画ばかり撮ってないで、巨大ソコボウズの映画の方が、きっと極上のモンスターパニック映画になるに違いありません。

まさしく、ソコジョーズです。

あ、忘れてください。

 

実は、このソコボウズの稚魚が駿河湾で発見されたこともあります。これは大変珍しいことなのですが、日本の海にも住んでいることを知ると、ソコボウズに親しみを感じます。

ぜひソコボウズさんと仲良くしたいです。

 

ソコボウズさんの方はどう思ってますかね?

 

ソコ    ぬ~ん

私    「もし、友達になれたら深海を案内してほしいです」

ソコ    ぬ~ん

私    「頭きれいですよね?」

ソコ    ぬ~ん

私     「ケアするの大変じゃないですか?」

ソコ    ぬ~ん

私     「『ぬ~ん』じゃなくて」

ソコ    ぬ~ん

私     「だから、『ぬ~ん』じゃなくて」

ソコ    ぬ~ん

私     「だめだ、話になんねえや」

ソコ  「ソコジョーズって何?」

私     「それは忘れてください、本当にすいません」

 

ぬ~ん

 

ソコボウズさんは帰っていきました。

ああ、ソコボウズさんと仲良くなるチャンスを逃してしまいました。

逃した深海魚は大きいです。

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

学ぼう!珍妙奇妙な深海のいきもの

バックナンバー

平井まさあき〔男性ブランコ〕 お笑い芸人「男性ブランコ」

写真右側。1987年生まれ。兵庫県豊岡市出身。芸人。ボケ担当。よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。大阪NSC33期。2011年に浦井のりひろと「男性ブランコ」結成。2013年 第14回新人お笑い尼崎大賞受賞。キングオブコント2015 準決勝進出。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP