1. Home
  2. 読書
  3. アルパカ通信 幻冬舎部
  4. 伊坂幸太郎『マイクロスパイ・アンサンブル...

アルパカ通信 幻冬舎部

2022.04.27 更新 ツイート

第7回

伊坂幸太郎『マイクロスパイ・アンサンブル』/中山祐次郎『やめるな外科医』₋ 今を“いい時間”にしてくれる2作 アルパカ内田/コグマ部長

一日一冊読んでいるという”本読み”​​​​​​のアルパカ内田さんが、幻冬舎の刊行作品の中から「今売りたい本」を選び、そして“POP職人”としての腕を振るって、手描きPOPも作ります。

そして、アルパカ内田さんへの「オススメ返し」として、幻冬舎営業部の人気者・コグマ部長からも、一冊ご紹介。

*   *   *

元カリスマ書店員でPOP職人のブックジャーナリストが売りたい本
第7回 伊坂幸太郎『マイクロスパイ・アンサンブル

長年付き合っていた彼女に振られた社会人一年生、どこにも居場所がない元いじめられっ子のスパイ、いつも謝ってばかりの頼りない上司……。でも、今、見えていることだけが世界の全てじゃない。知らないうちに誰かを助けていたり、誰かに助けられたり……。伊坂作品ならではの優しさと驚きに満ちたエンターテイメント小説!

こんにちは。伊坂作品はすべて「買うたろう」と思っているアルパカ内田です。

今回の新作は、言葉の力をまざまざと突きつけられる見事なエンターテイメント作品だ。読み手の全身を覆い尽くすような大いなる包容力があり、物語にしか起こせない奇跡を味わえる。

長引くコロナ禍で非日常が当たり前になった今こそ必要なのは、無限の想像力、良質な小説世界に他ならないと切実に感じさせる。そう、これは紛れもない僕らの物語なのだ。

ストーリーはごく平凡な会社員の生活と、一般世界とはまったくかけ離れたスパイたちの活動の、二つの軸で紡がれ繰り広げられている。およそ結びつくはずのない異質な関係が、いつしかあざなえる縄のごとく、ぴったりと寄り添うように共鳴するからなんとも不思議。偶然のようですべては必然。

人は生まれ落ちてからずっと、異なる世界にいる誰か、もしくは運命的な何かに導かれて生きているのかもしれない。そう考えると奇妙な安心感をおぼえ、前向きな気持ちにもなれるのだ。

この世界は目には見えない何かで深く繋がっている。理知的でありながら人間的な情感がたっぷり凝縮されている本書は、混沌としたこの世を癒やす救世主であり、まさに伊坂文学の真骨頂。忙しい毎日で置き忘れてしまった大切な気持ちを取り戻させ、読まれるほどこの夜の霧を晴らしてくれる魅力に溢れた一冊だ。そしてビバ猪苗代湖! またひとつ聖地巡りをしなければならない素敵な場所が増えたことも付け加えておきたい。

アルパカ内田さんの手描きPOP!

幻冬舎営業部 コグマ部長からオススメ返し
中山祐次郎『やめるな外科医

テレビドラマにもなった人気小説、『泣くな研修医』シリーズ第四弾。雨野隆治は医者六年目となり、少しずつ仕事に自信もついてきた。ある夜、難しい手術を終え後輩と飲んでいると、病院から緊急連絡が……。今回も現役外科医が、生と死の現場をリアルに描く!

さて、こちらは現役外科医が書いた小説。主人公・雨野は30歳の外科医。

医者になって6年目で、徐々に難しい手術もこなせるようになった。先輩や上司の指導もまだまだ必要だが、後輩もできて今が伸び盛りといったところ。

そんな雨野にピンチが―。2名の高齢ガン患者の女性。どちらも身の回りの面倒をみてくれる人がおらず、なにやら深い事情があるらしい。雨野は親身になって考えるが、患者はいっこうに心を開かない。死を前にした患者に自分は何ができるのか? さらには、自分が執刀した手術で明らかなミスも見つかって……。

外科医の失敗は、患者の死に直結する。生と死を分ける過酷な境界線は、目まぐるしく変わる。生還する患者がいる一方で、多くの死にも立ち会わなければならない。ハッピーエンドのドラマとは違い、現役医師が書いた小説には、悲しい別れもある。壁にぶつかりもがきながらも成長していく雨野に、読者は自分を重ねて読むことになる。

世の中には何事もうまくやれる人間がいる。その一方で、不器用で、まっすぐ過ぎて、いつも間が悪い人間もいる。自分は損しているのかな? そう思いながら生きている人も多いはずだ。

でも、それでよし。雨野のように生きてみよう。悩む人の背中を押してくれる1冊になるはずだ。

{ この記事をシェアする }

アルパカ通信 幻冬舎部

元カリスマ書店員で、POP職人でもある、ブックジャーナリストのアルパカ内田さんが、幻冬舎の新刊の中から、「ぜひ売りたい!」作品をピックアップ。
書評とともに、自作の手描きPOPも公開。

幻冬舎営業部のコグマ部長からの「オススメ返し」もお楽しみください!

バックナンバー

アルパカ内田 ブックジャーナリスト

内田剛(うちだたけし)。ブックジャーナリスト。約30年の書店勤務を経て2020年2月よりフリーランスに。NPO法人本屋大賞実行委員理事で創立メンバーのひとり。文芸書をメインに各種媒体でのレビュー、学校や図書館でのPOP講習会などを行なっている。これまでに作成したPOPは5000枚以上で著書に『POP王の本!』あり。無類のアルパカ好き。
https://twitter.com/office_alpaka

コグマ部長

太田和美(おおたかずみ)。幻冬舎営業本部で販売促進を担当。本はミステリからノンフィクションまでノンジャンルで読みまくる。アルパカ内田(内田剛)さんとは同学年。巨人ファン。
【Twitter】https://twitter.com/kogumabuchou

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP