1. Home
  2. 読書
  3. 本の山
  4. [pick up]「えらぶ」に住む少女が...

本の山

2022.08.12 更新 ツイート

[pick up]「えらぶ」に住む少女が抱く 日本復帰運動への違和感 -『神の島のこどもたち』中脇初枝 KIKI

※この記事は、2021.10.09に公開したものの再掲です

太平洋戦争の戦中・戦後の歴史について、恥ずかしながら詳しいとは言えず、その時代を舞台にした小説を手にすると初めて知ることも多い。本土より南の島のこととなればなおさらだ。

本書の舞台は鹿児島県の沖永良部島。敗戦後、沖縄がアメリカに接収され、1972年まで日本に返還されなかったこと、そしてその事実が現在の基地問題につながることは多くの人が知っているだろう。しかし、沖永良部を含めた奄美群島もアメリカに接収されたことを、わたしは知らなかった。1952年に本土が独立を回復した後も、えらぶ(島言葉で沖永良部のこと)は沖縄と同じくアメリカ統治下に置かれたままだった。その頃から日本への復帰運動は行われていたが、奄美大島とは切り離され、えらぶの復帰が見送られると発表されると、島をあげて奄美群島の全島同時復帰が盛んにうたわれることになった。

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

{ この記事をシェアする }

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP