1. Home
  2. 社会・教養
  3. ハイスペック女子のため息 season2
  4. 森氏の“女性蔑視”発言、山田広報官の辞任...

ハイスペック女子のため息 season2

2021.03.07 更新 ツイート

森氏の“女性蔑視”発言、山田広報官の辞任、“多様性”へと向かう社会の黒い渦 山口真由

当時のオリンピック・パラリンピック組織委員会会長だった森喜朗氏の“女性蔑視”発言が炎上してから早1か月。日本というこの国も二極に分断された社会になっていくような陰鬱な空気を、私自身は感じている。

森会長は「女性は会議での話が長い」という趣旨の発言をして、欧米のメディアから批判を受けた。謝罪会見を開いた森氏は、そこで逆ギレする。その会見の映像は、ワイドショーにとっておきのネタを提供し、そしてメディアによって繰り返し報じられるほどに批判の声が高まっていった。

そこに、私は渦を見た。その渦は森氏を中心として黒々ととぐろを巻いている。そして、森氏ばかりかその渦の淵に腰かけた人は、一様にその中に巻き込まれていく。森氏は、まさに「渦中の人」となったのだ。

この渦は、森氏が後任をお願いしたと表明した川淵三郎氏を引きずり込み、結局、会長を引き受けることになった橋本聖子氏まで過去のセクハラ疑惑を蒸し返されることになる。

(写真:iStock.com/Homunkulus28)

この巨大な渦の吸引力は森氏に関連する人物のみならず、森氏に関する発言にまで及んでいく。

 

1. あなたは森氏を擁護するのか、批判するのかという踏み絵

私は「羽鳥慎一モーニングショー」という番組で、月曜日のコメンテーターをさせていただいている。森氏の“逆ギレ”会見から週をまたいでの2月8日の「モーニングショー」でも、森氏の発言が問題となった。

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

関連書籍

山口真由『高学歴エリート女はダメですか』

人気連載「ハイスペック女子のため息」(season1)が8/26に書籍化!! 東大法卒→財務省→弁護士→留学→准教授で37歳、未婚。偏差値の高い女は幸せになれないのか!? 等身大の女子たちや、女子アナ、芸能人まで下世話に観察、おおいに自省しながらハイスペ女子の幸せを模索する。

{ この記事をシェアする }

ハイスペック女子のため息 season2

ハイスペ女子は自分で自分が面倒に思うこともある。社会に邪険に扱われ、「なぬ?」と思うこともけっこうある。今日もぶつかる壁や疑問を吐露する社会派エッセイ。

バックナンバー

山口真由

1983年、札幌市生まれ。東京大学法学部卒。財務省、法律事務所勤務を経て、ハーバード大学ロースクールに留学。2017年にニューヨーク州弁護士登録。帰国後、東京大学大学院法学政治学研究科博士課程に入学し、2020年に修了。博士(法学)。現在は信州大学特任教授。「超」勉強力』(プレジデント社、共著)いいエリート、わるいエリート(新潮社)、『高学歴エリート女はダメですか』(幻冬舎)など著書多数。最新刊は『「ふつうの家族」にさようなら』(KADOKAWA)。 
山口真由オフィシャルTwitter

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP