1. Home
  2. 読書
  3. 本の山
  4. 積み重なる百年の記憶が もたらす静けさ―...

本の山

2021.01.23 更新 ツイート

積み重なる百年の記憶が もたらす静けさ――『光の犬』松家仁之 KIKI

読み終えたとき、本のなかに漂う静けさが、自分の中からも溢れ出てきて、どうしようもなく悲しくなった。読後すでに数ヶ月経っているのに、今もふとした瞬間にその時の感覚に引き戻されることがあるのはどうしてだろう。

北海道東部の架空の町、枝留を舞台に、添島家の一族三代と周りの人々が描かれる。助産婦の祖母と薄荷工場勤務の祖父。釣りと北海道犬を飼うことが趣味の父と、専業主婦の母。姉の歩と弟の始。そして隣の家に暮らす、いずれも独身の父の三姉妹。祖母の幼少期から、始が五十代になる現在まで、およそ百年間の出来事が、時空を行き来しつつ様々な目線で語られる。

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

{ この記事をシェアする }

本の山

バックナンバー

KIKI モデル

東京都出身。武蔵野美術大学造形学部建築学科卒。山好きとして知られ、著書に美しい山を旅して』(平凡社)などがある。(photo: ohta yoko)

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP