1. Home
  2. 読書
  3. 本の山
  4. 住んだことのない 団地に覚える「既視感」...

本の山

2021.01.09 更新 ツイート

住んだことのない 団地に覚える「既視感」――『千の扉』柴崎友香 KIKI

主人公の千歳は東京の新宿にほど近い団地で暮らしている。結婚を機に、夫の祖父が四十年以上暮らしていた都営住宅の一室に入ることになった。大腿骨を骨折してしまった祖父は入院しており、その間の留守を預かるかたちである。千歳はそこで暮らして数ヶ月足らずとはいえ、目を瞑って寝転がりながら部屋の間取りを絵に描くように想像することができる。彼女自身もまた子供のころに、部屋の広さも間取りもさらには築年数まで同じような大阪の市営住宅に住んでいたことがあった。同じ団地に住んでいた同級生たちが一緒に遊ぼうと部屋に呼びにくる様子を思い出して、今も同じことが起こりうるのではないかと錯覚する。

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

{ この記事をシェアする }

本の山

バックナンバー

KIKI モデル

東京都出身。武蔵野美術大学造形学部建築学科卒。山好きとして知られ、著書に美しい山を旅して』(平凡社)などがある。(photo: ohta yoko)

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP