1. Home
  2. 読書
  3. 本の山
  4. 三年しか続かないゆえの 繊細で儚い世界―...

本の山

2020.12.26 更新 ツイート

三年しか続かないゆえの 繊細で儚い世界――『最愛の子ども』松浦理英子 KIKI

松浦理英子さんの作品を読むのは初めてだ。しっとりとした青色の表紙に金字のタイトルという装幀にどこか儚さを感じて手に取った。物語の舞台は、共学でありながらクラス構成は男女別という高校。他のクラスからは変態扱いされるほど結束が強い女子クラスを中心に、級友である「わたしたち」によって、あるひとつの「家族」について語られていく。

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

{ この記事をシェアする }

本の山

バックナンバー

KIKI モデル

東京都出身。武蔵野美術大学造形学部建築学科卒。山好きとして知られ、著書に美しい山を旅して』(平凡社)などがある。(photo: ohta yoko)

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP