1. Home
  2. 読書
  3. 本の山
  4. 温もりある人物たちの“夢”に胸をうたれる...

本の山

2021.02.13 更新 ツイート

温もりある人物たちの“夢”に胸をうたれる――『宇喜多の楽土』木下昌輝 KIKI

数年前、『宇喜多の楽土』の前作にあたる『宇喜多の捨て嫁』を読んだとき、初めて歴史小説が面白いと思った。わたしの日本史音痴が原因で、それまでは他の歴史小説を読んでも途中で挫折してばかりだった(たいてい登場人物が多すぎて混乱してしまうのだ)。けれど、主人公・宇喜多直家の悪魔のような政略的な生き方や、それに翻弄される娘たちの姿は、当時の歴史的背景に詳しくなくても、ぐっと引き込まれる世界観を作り出していた。この出合い以来、食わず嫌いを克服したかのように、歴史小説をたびたび手に取るようになった。

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

{ この記事をシェアする }

本の山

バックナンバー

KIKI モデル

東京都出身。武蔵野美術大学造形学部建築学科卒。山好きとして知られ、著書に美しい山を旅して』(平凡社)などがある。(photo: ohta yoko)

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP