1. Home
  2. 社会・教養
  3. 昭和45年11月25日 三島由紀夫自決、日本が受けた衝撃
  4. その青年は社員食堂で愕然としていた——鈴...

昭和45年11月25日 三島由紀夫自決、日本が受けた衝撃

2020.11.23 更新 ツイート

#9

その青年は社員食堂で愕然としていた——鈴木邦男、二十七歳 中川右介

今年は三島由紀夫没後50年。中川右介著『昭和45年11月25日 三島由紀夫自決、日本が受けた衝撃』(幻冬舎新書)から、一部を抜粋してお届けします。

第三章 午後の波紋

産経新聞社

産業経済新聞社(産経新聞社)の地下の社員食堂のテレビを見て、愕然としている青年がいた。

鈴木邦男、二十七歳。

鈴木はこの年の夏に、産経新聞社に途中入社したばかりだった。ミッション系の高校に通ったが、卒業直前に教員を殴り退学になるなど、高校生の頃から行動の人だった。早稲田大学政治経済学部政治学科に入ってからは、左翼運動が盛り上がるなか、それとは逆に、生長の家学生会全国総連合に所属し、書記長として活動し、さらに民族派学生組織「全国学生自治体連絡協議会」(後に「全国学生協議会連合」)の初代委員長となるなど、右翼・民族派の活動家となる。

一九七〇年に大学院を中退し、一時は仙台の実家に帰っていたが、産経新聞社に入り、販売局に在籍していた。最初の一カ月は東京のはずれの新聞販売店に住み込んで働くことから始めた。背広もネクタイも、ようやく板についてきた頃だった。

そこへ、この事件だった。

鈴木は虚脱状態で、テレビを見ていた。

しばらくすると、昔の学生仲間が会社に訪ねてきて、「仕事なんかやってる時じゃねーだろう」と言う。たしかに、ボーッとして仕事にもならない、そこで部長に申し出て、早退させてもらった。しかし、早退しても、何をするというわけでもない。鈴木は昔の学生仲間が集まっていそうなところをフラフラと歩いた。

《自分がこんな時、会社に勤めているなんて、何かとてつもなく犯罪的な事のように思えてならなかった。

三島が死んだというよりも、森田が死んだ事にショックを受けた。森田とは大学でずっと一緒に運動してきた仲である。》

鈴木は森田必勝をこう評する。

《明るくて、いつもニコニコしていて、とてもあそこまで思いつめていたとは思えなかった。》

民族派の学生運動組織が内ゲバをしていた時も、森田だけは毅然とし、「少ない勢力で敵対し合ってもしょうがないでしょう。もっと大きなことを考えなくては」と言っていた。

鈴木は、一九七二年に新右翼団体「一水会」を創設し会長に就任する。翌年には防衛庁乱入事件を起こして逮捕され、懲戒免職となる。以後は運動に専念し、やがて著述に活動の場を移す。

何かやらなくてはだめだとの思いが、新右翼を生んだ。それは、森田への「負い目」が駆り立てたものだったと、鈴木は後に自己分析している。

{ この記事をシェアする }

昭和45年11月25日 三島由紀夫自決、日本が受けた衝撃

一人の作家がクーデターに失敗し自決したにすぎないあの日、何故あれほど日本全体が動揺し、以後多くの人が事件を饒舌に語り記したか。そして今なお真相と意味が静かに問われている。文壇、演劇・映画界、政界、マスコミの百数十人の事件当日の記録を丹念に追い、時系列で再構築し、日本人の無意識なる変化を炙り出した新しいノンフィクション。

バックナンバー

中川右介

1960年、東京生まれ。早稲田大学第二文学部文芸科卒業。2014年まで出版社アルファベータ代表取締役編集長。映画、歌舞伎、クラシック音楽、歌謡曲、漫画についての本を多数執筆。最新刊に『アニメ大国建国紀1963-1973 テレビアニメを築いた先駆者たち』(イースト・プレス)。その他の主な著書に、『歌舞伎 家と血と藝』(講談社現代新書)、『カラヤンとフルトヴェングラー』『昭和45年11月25日 三島由紀夫自決、日本が受けた衝撃』(幻冬舎新書)、『山口百恵』『松田聖子と中森明菜』(朝日文庫)、『大林宣彦の体験的仕事論』(PHP新書)等。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP