1. Home
  2. 生き方
  3. 明日はもっと面白くなるかもしれないじゃない?
  4. 移住して、花づくりのとりこになりました。

明日はもっと面白くなるかもしれないじゃない?

2020.06.22 更新 ツイート

移住して、花づくりのとりこになりました。我妻マリ

70歳を迎えた今も、現役で活躍し続けている伝説のモデル・我妻マリさん。
17歳でモデルデビューした後、サンローランのオート・クチュールモデルを10年間務め、パリコレへ進出。
イッセイ ミヤケ、ティエリー・ミュグレー、ジャン⁼ポール・ゴルチエなど数々のショーで活躍し、日本人モデルがパリコレクションへ進出する礎を築きました。
そして、60歳を過ぎて栃木県に移住。ファッションの最前線に立ち続ける一方、運転免許も取得し、女ひとり(+猫たち)で自然を謳歌して暮らしています。

本書『明日はもっと面白くなるかもしれないじゃない?』は、そんな我妻マリさんの初めての著書。50年以上のモデル歴で培った、おしゃれの真髄、体の慈しみかた、そして年齢を重ねることについて―。少しずつですがご紹介いたします。

 

田舎であっぱれと思ったのは、土地に根付いて生きてきたおばあちゃんたちの力強さと人生の知恵。

戦争で男の人たちがみんな取られたときも、村を守ってきた人たちだから、気丈だし意志も強い。

とくに私がお世話になっているおばあちゃんは、戦争中に村のリーダーになって、野菜の作り方でも木の切り方でも村の人に教えてきた人で、なんでも知っているの。

決めたことは必ずやり通す。「私はものすごく負けず嫌いなんだよ」と自分でも言っているけれど、子どもたちの世話にはならないと、94歳で一人暮らしをしています。

私の家もおばあちゃんの家も、丘の途中にあるから、毎日が雑草との戦いなのね。おばあちゃんは、すぐに伸びてくるのを全部手でひとつずつ取るんです。手で引っこ抜くのは、そうしたほうが次がすぐ出てこないから。その集中力がすごいの。あれは神様でも真似できないくらいの集中力よ。

おばあちゃんは、それを自分の家だけじゃなくて、私の家までやってくれるんです。仕事から帰ってくると、道がきれいになっている。あの優しさには頭が下がります。

おばあちゃんのところは畑をやっていて、野菜も、苗を買うんじゃなくて、種から育てているのね。子どもを育てるように、種に話しかけるのよ。これが、無農薬で美味しいの。虫が出てきてもぱっと箸でつまんでとっちゃうんだから。

自然に生えてくるものも美味しいのよ。つくしやタケノコ、あとはコゴミ。小さいうちにコゴミを採って味噌で炒めたりすると美味しいんですよ。

私も庭で野菜をやるといいわよと勧められたんだけれど、だいたいのお野菜って花が咲くのね。ネギも可愛い花が咲くんですよ。そうすると情がわいて食べられなくなっちゃう。だから、私にお野菜づくりは無理だと思って、花や枝ものを植えるようになりました。

朝、畑を見に行って、雨が降っていないときはお水をやるのだけれど、お花によって水の欲しがり方が違うのね。いっぱい水を欲しい子もいるし、そうでもない子もいるんですよ。

お店で買うときにだいたいの育て方は聞くけれど、土によっても育ち方は違うし、日のあたり方でも違うわね。太陽が好きな子も苦手な子もいる。様子を見ながら育てて、ここは暑いんだなと思ったら、いっぱい水をあげたり、植え替えたり。ハーブを植えておくと、虫もこないのよ。いまではすっかり、花づくりのとりこです。

関連キーワード

関連書籍

我妻マリ『明日はもっと面白くなるかもしれないじゃない?』

・断捨離は二度としないわ ・サンローランから学んだファッションの真髄 ・ジャケットを着ると気持ちも体のラインも引き締まる ・大切な服には手と声をかけてみて ・シャネルは80代になったら着てみたい ・とっておきこそ普段使いを ・三宅一生さんから教わったストールを美しくまとう方法 ・靴を磨くということは自分を磨くということ ・ユニクロも欠かせない ・アクセサリーは直感を信じて選べばいい ・ブライトカラーの服で肌を元気に見せる ・ときどき「見られる」感覚を呼び戻す ・自分が好き!と思った服は、服も味方になってくれる(位置)

{ この記事をシェアする }

明日はもっと面白くなるかもしれないじゃない?

我妻マリ。モデル歴50年。今もファッションの最前線に立ちながら、60歳を過ぎて田舎へひとり移住した彼女が語る「受け入れる、けれど諦めない」37の生き方。

バックナンバー

我妻マリ モデル

1967年、17歳でモデルデビュー。
広告、CF、ファッション誌、ショーモデルで活動。
19歳からオート・クチュールモデルとして10年間の経験を積む。
1977年にパリコレデビュー。イッセイ ミヤケ、ティエリー・ミュグレー、ジャン⁼ポール・ゴルチエ等、数々のデザイナーズブランドのショーにも出演し、日本人モデルがパリコレクションへ進出する礎を築いた。
現在はモデルとしての枠を超えて、画家、講師などユニークな才能を今も尚、発揮し続けており、圧倒的な存在感で、多くのファンに支持されている。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP