1. Home
  2. 生き方
  3. 明日はもっと面白くなるかもしれないじゃない?
  4. 動物との生活が私に教えてくれること

明日はもっと面白くなるかもしれないじゃない?

2020.06.29 更新 ツイート

動物との生活が私に教えてくれること我妻マリ

70歳を迎えた今も、現役で活躍し続けている伝説のモデル・我妻マリさん。
17歳でモデルデビューした後、サンローランのオート・クチュールモデルを10年間務め、パリコレへ進出。
イッセイ ミヤケ、ティエリー・ミュグレー、ジャン⁼ポール・ゴルチエなど数々のショーで活躍し、日本人モデルがパリコレクションへ進出する礎を築きました。
そして、60歳を過ぎて栃木県に移住。ファッションの最前線に立ち続ける一方、運転免許も取得し、女ひとり(+猫たち)で自然を謳歌して暮らしています。

本書『明日はもっと面白くなるかもしれないじゃない?』は、そんな我妻マリさんの初めての著書。50年以上のモデル歴で培った、おしゃれの真髄、体の慈しみかた、そして年齢を重ねることについて―。少しずつですがご紹介いたします。

 

家族が動物好きなので、子どもの頃からいろんな動物を飼ってもらってきました。ハツカネズミに、インコに、犬にネコ……。カラスやフクロウもいました。

大人になってから飼ったのは、プレーリードッグです。大阪に撮影に行ったとき、黒門市場のアーケードで見つけたの。うさぎや小鳥を売っている店なんだけれど、そこにプレーリードッグもいた。なんだかカゴに入っているのが気の毒な気がしちゃって「一緒に帰ろうか?」と聞いて、新幹線で連れて帰ってきたんです。

その子はオスで、オスってちょっと体が大きいんですよね。カゴで飼うのはかわいそうだから、お風呂場で飼おうと思って。でも、カゴを開けたら、彼、いなくなっちゃったのよ。隠れちゃって。

捜せないものだから、諦めて寝たんです。そしたらなんと! 朝起きたら、お風呂場に巣ができていた。ティッシュペーパーをたくさん集めて、自分で巣を作ったのよね(笑)。賢いのよ。

さすがにお風呂場がティッシュだらけだと困るから、巣を脱衣所に移動させて、くーちゃんと名付けて一緒に過ごしました。

このくーちゃんは、本当に可愛くてね。あるとき、朝方にシャキシャキという音がするなと思って目が覚めたんだけれど、私が起きたら遊んであげなきゃいけなくなるから、知らんふりしてたんです。

そうしたら、くーちゃん、一生懸命私の足の指の間にナッツを入れていた(笑)。私へのプレゼントだったんでしょうね。

あるときは、くーちゃんから、私と同じ匂いがしてびっくりしたこともありました。私の香水の匂いがするのよ。聞けば、あの子たちは、自分の体内で同じ香りをつくることができるんですって。

プレーリードッグというのは、オス一匹がハーレムを作る動物だから、自分のテリトリーにオスが入ってくるとすごく怒るんです。くーちゃんがコードをかじって洗濯機が動かなくなって電気屋さんを呼んだときなんか、それが男性だとわかると、飛びかかって指を嚙んじゃったこともあった。その人「ぎゃあ」ってなっちゃって、血がぽたぽたって出て……。もうごめんなさいごめんなさいって、謝り倒しました。打ち合わせにきた男性のカメラマンさんのことも嚙んで、やっぱり「ぎゃあ」ってなっていましたね。

女性のお客様には飛びかからないから、知能指数が高いのね。あんなに小さいのに、私のことをお嫁さんだと思っているんだと感じたわ。すごく可愛くて面白い子でした。

その後も猫を飼っていたのだけれど、あまりに可愛かったから、亡くなったときにペットロスになっちゃって。それで、動物を飼うのをやめていたんです。

でも、益子に移住してきたとき、友達になった奥さんから、飼ってあげないと捨てられてしまう猫を見せられたのね。そこからまたずっと猫のいる生活です。

長く飼っていたのはイワノフという子。なんとなく、ロシアっぽい顔をしていたのよ。でも、病院に行ったら、診察券に「いわのぶ」って書かれちゃっていたけれど(笑)。何も言えないから、結局、亡くなるまでそのままだったわね。

いま一緒にいるふくちゃんという猫は、エスパーみたいなんです。だから、E. T. ふくちゃんって呼んでいます。ふくちゃんは、自販機の下に捨てられていたんです。まだおっぱいをあげなきゃいけない時期だったから、ずっとミルクをあげて添い寝をして。

あの子たちはみんな、自由気ままに生きているのね。家の中だけで飼うのはかわいそうだから、いつも外に放しているんだけれど、夕方にはちゃんと帰ってきますよ。プライドが高いから、決して下に見ちゃいけない。それだけ意識していたら、ちゃんと私のことを守ってくれる存在です。

私にちょっと元気がないと、そばに寄ってきて離れない。手でとんとんやってくれる。この間なんか、私が泣いていたら、ふくちゃんが顔のところまでのぼってきて、涙をふいてくれたの。

イワノフもふくちゃんも、ちゃんと日本語がわかっていたわね。私が自分のことをやってくれないと感じたら、朝、ベッドまできて起こすんですよ。まだ寝たいというと、頭に手をのっけてガリガリやったりもするの。冗談がわかる子なんです。

よく、一人暮らしは寂しくないですか? と聞かれます。もちろん寂しく感じるときもあるけれど、でも、みなさんが想像するほど孤独じゃないのは、この子たちのおかげです。

関連キーワード

関連書籍

我妻マリ『明日はもっと面白くなるかもしれないじゃない?』

・断捨離は二度としないわ ・サンローランから学んだファッションの真髄 ・ジャケットを着ると気持ちも体のラインも引き締まる ・大切な服には手と声をかけてみて ・シャネルは80代になったら着てみたい ・とっておきこそ普段使いを ・三宅一生さんから教わったストールを美しくまとう方法 ・靴を磨くということは自分を磨くということ ・ユニクロも欠かせない ・アクセサリーは直感を信じて選べばいい ・ブライトカラーの服で肌を元気に見せる ・ときどき「見られる」感覚を呼び戻す ・自分が好き!と思った服は、服も味方になってくれる(位置)

{ この記事をシェアする }

明日はもっと面白くなるかもしれないじゃない?

我妻マリ。モデル歴50年。今もファッションの最前線に立ちながら、60歳を過ぎて田舎へひとり移住した彼女が語る「受け入れる、けれど諦めない」37の生き方。

バックナンバー

我妻マリ モデル

1967年、17歳でモデルデビュー。
広告、CF、ファッション誌、ショーモデルで活動。
19歳からオート・クチュールモデルとして10年間の経験を積む。
1977年にパリコレデビュー。イッセイ ミヤケ、ティエリー・ミュグレー、ジャン⁼ポール・ゴルチエ等、数々のデザイナーズブランドのショーにも出演し、日本人モデルがパリコレクションへ進出する礎を築いた。
現在はモデルとしての枠を超えて、画家、講師などユニークな才能を今も尚、発揮し続けており、圧倒的な存在感で、多くのファンに支持されている。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP