1. Home
  2. 生き方
  3. 明日はもっと面白くなるかもしれないじゃない?
  4. 嫌なことも、あとから振り返ったら「経験さ...

明日はもっと面白くなるかもしれないじゃない?

2020.07.13 更新 ツイート

嫌なことも、あとから振り返ったら「経験させてもらった」と思えるものね 我妻マリ

70歳を迎えた今も、現役で活躍し続けている伝説のモデル・我妻マリさん。
17歳でモデルデビューした後、サンローランのオート・クチュールモデルを10年間務め、パリコレへ進出。
イッセイ ミヤケ、ティエリー・ミュグレー、ジャン⁼ポール・ゴルチエなど数々のショーで活躍し、日本人モデルがパリコレクションへ進出する礎を築きました。
そして、60歳を過ぎて栃木県に移住。ファッションの最前線に立ち続ける一方、運転免許も取得し、女ひとり(+猫たち)で自然を謳歌して暮らしています。

本書『明日はもっと面白くなるかもしれないじゃない?』は、そんな我妻マリさんの初めての著書。50年以上のモデル歴で培った、おしゃれの真髄、体の慈しみかた、そして年齢を重ねることについて―。少しずつですがご紹介いたします。

田舎暮らしをするようになって、いろいろと経験させてもらいました。東京にいると味わえないような悲しい経験もしたし、嫌なこともありました。

その瞬間は「悔しい」とか「信じられない」とか、気が狂いそうなくらいなんだけれど、あとから振り返ると、やっぱりそれも、「経験をさせてもらった」のだなあと、最近感じるようになったの。それは私の成長にもつながっていると感じます。

ここで一番学んだことは、みんなそれぞれの「道」を持っているということ。その人の道に土足で足を踏み入れたら、ぶつかることもある。やっぱり人間だから、最初は自分と考えの違う人とはやり合っちゃうのよね。

でも、いろんな考えの人がいて、いろんな生き方がある。その人がその考えを持っている背景には、その人の生きてきた背景や育った環境や家族がある。

そういうことを想像できるようになったら、考えの違う人のことも、静かに受け入れられるようになった。

これはある種の諦めに近い部分もあるのだけれど、「相手が間違っているとか、こうあるべき、と思っても仕方ないんだ」と思えるようになったら、すっと自然に会話ができるようになってきたんです。よく言われることだけれど、変えることができるのは、自分だけです。

「何かおかしいな」というときは、相手や周りではなく、自分に問題があると考える。たとえば焦っていたり、物事を暗く考えていたり……。そうやって反省したら、また自分を立て直すところから始めるの。

なかなかうまくこの土地に馴染めないとき、東京に戻ろうかしらと思ったことが一度もなかったかというと、それは嘘になります。

でも、結局、そういうすれ違いはどこに行ったってあるものだと思うの。

たしかに、それまで暮らしてきた街のほうが、同じ考えを持っている人に会える可能性は高いかもしれない。でも、東京に行ったって、ニューヨークに行ったって、うまくいかない人は絶対いるのよ。「ああ、この人はこういう考え方をするのだな」と、理解して受け入れるしかない。

うまくいかないときは、流れに逆らわず、自然に身をまかせる。

自分と考えが違う人の声にも耳を傾ける。

こういうことは、全部、この数年で学んだことです。

60歳を過ぎてからも、こんなに学べるし、成長できるものなんだと思いました。

大変なことも嫌なことも、あとから振り返ったら「経験させてもらった」と感じられるようになる。そう気づいてからは、嫌なことも楽しめるようになった気がします。

関連書籍

我妻マリ『明日はもっと面白くなるかもしれないじゃない?』

・断捨離は二度としないわ ・サンローランから学んだファッションの真髄 ・ジャケットを着ると気持ちも体のラインも引き締まる ・大切な服には手と声をかけてみて ・シャネルは80代になったら着てみたい ・とっておきこそ普段使いを ・三宅一生さんから教わったストールを美しくまとう方法 ・靴を磨くということは自分を磨くということ ・ユニクロも欠かせない ・アクセサリーは直感を信じて選べばいい ・ブライトカラーの服で肌を元気に見せる ・ときどき「見られる」感覚を呼び戻す ・自分が好き!と思った服は、服も味方になってくれる(位置)

{ この記事をシェアする }

明日はもっと面白くなるかもしれないじゃない?

我妻マリ。モデル歴50年。今もファッションの最前線に立ちながら、60歳を過ぎて田舎へひとり移住した彼女が語る「受け入れる、けれど諦めない」37の生き方。

バックナンバー

我妻マリ モデル

1967年、17歳でモデルデビュー。
広告、CF、ファッション誌、ショーモデルで活動。
19歳からオート・クチュールモデルとして10年間の経験を積む。
1977年にパリコレデビュー。イッセイ ミヤケ、ティエリー・ミュグレー、ジャン⁼ポール・ゴルチエ等、数々のデザイナーズブランドのショーにも出演し、日本人モデルがパリコレクションへ進出する礎を築いた。
現在はモデルとしての枠を超えて、画家、講師などユニークな才能を今も尚、発揮し続けており、圧倒的な存在感で、多くのファンに支持されている。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP