1. Home
  2. 生き方
  3. 明日はもっと面白くなるかもしれないじゃない?
  4. 年齢を重ねて手離したものと手に入れたもの

明日はもっと面白くなるかもしれないじゃない?

2020.05.11 更新 ツイート

年齢を重ねて手離したものと手に入れたもの我妻マリ

70歳を迎えた今も、現役で活躍し続けている伝説のモデル・我妻マリさん。
17歳でモデルデビューした後、サンローランのオート・クチュールモデルを10年間務め、パリコレへ進出。
イッセイ ミヤケ、ティエリー・ミュグレー、ジャン⁼ポール・ゴルチエなど数々のショーで活躍し、日本人モデルがパリコレクションへ進出する礎を築きました。
そして、60歳を過ぎて栃木県に移住。ファッションの最前線に立ち続ける一方、運転免許も取得し、女ひとり(+猫たち)で自然を謳歌して暮らしています。

本書『明日はもっと面白くなるかもしれないじゃない?』は、そんな我妻マリさんの初めての著書。50年以上のモデル歴で培った、おしゃれの真髄、体の慈しみかた、そして年齢を重ねることについて―。少しずつですがご紹介いたします。

モデルの仕事を天職だと思ってきた私が、否応なく年齢と向き合わなくちゃいけなくなったときがありました。

あれは、40歳を目前にしたときのこと。

当時、私の周りにはその年齢までモデルをしている先輩はいなかった。美しい服を着こなすのは、若いからこそ務まる仕事だと思われていたし、実際、自分自身の体型も変化しているのに気づきはじめてね。

それまで、なんなく着こなせていた服のバランスが取れなくなったとき。あのときのショックったら、なかった。「こんなに好きな仕事なのに、もう、続けていけないんだろうか?」と思うと、途方にくれちゃって。

だけどそのとき、「もう私は歳だから」ってあきらめたら、その瞬間、ずるずると老け込んでしまうと思ったの。ここはいっちょ踏ん張りどころだと思ったわ。

体型が変わるのは仕方ない。顔の皮膚がたるむのも仕方ない。だったら、そんな自分をどうやって魅力的に見せるか。いまの自分をちゃんと受け入れて、それでも素敵でいるためには、どうすればいいかと考えるようになったの。

それからかしら。いままで以上に、背筋をしゃんと伸ばして歩こうと思ったり、いつでも笑顔でいようと思うようになったのは。大人だからこそ魅力的に見える仕草やポーズを研究するようになったのね。

たとえば、背中。

若いときは、どうしても顔や胸が大事だと思ってしまう。でも、大人になったら、背中が綺麗な人が美しいなあと気づいたの。

前はね、お化粧やアクセサリーで、いくらでもごまかせるでしょ。でも、背中はごまかしがきかない。だから背中には本当の美しさが出るなと感じます。

背中を綺麗に見せるためには、まずは、背筋をすっと伸ばして、あごを少し引く。そうすると誰だっていまより綺麗に見えるんです。一度その姿勢を作ったら、あとはリラックスして、ふっと肩の力を抜く。これで、ずいぶん変わるんです。

歩いているときも、座っているときも、ちょっとだけ背中に意識を払う気持ちでいると、それだけでだいぶ違うのよ。

いまなんて、私、バーにすごく素敵な男性がいたら、わざとその人に背中を向けるもの(笑)。そのほうがきっと、「素敵な女性がいるなあ」と思ってもらえるはずって。

そうやって研究をして、いまの自分を魅力的に見せる方法を考えるようになるのも、大人の女性の楽しさじゃないかなと最近思うんです。

関連キーワード

関連書籍

我妻マリ『明日はもっと面白くなるかもしれないじゃない?』

・断捨離は二度としないわ ・サンローランから学んだファッションの真髄 ・ジャケットを着ると気持ちも体のラインも引き締まる ・大切な服には手と声をかけてみて ・シャネルは80代になったら着てみたい ・とっておきこそ普段使いを ・三宅一生さんから教わったストールを美しくまとう方法 ・靴を磨くということは自分を磨くということ ・ユニクロも欠かせない ・アクセサリーは直感を信じて選べばいい ・ブライトカラーの服で肌を元気に見せる ・ときどき「見られる」感覚を呼び戻す ・自分が好き!と思った服は、服も味方になってくれる(位置)

{ この記事をシェアする }

明日はもっと面白くなるかもしれないじゃない?

我妻マリ。モデル歴50年。今もファッションの最前線に立ちながら、60歳を過ぎて田舎へひとり移住した彼女が語る「受け入れる、けれど諦めない」37の生き方。

バックナンバー

我妻マリ モデル

1967年、17歳でモデルデビュー。
広告、CF、ファッション誌、ショーモデルで活動。
19歳からオート・クチュールモデルとして10年間の経験を積む。
1977年にパリコレデビュー。イッセイ ミヤケ、ティエリー・ミュグレー、ジャン⁼ポール・ゴルチエ等、数々のデザイナーズブランドのショーにも出演し、日本人モデルがパリコレクションへ進出する礎を築いた。
現在はモデルとしての枠を超えて、画家、講師などユニークな才能を今も尚、発揮し続けており、圧倒的な存在感で、多くのファンに支持されている。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP