1. Home
  2. 生き方
  3. 明日はもっと面白くなるかもしれないじゃない?
  4. 「自分はこれ!」というベーシックアイテム...

明日はもっと面白くなるかもしれないじゃない?

2020.03.30 更新 ツイート

「自分はこれ!」というベーシックアイテムが決まれば、少しの服でも新鮮な感じになれる我妻マリ

70歳を迎えた今も、現役で活躍し続けている伝説のモデル・我妻マリさん。
17歳でモデルデビューした後、サンローランのオート・クチュールモデルを10年間務め、パリコレへ進出。
イッセイ ミヤケ、ティエリー・ミュグレー、ジャン⁼ポール・ゴルチエなど数々のショーで活躍し、日本人モデルがパリコレクションへ進出する礎を築きました。
そして、60歳を過ぎて栃木県に移住。ファッションの最前線に立ち続ける一方、運転免許も取得し、女ひとり(+猫たち)で自然を謳歌して暮らしています。

本書『明日はもっと面白くなるかもしれないじゃない?』は、そんな我妻マリさんの初めての著書。50年以上のモデル歴で培った、おしゃれの真髄、体の慈しみかた、そして年齢を重ねることについて―。少しずつですがご紹介いたします。

お金をかけて一着選ぶとしたら、ジャケット

いいものを少しだけ。そうは言っても、何に投資すればいいか、最初は私もわからなかった。いろいろ試行錯誤して失敗もして、少しずつ学んできました。もしいまお金をかけて大切な一着を選ぶとしたら、私ならジャケットかなあと思います。

いいジャケットを着ると、きゅっと袖が体に食い込むような感覚があるのね。それが快感なんです。姿勢もよくなるし、あごもきゅっと引けるし、体型が変わる。前ボタンを留めた瞬間、背筋に芯が通る感覚がある。

私はいま、田舎暮らしをしているのだけれど、田舎でジャケットを着ていると浮いちゃうから、ついラフでイージーなニットやスウェットを着てしまいがち。もちろん、イージーな服も嫌いではないけれど、ずっとらくちんな服ばかり着続けていると、だんだん体型もイージーになってくると感じるんです。だから、できれば週に1回、難しかったら月に1回でもいいから、ジャケットを着るようにしています。そうすると、体も気持ちもしゃんとするのね。

ジャケットは、ブランドによって型が全然違うから、最初の一着を選ぶときは、一流のブランドのジャケットをいっぱい着て試してみるのがいいと思います。

「試着だけでお店に入っていいのかしら」と思うかもしれないけれど、私は、構わず入っちゃう。「ちょっとジャケットを見せてくださる?」と聞いて、どんどん試着してみるの。

自分にどこのブランドのジャケットが一番フィットするか。こればかりは、数を着てみないとわからないんですよね。でも、何着も何着も袖を通していたら、自分の体にフィットしたとき、「これだ!」と、ビビッとくる。その感覚に従うようにしています。

最初の一着は肩の線が綺麗に出るものを選ぶといいと思います。肩の位置をぴたっと合わせたいから、素材は張りがあるものがいい。ニットやジャージー素材のジャケットは、2着目以降でいいと思います。

イタリアとフランスの服作りの違い

私の場合、イタリーブランドよりもフランスのジャケットが合うみたい。イタリーブランドのジャケットって、イタリア人の背格好に合うように作られていると感じます。イタリアは世襲制が多いし、幼少期からファッションの道に進む人たちはそのような教育を受けるのね。だから、ずっと伝統が保たれる。

一方で、フランスのブランドは、いろんな国のデザイナーの血が入っているから、面白いものが多いし、いろんなパターンがあると感じます。私自身はフランスのブランドの服のほうが、相性がいいものが多い。日本人のブランドも好きで、コム・デ・ギャルソンや、ケイカガミのジャケットはときどき買います。

お気に入りのブランドでも、デザイナーが変わると急に型が変わるし、着心地も全然違うから、やっぱり毎回袖を通して確かめないとダメだなあと思います。

デザイナーが変わったときに、今度はどんな服を作ってくれたのかしら? と袖を通してみるのも、私にとってはファッションの楽しみのひとつ。

女性のデザイナーの服を着ると優しい気持ちになることが多いし、カチッとしたジャケットは男性デザイナーが上手だわと感じたりするのも楽しいもの。

そんなふうに丁寧に選んだジャケットを着てみて、もし「いい買い物をした!」と思ったら、少しずつ、いい服を増やしていくのも楽しいかも。

ジャケットの次はコートかしら。飽きのこないデザインのものを持っていると、何十年も着られます。私自身も、40代の頃に買ったケイカガミのコートをいまでも着ています。

あとは、オーソドックスなアイテム。プレーンなニットとか、シャツとか。

私の場合、黒のタートルネックがラッキーアイテムなので、これはカシミアのいいものを買うようにしています。歳をとると、肌が敏感になるから、少しでもチクチクした感じがあると1時間と着ていられないのよね。だから、選ぶときは慎重になります。

こういう「自分にはこれ!」と言えるようなベーシックな服があれば、あとはストールの色を変えるとか、ちょっと違うアクセサリーを身につけると、いつも新しい感じを作れるから、結果的に多くの服を持たなくてもいいなと思えます。

関連キーワード

関連書籍

我妻マリ『明日はもっと面白くなるかもしれないじゃない?』

・断捨離は二度としないわ ・サンローランから学んだファッションの真髄 ・ジャケットを着ると気持ちも体のラインも引き締まる ・大切な服には手と声をかけてみて ・シャネルは80代になったら着てみたい ・とっておきこそ普段使いを ・三宅一生さんから教わったストールを美しくまとう方法 ・靴を磨くということは自分を磨くということ ・ユニクロも欠かせない ・アクセサリーは直感を信じて選べばいい ・ブライトカラーの服で肌を元気に見せる ・ときどき「見られる」感覚を呼び戻す ・自分が好き!と思った服は、服も味方になってくれる(位置)

{ この記事をシェアする }

明日はもっと面白くなるかもしれないじゃない?

我妻マリ。モデル歴50年。今もファッションの最前線に立ちながら、60歳を過ぎて田舎へひとり移住した彼女が語る「受け入れる、けれど諦めない」37の生き方。

バックナンバー

我妻マリ モデル

1967年、17歳でモデルデビュー。
広告、CF、ファッション誌、ショーモデルで活動。
19歳からオート・クチュールモデルとして10年間の経験を積む。
1977年にパリコレデビュー。イッセイ ミヤケ、ティエリー・ミュグレー、ジャン⁼ポール・ゴルチエ等、数々のデザイナーズブランドのショーにも出演し、日本人モデルがパリコレクションへ進出する礎を築いた。
現在はモデルとしての枠を超えて、画家、講師などユニークな才能を今も尚、発揮し続けており、圧倒的な存在感で、多くのファンに支持されている。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP