1. Home
  2. 暮らし術
  3. ご縁の法則
  4. 関連づけという呪い

ご縁の法則

2019.04.15 更新

関連づけという呪い真木あかり

(写真:iStock.com/metamorworks)

あなたには「繰り返し訪れる恋のパターン」というものはありますでしょうか。占いのご依頼で非常に多いのが「私はいつもこういうパターンなんです。そういう星の下に生まれついているのでしょうか」というご質問。「事実は小説よりも奇なり」という言葉があるように、偶然にしてはできすぎている事柄というものは、人生においてたびたび起こることです。ただ、生まれ持った星から鑑定してみると多くの場合が、運命のクセは特にないことがほとんどです。

「いつも同じパターンを繰り返す」の不思議

心理学でも明らかになっている通り、人間は一定のことが繰り返されるとそれらを関連付けてパターン化することがよくあります。それによって物事を理解したり、状況にすぐ適応できるようにしたり、といったことが可能になります。ただ、恋愛や仕事における対人関係で「自分はいつもこうだ」と関連づけるのはお勧めしません。本当は望んでいないその状況を「いつも」「こうだ」と強く関連づけることで、また同じ状況を招いてしまいやすくなるからです。
 

・どこにいっても上司とぶつかる

・いつも結婚願望のない人ばかりと付き合ってしまう

・恋をしても不倫ばかり

・モラハラをする人にばかり好かれる

・自分から好きになった人には好かれない

・いつも振られてばかり


 といった悩みに苦しんでいる人はとても多く、占いで鑑定してほしいと言われもしますが、9割の人は星の影響などまったく関係ありません。むしろ、頑張りやさんだったり真面目だったり、素敵な特性をお持ちである方ばかりなのです。

関連づけによって、自分を呪いにかけないように

もちろん、ショックな状況が続けば「ああ、またか」と落胆して当たり前ですし、次もそうかもしれないと不安になるのも仕方ありません。ただ、「そういう星の下に生まれついているのだろうか」と考えてしまうことは、解決策を見つけるチャンスを潰しているようなもの。自分では抗いがたいものと考えれば、人は解決を諦めてしまいます。そして「自分はそうなんだ」と思うことは、その状態を見つめ続ける、願い続けることと同じなのです。たとえ、それがどんなに嫌なことであっても。

そんな呪いを、自分にわざわざかけることは、しないほうが良いです。

ただし「偶然で考えれば起こりえないことの連続」が、人生においてときどき起こることは事実です。そういうときは、パターン化して考えることも必要であるとは思います。ただ、そのときは「改善」の意志を持って、具体的にアクションを考えることをセットでやるべきと私は考えています。

「自分はいつもこうだ」の呪いから抜け出すには

どうしても「私はいつもこうだ」という発想から抜けられないときはどうするか。やはり自分で壊すか、抜け出すかしかありません。誰かがパターンを壊して幸せにしてくれたら、といった思いはいったん、オフにしたほうが良いでしょう。本当の意味で壊せるのは、自分しかいないからです。そして自分で壊してこそ、次に手にする現実は自分にぴったりのものにしやすくなるんですね。

壊す、抜け出す方法はいろいろあります。「今まではこうだった。でも、次は違うことが起きていい」と思っておくこと。「この経験はもう充分味わったから、いらない」と決めること。本当に全部が全部“こう”なのかを洗い出し、“こう”でないパターンがあるならそちらに目を向ける、などです。過度なパターン化を、徹底的に防ぐのです。

 パターン化を逆手に取るというやり方もあります。つまり「いつもこうだ」の“いつも”を「これからは」に、“こう”を、自分が望むものに置き換えてさまざまな想像を広げてみるということです。意識してパターンを「作る」ということですね。「自分はいつもこうだ」とネガティブな関連づけをして嫌な思いをたくさんされてきた方ほど、関連づけの威力は身にしみて感じておられるはず。それをまるっと利用しちゃいましょう。たとえば、
 

・(これからは)上司とうまくやっていく

・(これからは)結婚願望のある人とご縁ができる

・(これからは)恋をしたらみんなシングル

・(これからは)優しい人にばかり好かれる

・(これからは)好きになった人に好かれていい


という感じでしょうか。

どれが向いているかは、そのときどきの気持ちやものの考え方によって変わります。過度な関連付けを壊せればなんでもOK。現状にとらわれず、片っ端から試してみましょう。連鎖を断ち切ることさえできれば、良いご縁が入ってきやすくなりますよ。

*   *   *

「自分はいつもこうだ」は、9割の人は星の影響などまったく関係がないと書きました。では、残り1割は……? と気になった方も多いでしょう。実は、いつも同じ選択をされる方がここに当てはまります。ギリギリで物事を進める、いつも遅刻する、余計なひと言を言ってしまう……などなど。その場合は、星回りが意味する性格が原因である場合が多いです。ただ、これも「星のせい」と思ってしまうことなく、具体的な対策、「しない」という対策を取っていけるといいですね。私も毎月「いつも〆切がギリギリ」という自分に勝ったり負けたりしています。いや「ギリギリに書かない」という対策を取れば良いのですが……。

関連キーワード

関連書籍

真木あかり『2019年上半期 12星座別あなたの運勢』

「私のことを書いてるの?」と驚きの声多数、ウェブや女性誌で大注目の占い師、真木あかりさんによる、2019年上半期星占い。 恋愛・結婚・仕事などさまざまなシーンで、あなたのいい「ご縁」が繋がっていくための具体的なヒントが満載です。 2019年上半期の総合的な星回りと月々の傾向、また恋愛運・仕事運の月ごと(1月~6月)の運勢をお読みいただけます。

{ この記事をシェアする }

コメント

しましまとあの子。  RT @otoan_u: 「人間は一定のことが繰り返されるとそれらを関連付けてパターン化することがよくあります。」 って、心理学を学んだ占い師だからこその視点がすげーいい。すげーいいと思いませんか? --> 関連づけという呪い|ご縁の法則|真木あかり - 幻冬舎plus htt… 8日前 replyretweetfavorite

MNabeeee  RT @makiakari: 幻冬舎のコラムも更新されました!→ 関連づけという呪い|ご縁の法則|真木あかり - 幻冬舎plus https://t.co/hyaBPJnluC 8日前 replyretweetfavorite

ご縁の法則

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP