1. Home
  2. 社会・教養
  3. トランプ時代の地政学
  4. トランプ大統領、最強の「敵」は金正恩委員...

トランプ時代の地政学

2019.03.08 更新

トランプ大統領、最強の「敵」は金正恩委員長でなく身内だった杉本宏

(写真:ホワイトハウスのツイッターより)

2月27・28日に行われた2回目の米朝首脳会談。事実上の決裂に終わった理由をめぐり、「トランプ流」を批判する分析が多く出回っているが、それらは当たっているのか? 本当に何も成果はなかったのだろうか?

*  *  *

世界中の注目を集めた2回目の米朝首脳会談は、非核化をめぐって折り合えず、目に見える成果なく終わった。事実上の決裂と言っていいだろう。

なぜ、「取引(ディール)の達人」と自賛するトランプ大統領は、「信頼できる友人」の金正恩委員長との溝を埋めることができなかったのか。合意文書案まで用意されていたのに、手ぶらで帰国の途につかなければならなかった本当の理由は何か?

事務方による協議の積み上げを軽視し、首脳間の信頼関係に過度に依存する稚拙なトップ外交、アドバイザーや専門家の意見に耳を貸さない政権運営、強烈なエゴと自身の交渉力への過信……。

会談が終わった途端、こうした「トランプ流」がアダになったという解説が、日米の主要メディアでまことしやかに流れ始めた。発信源は、ワシントンで外交・安保のプロを自任するシンクタンクの専門家と、歴代政権の元幹部、新聞などの論説委員ら。俗に「外交エスタブリッシュメント」と呼ばれる非公式ネットワークを形成している専門家達だ。

はっきり言って、彼らの解説には違和感を覚える。

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP