1. Home
  2. 社会・教養
  3. オオカミ少女に気をつけろ! ~欲望と世論とフェイクニュース
  4. トランプ大統領が“救世主”ーーQAnon...

オオカミ少女に気をつけろ! ~欲望と世論とフェイクニュース

2018.10.26 更新 ツイート

トランプ大統領が“救世主”ーーQAnonの煽動ビデオにみる新型・陰謀論のキケンな香り泉美木蘭

「秘密結社イルミナティが国民の家畜化を行っている」とか「フリーメイソンが地球の人口削減のために疫病や人工地震を引き起こしている」とか、これまで数々の陰謀論を耳にしてきた。そのほとんどは権力者や富裕層を巨悪の根源と見なすものだったが、現代では、逆に権力と結びつき、擁護するための陰謀論がトレンドらしい。

 

「QAnonとは何か?」フロリダ州でのトランプ大統領の支持イベントに参加した「Q」の信者と、その陰謀論を報じるニューヨークタイムズの記事(2018年8月1日)

観る人たちの生活の不安と不満をかきたてる煽動ビデオ

 アメリカには、トランプ大統領を「反体制の闘士」「救世主」と崇めたて、超誇大妄想化した陰謀論をネット上にばらまく「QAnon(キューアノン)」と呼ばれる匿名投稿者らと、その投稿を信じ込んで支持する人々が、いま波紋を呼んでいる。

「自分は政府の内部情報を知っている、トランプ大統領とともにアメリカを牛耳る闇の組織を追放するために活動している」と自称する「Q」なる人物が、日本でいう『5ちゃんねる』に相当する匿名掲示板サイト『4chan』『8chan』に登場し、トランプに批判的な議員や著名人などを誹謗中傷する陰謀論を投稿。これが増殖して、現在は荒唐無稽な世界観を映像化したトランプ支持者向けの扇動ビデオまで登場し、その「信者」は集会に出ておそろいのTシャツやプラカードを掲げてアピールしたり、既存メディアを敵とみなして罵声を浴びせ、中継を妨害するなどしているという。

 QAnonの基本的な主張はこうだ。

「世界は、大企業や超富裕層と癒着した一部のエリートらによる秘密結社が支配する闇政府『ディープ・ステート』に掌握されており、バラク・オバマ、ヒラリー・クリントンらもそこから輩出された悪の存在である。罪なき米国民は、ディープ・ステートが巻き起こす厄災に晒されてきたが、トランプ大統領はその魔の手から人々を救うために立ち上がった救世主なのだ!」

 QAnonによるビデオは、CGを駆使したまるでハリウッド映画の予告編のような作りだ。ドラマチックなBGMを背景に、印象的な映像がつながれ、心の底に潜在的な不安や不満を抱えた人々に対して共感を呼びかけ、訴えかけるような陰謀シナリオが語られていく。

 

QAnonによるビデオ「The Plan To Save The World」より

 

 《なぜボクたちは戦争に行ったり、借金地獄に陥ったりしなければならないのか? なぜ貧困地区や犯罪地区が存在するのか? それは、資本主義による格差が起こす問題だとか、はたまた共産主義が諸悪の根源だとか教わってきた。でもそれは違ったんだ。争ったり差別したりするのは、人間の本質なんかじゃない。ボクたちはただ生きていくだけで精一杯の世界にいる。この世界の裏側は、ずっと「犯罪者」に牛耳られていたんだ! 》

 

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

オオカミ少女に気をつけろ! ~欲望と世論とフェイクニュース

嘘、デマ、フェイク、陰謀論、巧妙なステマに情報規制……。混乱と不自由さが増すネット界に、泉美木蘭がバンザイ突撃。右往左往しながら“ほんとうらしきもの”を探す真っ向ルポ。

バックナンバー

泉美木蘭

昭和52年三重県生まれ、作家、ライター。日々、愛しさと切なさと後ろめたさに苛まれている不道徳者。社交的と思わせて人見知り。日頃はシャッターをおろして新聞受けから世間を覗いている。趣味は合気道、ラテンDJ、三浦大知。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP