1. Home
  2. 社会・教養
  3. 笑えて、泣けて、するする頭に入る!超現代語訳 幕末物語
  4. 西郷隆盛、二度の自殺未遂。吉田松陰は死刑...

笑えて、泣けて、するする頭に入る!超現代語訳 幕末物語

2018.08.03 更新 ツイート

エピソード5

西郷隆盛、二度の自殺未遂。吉田松陰は死刑――。ヒーローたちは、何に命を捧げたの?「安政の大獄」ひどすぎる。房野史典〔ブロードキャスト!!〕

悪名高き「井伊直弼」が登場して、ついにおなじみの恐怖の大王が降りてきた!その名も「安政の大獄」!!
このころの空気は冷え冷えとしていたでしょう。
だって、とっても怖いもの!!
かたっぱしから反対派を処刑しちゃうなんて。
あのカリスマ吉田松陰も死刑になっちゃう。
一方、ヒーローの代名詞・西郷隆盛は、二度も自殺未遂。いったいどうしてよ?!

幕末は、面白いんだけど、不条理も悲劇もいっぱい!
だからこそ、読ませます。
この連載が一冊にまとまった『笑えて、泣けて、するする頭に入る 超現代語訳 幕末物語』は、8月24日に発売です!

*   *   *

降りそそぐ罰の終わりには、愛しき人へのメッセージ

 幕末エピソード5でございます。
 そして、まずは前回のおさらいでございます。

 尊王攘夷の人たち、条約にはんたーい!
   ↓
 堀田さん、朝廷に許可求める。朝廷「え、ムリ」
   ↓
 将軍の跡継ぎ問題も起こっちゃう。
   ↓
 慶喜くん(一橋派) VS 慶福ちゃん(南紀派)
   ↓
 「南紀派」の勝ち!
   ↓
 井伊直弼、大老になって、次の将軍は慶福ちゃんに決定!
   ↓
 大老パワーで、朝廷の許可ナシに条約GO!

 とうとう、ニーベーシューツージョークー(日米修好通商条約。略したらお経みたいになった)を結んだ日本。
 待っていたのは……

オランダ「どぉーも……。聞いたとこによると、アメリカといい感じになったんだってー?」
日本「ど、どうしたんですか……いつものオランダさんじゃな……。は! まさかあなたも!」
オランダ「そのとーりだよ!」
日本「きゃっ!」

 日蘭修好通商条約締結。

ロシア・イギリス・フランス「オレたちもだよ!!!」
日本「きゃーーーーー!!」

 日露、日英、日仏、修好通商条約締結。
「これデジャブ?」というような出来事がおこり、『むすんでひらいて 幕末ver. vol.2』を歌い上げます(こちら、《安政の五カ国条約》って言うんで、暇な時にでもつぶやいてみてください)。

 富・名声・力。幕府の全てを手に入れた男、"大老"井伊直弼。
 彼の放った一言は、人々を海へ駆り立てた。

井伊直弼「条約か? 結びたきゃ結んでやる。開け! 開国に必要な勅許は置いてきた」

 世はまさに、大開国時代!

尊王攘夷派「やかましいわ! 気取ってんじゃねーぞクソハゲ! 何が『開国に必要な勅許は置いてきた』だ! 勅許がねー条約なんて認めてねーわバカタレが!!」

 大開国時代急ブレーキ。
 スゲー勢いで反対されます。
 前回お伝えした通り、「天皇の許可がない条約」による、いわくつきの国開きは、尊攘派の逆鱗に触れます。
 もー日本全国「井伊ふざけんな!」の遠吠え大合唱。
 かつてのライバル「一橋派」のブチギレも止まりません。

一橋慶喜「勅許ナシで条約結ぶってどういうことだ!」
徳川斉昭「次の将軍、慶福ちゃんにしてんじゃねーよ!」
松平春嶽「バグってんじゃねーぞ、タコスケ!」

 井伊さんの行動に怒り大爆発の3人は、かわるがわる江戸城に押しかけ、飛びかかる勢いで大抗議。
 それに対し井伊さん、意外にも真摯な態度で神対応。
 ですが、後日……。

井伊「江戸城に上がるのは、各々に決められた日がある。にも関わらず、あんたらは"それ以外の日"に来た……これ、ルール違反だ。はい、3人は隠居、または謹慎ね」
斉昭・春嶽「なにーーーー!!!?」

 隠れてた悪魔出現します。
 でも、ここで一言物申したいのが慶喜くん。

慶喜「ちょっと待て! オレは決められた日に江戸城行ったろ! なんで処罰されんだ!?」
井伊「…………とにかく謹慎です」
慶喜「だから理由言えや!!」

 慶喜くんの疑問は謎のまま。飛びかかってきた3人とも、まとめて一本背負いされたのでした。
 ギャーギャー騒ぐ敵をなぎ倒し、フフフン♪の井伊さん。
 ただ、
 波乱の幕開け、
 ここからなんです。
 開演5分前を知らせる1ベルは
 《戊午(ぼんご)の密勅(みっちょく)》
 によって鳴らされます(なんだそれは?)。
 "戊午"っていうのは、この年の干支。
 "密勅"は、天皇がヒミツに下した命令。
 ドッキングすると、
 《この年に出された、天皇からの秘密の命令》。
 そこには何が書かれていたかというと、
 ・勅許なしで、なんで条約結んだ? どういうことか説明しろ!
 ・国の一大事なんだから、幕府や御三家や譜代や外様、みーんなで会議しろ! 攘夷もしろよ! 歯磨けよ!(歯磨けよは書いてないです)
 この命令を受け取る相手は、もちろん幕府なんですが……。

井伊「『みーんなで会議しろ!』って書いてんじゃん……幕府だけでやってきた政治に他の藩混ぜたら、幕府の権力なくなるわ! まぁいい……天皇の命令を受け取るのは幕府だけだ。このことはくれぐれも他の藩には内密……」
井伊の部下「水戸藩にも《戌午の密勅》届いてるそうです」
井伊「え、うっそ!?」
井伊の部下「しかも水戸藩の密勅には、『この内容を、他の藩にも見せること!』ってP. S.がついてるみたいっす」
井伊「絶対ダメーーー!!」

 この絶叫が、開演を告げる本ベルとなり、波乱たっぷりの公演がスタート。
 これ、現代の会社で言うならば、

会長「おい社長! 外資系の会社と業務提携したらしいな。勝手なことすんな! 今回の件はお前だけじゃ頼りになんねーから、部長の水戸くんにも個別で指示出したからな!」
社長「会長から部下に直接!? そ、そんなことしたら私の立場が!!」

 に、近い事態ですわね。
 井伊直弼、「幕府をバカにするな……」とプルプル震えます。
 おこ、です。
 さらに、激おこ直弼丸の怒りは膨れ上がります。

情報通「ゴニョゴニョ……ゴニョゴニョ」
井伊「なに……? 今回の密勅、水戸藩と一部の公家がグルになって、裏から手を回しただと…。水戸のヤツらが『密勅出してくれ』とお願いしたというのか……(プルプル)。で、公家と水戸藩をつなげたのは、条約に反対する志士たちってか? ハッハッハッハッ……潰す! 密勅に関わったヤツら潰す! 尊王攘夷派も、幕府を改革しようとする《一橋派》も全員潰す! 焼いて、つぶして、粉にして、スプーン一杯なめてやる!」

 激おこなんちゃらかんちゃらプンプンなんちゃらなんちゃらです。
 その結果、

井伊「あんたは隠居! お前は謹慎! テメーは永久に謹慎! 貴様に関しては……切腹だーーーー!!」

 激情に駆られたプンプン丸さんは、処罰の嵐をおこして、全てを壊すの。
 慶喜くん、堀田さん、四賢侯のみなさん(島津斉彬を除く)は、隠居や謹慎。
 ジョーイおじさんや、岩ちゃんは、永久に自宅謹慎。
 一橋派の橋本左内や、密勅に深く関わったとされる水戸藩の何人かは、まさかの切腹や死罪。
 身分、職業問わず、処罰したその数なんと
 100人以上。
 そうです、これが、主演・井伊直弼による大弾圧オペラ
 安政の大獄(あんせいのたいごく)
 という演目です(芝居じゃなくリアルね)。
 誰も望んでないのに、主演の熱だけでロングランになった幕末の大迷惑公演。
 だがしかし、このダークネス歌劇にストップをかける、薩摩在住のディーバが現れるんです(女性じゃないけど)。

島津斉彬「井伊直弼……ぶっ潰す!」

 井伊さんのやり口に怒り心頭したトップオブ四賢侯、
 島津斉彬さん、その人です。
 井伊の暴走を止めることを決意した斉彬さん。
 だが、生半可なやり方じゃダメだ……。
 そう判断した薩摩の名君・斉彬は、とんでもないことを口走るんです。

斉彬「これから兵を引き連れて、京都に行くぞ! 朝廷に行って、『幕府を改革していいよ』という勅許(天皇の許可)をもらう!」
斉彬の家臣「幕府を改革!?」
斉彬「その勅許で、井伊のバカタレとアホ幕府に、『やり方変えろ!』と迫る! 軍隊もチラつかせて脅す!」
斉彬の家臣「脅す!? それってつまり……」
斉彬「そうです、クーデターです!!」
斉彬の家臣「でたーーーーー!!」
斉彬「西郷!」
西郷隆盛「朝廷に行って、勅許をもらう下準備をしてきます!」
斉彬「お前、心読めるのか!? だいすきだ!」

 斉彬さんは、兵力とブランド力のWパンチで、幕府を改革しようとする、
 率兵上京(そっぺいじょうきょう)計画
 ってやつを立てるんです(兵を率いて京都行くってことね。昔は京都に行くことが"上京"だよ)。
 許可もなしに、軍隊連れて京都に行くなんて、平和な江戸時代にはありえねー行動ですが、もうこれしかない。
 斉彬さんはソッコーで大軍勢召集。
 準備が着々と進む中、兵の訓練を見る斉彬。
 そして、フニャリともらします。

斉彬「ふぅー、なんだか熱っぽいなぁ……」

 で、
 死にます。

斉彬の家臣たち「…………えええぇぇーーーーーーー!!」

「えーーー!!」なんです。
 斉彬さん、なんと突然の発熱から数日後……お亡くなりになるんです(急すぎて、暗殺説もあるよ)。
 青天の霹靂以外の何物でもない。
 もちろん、率兵上京計画も中止。
 それと……ずっと、「斉彬さんは安政の大獄を止めようとした」みたいなニュアンスで語ってきましたが、実はこの人が亡くなったのは……安政の大獄が本格化する前。
 井伊直弼が暴走する初期段階で動いて、初期段階でいなくなっちゃったんです……。
 もしかすると、斉彬さんが生きていたら、安政の大獄はなかった……かもしれません。
 多くの人が悲しみに暮れる中、京都で頑張っているあの人にも……。

西郷「うそだーーーーー!!」

 バカでかい鉄球が音速でぶつかったくらいの衝撃をもたらします。
 心から尊敬する斉彬さんが……もうこの世にいない……。
 失意のドン底にたたき落とされた西郷さんは、一言つぶやきます。

西郷「…………オワタ」

 で、自殺します。
 悲しみ西郷、斉彬さんの後を追うんです。
 しかし、そこにストップをかけたのが、同じ一橋派として頑張った、月照(げっしょう)というお坊さんでした。

月照「自分の後を追うことを、斉彬さんが褒めてくれると思いますか? この世であの人がやり残したことを叶えた方が、斉彬さんは喜んでくれるんじゃないでしょうか」
西郷「……ぅ……ぐ………ほむっ!」
月照「ん?……これはなに、踏みとどまったのか?」

 西郷さんは、斉彬さんの意思を受け継ぐことを決めます(こんなやりとりじゃないですが、月照さんが西郷さんの自殺を止めたらしいよ)。
 そんな西郷さんの元に、
 木枯らしをまといながら、
 おなじみの"あいつ"が近づいてきます。

「「どーもぉー! 安政の大獄です」
(写真:iStocke/vgenyatamanenko)

安政の大獄「どーもぉー! 安政の大獄です!! 私が始まりました!!」
西郷「ヤバい!! 捕まると処罰される! 月照さん、逃げましょう!」
月照「この私をどこまでも連れ去って!」
西郷「そういうのいらないです!」

 安政の大獄から逃れるため、西郷&月照は、薩摩に向かいます。

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

関連キーワード

関連書籍

房野史典『笑って泣いてドラマチックに学ぶ 超現代語訳 戦国時代』

{ この記事をシェアする }

笑えて、泣けて、するする頭に入る!超現代語訳 幕末物語

歴史大好き芸人・ブロードキャスト!!の房野史典さんの初めての本『笑って泣いてドラマチックに学ぶ 超現代語訳 戦国時代』は、面白すぎてヤバイ!ととても話題になりました。発売になると、有名な歴史の先生方も「こんなに面白く読ませるなんて!」と大絶賛でした。
その房野さんが、今回「幕末」を面白く書いた!
幕末は、戦国時代以上に、日本中で”怒涛の人間ドラマ”だらけ。その分、ややこしくもあるのですが、房野さんに任せれば、とても楽しい面白読み物に!

バックナンバー

房野史典〔ブロードキャスト!!〕

1980年岡山県生まれ。名古屋学院大学卒業。お笑いコンビ「ブロードキャスト!!」のツッコミ担当。 無類の戦国武将好きで、歴史好き芸人ユニット「ロクモンジャー」を結成し、歴史活動にも意欲的。 子供たちに歴史の面白さを教える授業も好評。初の著書『笑って泣いてドラマチックに学ぶ 超現代語訳 戦国時代』で、ブレイク! 戦国に始まり、『笑えて、泣けて、するする頭に入る 超現代語訳 幕末物語』『時空を超えて面白い! 戦国武将の超絶カッコいい話』など著書あり。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP