1. Home
  2. 社会・教養
  3. 笑えて、泣けて、するする頭に入る!超現代語訳 幕末物語
  4. 今年は幕末150周年。幕府はこうして滅び...

笑えて、泣けて、するする頭に入る!超現代語訳 幕末物語

2018.08.23 更新 ツイート

幕末エピソード15

今年は幕末150周年。幕府はこうして滅び、新政府がスタートしたのです。(西郷どんのコワイ発言にもご注目)房野史典〔ブロードキャスト!!〕

今年は幕末150周年ですが、
幕府はこうして滅び、新政府がスタートしたのですね。
龍馬は暗殺されちゃうし、西郷どんはイメージと違ってわりと怖いところもあるし、ごちゃごちゃだらけだけど、
でも、『超現代語訳 幕末物語』では、房野さんがめちゃくちゃわかりやすく説明します!

 翼は折られ、もがれ、引き千切られる

 幕末エピソード15!
 おさらい!

 龍馬襲われる。《寺田屋事件》
   ↓
 幕府、トラブってんのに長州攻める。負ける。《第二次長州征討》。
   ↓
 慶喜くん、15代将軍シューニン。
   ↓
 高杉晋作、お亡くなりに……。
   ↓
 《四侯会議》失敗で、薩摩は倒幕を決意。
   ↓
 薩摩と土佐が《薩土密約》を結ぶ。
   ↓
 龍馬と後藤《船中八策》からの《大政奉還》目指す。

 《大政奉還》を実現させるため、龍馬と後藤は走り始めます。
 とりあえず、この計画で一番最悪なパターンは、《大政奉還》する前に、幕府が倒幕派によってぶっ倒されること。
 そうです。
 薩摩を説得しなきゃなんです。
 後藤たち土佐メンは、龍馬の仲介(おそらく!)で薩摩と話し合います。

後藤「今幕府を討とうとすれば、日本国内で戦いが起きて、これはチャンスだと外国が攻めてくる! 武力で幕府を倒すのは待ってください! 我々が考える大政奉還を認めて、協力してください!」
西郷・大久保・小松「いいよー」

 意外にもすんなりオッケー。で、
 薩土盟約(さつどめいやく)
 ってのを結びます(これは、藩と藩との正式なお約束)。そこで、
「慶喜には将軍やめてもらって、“一大名”になってもらおう!」とか、
「公卿から庶民にいたるまで、選挙で議員選ぼ!」みたいな約束事を決めるんです。

後藤「わかってくれて嬉しいです! とりあえず容堂さんに大政奉還について説明するため、土佐帰りますね(あのヤロー京都呼び出したくせに土佐戻ってっから!)。“10日後”にまた京都戻ってきます。で、大政奉還やるときのアクシデントに備えて、土佐から“兵を連れて”きます!」

 後藤は“10日後”に、“兵を連れて”戻ってくると、薩摩に約束します。
 でも変じゃありません?
 薩摩は幕府を倒すんじゃないの?
 なんで平和な大政奉還を受け入れるの?
 僕らと同じ疑問を感じた長州も、薩摩にたずねました。

長州「ちょっと薩摩さん! 大政奉還に乗っかったらしいじゃん! もうなに? 平和的にいく感じ!?」
大久保「大丈夫。武力を使って幕府倒します」
長州「だったらなんで……!」
西郷「慶喜が、政権をすんなり朝廷に返すわけがない」
長州「!」
西郷「慶喜が大政奉還を拒否ったときがチャンス。『なら仕方ない。もう幕府を倒すしかない』と、倒幕の正当な理由ができる。そうなれば、さすがに土佐も倒幕に協力するでしょう」
長州「……ブラボー」

 薩摩、やっぱりバリバリの武力倒幕路線でした。

薩摩、やっぱりバリバリの武力倒幕路線でした。
(写真:iStock/michalab)

「やってみりゃいいじゃん。どうせ失敗するよ」って考えのもと、土佐のやり方を受け入れたんです(諸説ありっす)。
 そうとは知らない土佐の後藤さん。とにかくこの大イベントを成功させるため、まず容堂さん(土佐の殿)に大政奉還のことを説明。

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

関連キーワード

関連書籍

房野史典『笑って泣いてドラマチックに学ぶ 超現代語訳 戦国時代』

{ この記事をシェアする }

笑えて、泣けて、するする頭に入る!超現代語訳 幕末物語

歴史大好き芸人・ブロードキャスト!!の房野史典さんの初めての本『笑って泣いてドラマチックに学ぶ 超現代語訳 戦国時代』は、面白すぎてヤバイ!ととても話題になりました。発売になると、有名な歴史の先生方も「こんなに面白く読ませるなんて!」と大絶賛でした。
その房野さんが、今回「幕末」を面白く書いた!
幕末は、戦国時代以上に、日本中で”怒涛の人間ドラマ”だらけ。その分、ややこしくもあるのですが、房野さんに任せれば、とても楽しい面白読み物に!

バックナンバー

房野史典〔ブロードキャスト!!〕

1980年岡山県生まれ。名古屋学院大学卒業。お笑いコンビ「ブロードキャスト!!」のツッコミ担当。 無類の戦国武将好きで、歴史好き芸人ユニット「六文ジャー」を結成し、歴史活動にも意欲的。 初の著書『笑って泣いてドラマチックに学ぶ 超現代語訳 戦国時代』が、ブレイク! 戦国に始まり、今は幕末も大好物!

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP