1. Home
  2. 社会・教養
  3. オオカミ少女に気をつけろ! ~欲望と世論とフェイクニュース
  4. 「僕はネトウヨを卒業したのに、父がネトウ...

オオカミ少女に気をつけろ! ~欲望と世論とフェイクニュース

2018.06.26 更新 ツイート

第9回

「僕はネトウヨを卒業したのに、父がネトウヨになった」泉美木蘭

 13歳で小林よしのり著『戦争論』に衝撃を受けるも、まったくの世間知らず状態のまま“誤読”してしまい、「昔の日本人スゴイ」→「日本人であるだけでスゴイ」→「だから僕はスゴイんだ!」という三段論法の“開眼モード”にはまり込んでネトウヨ化してしまったという内田大輔さん(仮名・31歳)。<前回インタビューはこちら>
 思春期を周囲の友人・大人たちに“真実の歴史を布教する”活動に捧げたが、イラク戦争、福島第一原発事故における保守派の言説に違和感を覚える。また、憧れから自衛隊に入隊するも過酷な訓練に耐えられず挫折。自身の言動を冷静に捉えなおすようになり、ネトウヨ活動は終了した。
 ところが、今度は家庭内でとんでもないことが――

 ***

「実は、父がこの数年で急激にネトウヨ化してしまいまして。スーパーに勤めていて、まもなく定年を迎える年齢なんですが……原因はネットだと思います。昔は転勤族で、早朝から深夜まで忙しく働いていたのですが、年齢とともに地位と時間の余裕ができたんです。そこにインターネットの進化があって、頻繁にネットを見るようになったようで。気が付いたら『ネットで真実に目覚めた!』という状態になっていました」

自身のネトウヨ活動が終了したと思ったら、今度は父親が独自ルートでネトウヨ化してしていたという内田さん(仮名・31歳)

 少年時代の内田さんは、父親から「中国、韓国がどうのなんて言って回るのはやめなさい」とたびたびたしなめられていたが、今では完全に立場が逆転してしまったという。

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

オオカミ少女に気をつけろ! ~欲望と世論とフェイクニュース

嘘、デマ、フェイク、陰謀論、巧妙なステマに情報規制……。混乱と不自由さが増すネット界に、泉美木蘭がバンザイ突撃。右往左往しながら“ほんとうらしきもの”を探す真っ向ルポ。

バックナンバー

泉美木蘭

昭和52年三重県生まれ、作家、ライター。日々、愛しさと切なさと後ろめたさに苛まれている不道徳者。社交的と思わせて人見知り。日頃はシャッターをおろして新聞受けから世間を覗いている。趣味は合気道、ラテンDJ、三浦大知。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP