1. Home
  2. 生き方
  3. だらしな脱出できるかな日記
  4. 2013年11月第2週 だらしな脱出でき...

だらしな脱出できるかな日記

2013.11.22 更新 ツイート

2013年11月第2週 だらしな脱出できるかな日記藤田香織

11月9日(土)

 いろいろ仕事が雪崩れ気味になり、朝4時就寝、12時起床。
 最近、寒くなってきたので、寝ているとダラとチャリ(猫ズ兄)がすり寄ってきて、熟睡できない。ダラは布団のなかに入ってきて、足元で丸くなっているだけなのでまだマシだが、チャリは頑として布団には入らないくせに温もりを求めてくるので大変鬱陶しい。布団から出ている私の顔と首を、自分専用湯たんぽだと思ってるのだ。
 結果、毛が顔にかかってウズウズする。下手をすると、ぐわーんとのびをした足が口の中に侵入してくる。すうすう眠っていたところに、突然、棒状の毛むくじゃらなものが射し込まれる驚きときたら! そりゃもうさすがの私も飛び起きるってもんだ。

 しかもその足、軽く2週間は掃除していない埃まみれの床を、のしのし歩いてた足ですよね? っていうか、さっきガシガシとトイレの砂もかいてましたよね? そもそもあなた、この家に来てから一度たりとも体を洗われてませんよね?
 でも、そう思いつつも、起き上がって口をゆすぐという、時間にすれば1分で出来ることが面倒臭い。飛び起きたんだから、ついでにベッドから降り、7歩歩いて(今数えた)洗面所まで行けよ>自分。どうかしてる。明らかにどうかしてる! 
 いやでも、見方を変えれば、人間って、普通にあんなモノやこんなモノも口に入れたりするわけで、猫の足ぐらい、どうってこともないと言えなくもない――。いや、言えないだろう、それは。とりあえず、出かけられるようになったらマスクを買って来ようと思います。って、まだ日記の文体が定まらないニャー。

お仕置きにベッドにあった付箋を貼ってみました。微妙に嫌がってるふうだけど、私だって足を口に突っ込まれるのはイヤなんです……!

今さらながら、布団に入る練習と、寝てる隙にタオルをかけてもみました。 明らかに迷惑そう! 明らかにイヤそう!

<最近の新刊読書>
『人生はニャンとかなる 明日に幸福をまねく68の方法』(水野敬也・長沼直樹著/文響社¥1,470)……古今東西、著名人が残した、世知辛い世の中を生き抜くための名言+それに合った猫写真を集めた写文集。よくある癒し系&励まし系ですな、と、思いきや、意外にも(失礼)猫の写真のクオリティが高く、まんまと癒されたw ミシン目が入っていて、ページごとに切り離せる、というのも良いアイデア。個人的にむちゃくちゃ気に入ったのは「一度サボるとクセになる」(By孟子)の猫! サボってる! これはもう絶対サボってる! ……戒めの為、早速机の前に貼りました。
『猫を拾いに』(川上弘美著/マガジンハウス¥1,575)……川上弘美+猫! と即買いしたのだけれど、猫は別にそれほど出てこなかった。『ざらざら』、『パスタマシーンの幽霊』に続く「クウネル」連載の第三弾。いろいろな人の、いろいろな人生の、いろいろな時をきりとった、21の短篇を収録。一つの話は掌編小説より少し長いくらいの文量なんだけど、それだけに「切りとり方」の巧さがよく分かる。短くても「色」があって「匂い」がある。なかなか難しいことを続けてると思う。

関連キーワード

関連書籍

杉江松恋/藤田香織『東海道でしょう!』

{ この記事をシェアする }

だらしな脱出できるかな日記

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP