1. Home
  2. 暮らし術
  3. 勝手に!裏ゲーテ 街場の旨いメシとBar
  4. 商談・密会に絶対むかないバー 赤坂見附編

勝手に!裏ゲーテ 街場の旨いメシとBar

2024.04.18 公開 ツイート

#49

商談・密会に絶対むかないバー 赤坂見附編 相場英雄

<使用機材>RicohGR3,SonyRX100M 5

最近、バーのネタが少ないではないか。読者からこんなご指摘をいただいたので、今月はバーでいく。本当は紹介したくないのだが、ネタが枯渇気味なので、行きつけにしているお店を一軒取り上げる。

場所は赤坂見附。都心の地下鉄ターミナル、赤坂見附駅の至近にある。都内各所で打ち合わせや取材メシを済ませ、あと一杯飲みたい、そんなときに頻繁に出かける一軒だ。

例によって店名は載せない。本文中にヒントをいくつも埋め込んであるので、ご自分で探していただきたい。

お店は地下鉄駅から一分もかからず到着できるのだが、極めて見つけにくい場所にある(大きなヒント)。チェーンの居酒屋やパチンコ店がひしめくエリアだ(同)。

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

{ この記事をシェアする }

勝手に!裏ゲーテ 街場の旨いメシとBar

食い意地と物欲は右に出るものがいない作家・相場英雄が教える、とっておきの街場メシ&気取らないのに光るBar。高いカネを出さずとも世の中に旨いものはある!

バックナンバー

相場英雄

1967年新潟県生まれ。元時事通信社記者。主な著書に『震える牛』(小学館文庫)、『血の轍』、『KID』(ともに幻冬舎文庫)、『トップリーグ』  『トップリーグ2/アフターアワーズ』(ともにハルキ文庫)。近著は『血の雫』(幻冬舎文庫)、『レッドネック』(ハルキ文庫)、『マンモスの抜け殻』(文藝春秋)、『覇王の轍』(小学館)、『心眼』(実業之日本社)、『サドンデス』(幻冬舎)、『イグジット』(小学館文庫)『ゼロ打ち』(角川春樹事務所、2月下旬発売)。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP