1. Home
  2. 暮らし術
  3. ライムスター宇多丸のお悩み相談室
  4. 「ひとりっ子は本当にわがままになるのか」...

ライムスター宇多丸のお悩み相談室

2022.07.22 更新 ツイート

「ひとりっ子は本当にわがままになるのか」問題をひとりっ子代表として考えてみた 宇多丸/小林奈巳(女子部JAPAN)

ラッパー、ラジオパーソナリティとして縦横無尽に活躍し続けているライムスター・宇多丸さんの人生相談本『ライムスター宇多丸のお悩み相談室』がついに刊行です!女子部JAPANで長年続けてきた連載からぎゅっと厳選&加筆修正してお届けする1冊。仕事や恋愛、人間関係のお悩みから女性差別まで、とことん考え答え続けた名回答の数々、ぜひお楽しみください!

*   *   *

一児の母です。まわりには「兄弟がいないとかわいそう」「ひとりっ子はワガママになる」と言われるのですが……。
(2016年7月9日)

39歳、一児の母です。現在3歳のメンズを育てていますが、まわりのママ友のほとんどが第二子、第三子を出産していて、肩身の狭い思いをしています。私は、欲しかった男の子が生まれ、我が子はひとりでじゅうぶんという考えで、今後、兄弟はつくらない予定ですが、周囲や世間は「兄弟がいないとかわいそう」「ひとりっ子はワガママになる」などといったネガティブイメージを投げかけてきます。お二人の意見をお願いします。私も改めて考えてみたいと思います。(りゅうママ・39歳・東京都)

こばなみ  ママ友のほとんどが第二子、第三子を出産とは! 確かに最近、私のまわりもご懐妊、出産している人が多い気がします!

宇多丸 僕の実感としてもそうですね。決して子育てしやすい環境が整ってきたわけでもないなかで、それでも子どもがちょっとでも増えるということ自体は、社会全体からすればありがたいことなんだろうけどさ。でも、だからって、個人としての生き方の選択を、人からとやかく言われる筋合いはないよ! これこそまさしく、「余計なお世話だバカヤロウ」、以上終了! って話だよ。いまだにそんなしょうもない物言いがまかり通ってるなんて、マジで最っ低だな! と思いますね。

こばなみ そんなこと言われても、いないもんは仕方ないし、本当にかわいそうかどうかなんて、その子しかわからないことなのに、嫌な言い方ですね。ひとりっ子代表として宇多丸さん、いかがでしょう?

宇多丸  おそらくですけど、ちょうど僕らくらいが、日本にひとりっ子が増えてきた最初の世代なんじゃないかと思うんですよ。昭和40年代生まれ。だから、その手の「ひとりっ子差別」みたいなことは一番言われてきたかもしれない。でも、そういうデリカシーのないことを言う人が今も普通にいるもんなんですね。嫌な思いしてる子や親がいまだにたくさんいるってことだからさ、ホント腹立つ。たとえば僕なんかさ、保育園とかでも、「ひとりっ子だからワガママ」説を、よりによって保育士さんから直接、言われてきたわけよ。子どもながらに、そんなこと言われたって僕にはどうすることもできないじゃん! っていう理不尽さに怒りが湧いたし、親の選択を責められてるようで、すごく不快だったのを覚えてる。

ガキのなかにもそういうこと言ってくるやつはやはりいた。でもね、僕に言わせりゃ、その手の言いがかりをつけてくる連中というのは、「お前にだけは言われたかねぇよ!」って言いたくなるような、筋金入りのワガママ野郎なんだよ(笑)。自分が考える「正しさ」を人にも押しつけて、それが当然だと思ってるようなやつらってことだからさ。

こばなみ うらやましいっていうのもあるんじゃないですか?

宇多丸 どうなのかな~。小学校のとき、「ひとりっ子ワガママ説」をしつこく唱えてたKくんはけっこうな資産家の次男坊で、スーパー甘やかされてたようで、マジでスネ夫みたいなキャラなのよ(笑)。彼を見てて「金持ちの次男こそワガママになる」っていうのが僕の持論になっちゃったくらいで(笑)。

中学時代の友達のTくんは、「佐々木はひとりっ子だからひ弱でワガママなんだ、オレが叩き直してやる!」とかいろんなお節介をしてきたんだけど、僕が今まで会った人のなかでもっともジャイアンに近いのはこの人なので、ワガママという点でも僕の比じゃなかったはずですよ。もちろん、僕だってワガママな面は間違いなくあったし、今もあると思うけど。

とにかく、ひとりっ子だからどうこうなんて議論が乱暴すぎますよ。ひとりっ子であることにとやかく言ってくるような連中は、「兄弟がいる自分の人生」や「複数子どもを持っている自分の人生」を肯定したい、肯定してほしいっていうのが根本の動機なんだと思いますよ。それは別にいいけどさ、そのために他の人の人生を貶めることねぇだろ! っていう。しかも、大人がそういうのを子どもに言うとかさ、超有害だから、いいかげんやめれ!『だから私は酒を呑む』って曲でも歌ったけど、「ひとりっ子」「カギっ子」「現代っ子」「モヤシっ子」とか、70年代はとにかくその手の「◯◯っ子」みたいな無神経なレッテル貼りが流行ってて、僕はそれ、まさに全部言われる立場だったわけですよ。子ども心にはやっぱり、親に関連したことで文句言われるのがひときわ嫌でしたね。「カギっ子」とかさ、僕のために頑張って働いてくれてるお母さんのことを暗に非難するような言い方、なんでお前らにされなきゃならないわけ? って思ってたよ。

こばなみ 母親が働いてることに対して、そういうこと言ってくる近所のおばさん、いた! さびしくないの? とか言われても、子どもとしてはどうしようもないですしね。

宇多丸 そのおばさんのなかには、旧態依然とした「善き家族」像みたいなのが、疑いの余地なくあったりするんでしょうけど。その枷が外れることでようやく自分の幸せをつかめたっていうような人が、親にしても子にしても、山ほどいるのが現代というものだと思うし。大きく言えばコレ、「人権問題」ですからね。

とまぁ、こんな言い方をしてると、あたかも僕が、ひとりっ子であることに被害者意識を持ってるように思う人が出てくるかもしれませんけども、ぜんっぜん、違いますから!物心がついてから先は、もう、ガッツポーズしかありませんでしたよ!「ひとりっ子、サイコー!」ですよ、マジでマジで

思春期になるとよりはっきり思うようになったけど、家に同世代の人間がウロウロしてるのとか、想像するだけで「う、うぜ~ッ!」って。実際、兄弟姉妹とウマが合わなくて何年も口きいてない、みたいなケースも同級生から聞いてたし。とくに異性で仲悪いと、ホントどうしようもないみたいだもんね。妹に汚物のように扱われてるとかさ。家に帰ってまでなんでそんな思いしなきゃなんないの! 要は兄弟姉妹だからって一生親密な関係とは限らない。むしろ近しいゆえに嫌悪や憎しみが深まることだって考えられるわけだから。

こばなみ サイコーポイントを女子部のひとりっ子たちにも聞いてみたところ、「テレビ番組やお菓子の取り合いがない」「親の目が行き届く。各種メリットをひとりですべて享受」「何から何まで独り占めできる」「家計がラク」「闘争心がないので落ち着きがある」なんて意見がありましたよ!

宇多丸   兄弟がいるような人からはどう思われるかわからないけど、僕自身ひとりっ子でよかったなぁと心から思う部分として、「ひとりでも全然平気、むしろそっちのが心地いい」っていうのは間違いなくあって。要は、みなさんがギャーギャー騒ぐほどには、孤独ってものが怖くない。むしろ孤独は友達!

こういうこと言うとすぐ、Tくんみたいな人が勘違いして(笑)、「ほ~ら、ひとりっ子だから協調性がない」とか言い出すんだけど、違うから。個人差はある前提だけど、ひとりっ子は他人との関係に臆病にならざるをえないぶん、集団でいるときは、むしろ人一倍、空気を読んで行動してるもんですよ。

ひとりっ子ワガママ説でさんざん抑圧もされてるしな!(笑)

こばなみ それにしても、子どもを産む、産まないって、けっこうセンシティブな話題じゃないですか。年齢のこともあるし、よくそんなことをまわりが言うな、とも思っちゃいました。もし、りゅうママさんが努力してもできてないのだったらどうするんだろうって。

宇多丸 そうだね。もし、第二子以降も欲しくていろいろ手は打ってみてるんだけど……みたいな状況だったら、かなりストレートに人を傷つける発言ってことになっちゃうよね。仮にそうじゃなかったとしても、やっぱり同じことだよ。要は、人の生き方をてめえのモノサシでジャッジしようとしてる時点で、普通にクソですよ、クソ! なんにしたってデリカシーなさすぎ。

そんな言葉を真に受けるだけ損ですよ。「チンパンジーがなんか言ってるよ」って思っとけばいい(笑)。つーことで、ひと言でまとめれば、「そいつらがこっちの人生に責任取ってくれるわけじゃなし、アホどもの言うことは気にする必要ナシ!」ってことです!

*   *   *

この続きはライムスター・宇多丸さんの人生相談本『ライムスター宇多丸のお悩み相談室』をご覧ください。

関連書籍

宇多丸/小林奈巳(女子部JAPAN)『ライムスター宇多丸のお悩み相談室』

そいつらがこっちの人生に 責任とってくれるわけじゃなし! ライムスター宇多丸の人生相談本がついに刊行! 長年の片思い、夫の加齢臭問題、飲めない人が宴席を楽しむには、SNSやLINEでの諍い、汚部屋の悩みから、女性差別についてなど、日常的なお悩みから社会問題まで、34のお題に答えています。執拗に、フェアに、時に優しく、時に興奮しながらとことん考えた珍回答&名回答の数々、ぜひお楽しみください!

{ この記事をシェアする }

ライムスター宇多丸のお悩み相談室

ライムスター宇多丸の人生相談本がついに刊行! 長年の片思い、夫の加齢臭問題、飲めない人が宴席を楽しむには、SNSやLINEでの諍い、汚部屋の悩みから、女性差別についてなど、日常的なお悩みから社会問題まで、34のお題に答えています。執拗に、フェアに、時に優しく、時に興奮しながらとことん考えた珍回答&名回答の数々、ぜひお楽しみください!

バックナンバー

宇多丸 ラッパー、ラジオパーソナリティ

1969年東京都生まれ。早稲田大学在学中にMummy-Dと出会いヒップホップ・グループ「RHYMESTER(ライムスター)」を結成。ジャパニーズ・ヒップホップシーンを開拓/牽引し、結成30年をこえた現在も、アーティストとして驚異的な活躍を続けている。2007年にはTBSラジオで『ライムスター宇多丸のウィークエンドシャッフル』がスタート。09年に「ギャラクシー賞」ラジオ部門DJパーソナリティ賞を受賞するなど、ラジオパーソナリティとしても活躍。同番組内の映画批評コーナーなどが人気を博す。18年4月からは、同局で月~金曜日18~21時の生放送ワイド番組『アフター6ジャンクション』でメインパーソナリティをつとめている。著書に『ライムスター宇多丸の『ラップ史』入門』『森田芳光全映画』『ライムスター宇多丸の映画カウンセリング』などがある。

小林奈巳(女子部JAPAN)

愛称・こばなみ。株式会社都恋堂・代表取締役。出版物や広告コンテンツの編集業務を経て、2010年に「iPhone女子部」を結成。現在はコミュニティ・メディア「女子部JAPAN」として、全国2万3千人の30~40代女性を対象に、ココロとカラダを元気にするためのコンテンツ&イベントを企画・実施中。仕事は好きだが、PCのデスクトップと部屋がどうしても片付けられないのが長年の悩み。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP