1. Home
  2. 読書
  3. 本の山
  4. 常に近しい誰かがいる人生に 訪れる“解放...

本の山

2021.03.13 更新 ツイート

常に近しい誰かがいる人生に 訪れる“解放”とは――『泣きかたをわすれていた』落合恵子 KIKI

主人公・冬子によって七年にわたる認知症の母の介護の様子が語られていく。けれど、これは単なる介護小説ではない。私生児として生まれた娘と母の、複雑ながらも唯一無二の関係をすこし羨ましく思ってしまったのは、わたしだけであろうか。

冬子は多大な労力を惜しまず、母を自宅で介護することを選ぶ。そのことは、これまでの彼女の思念を曲げることではないかと、長年の友人から電話口で強く突っかかられる。

「フェミニストのあなたがなぜ? 性別分業を介護に持ち込むの?」

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

{ この記事をシェアする }

本の山

バックナンバー

KIKI モデル

東京都出身。武蔵野美術大学造形学部建築学科卒。山好きとして知られ、著書に美しい山を旅して』(平凡社)などがある。(photo: ohta yoko)

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP