1. Home
  2. 生き方
  3. 美しい暮らし
  4. 茶色いランドセル【再掲】

美しい暮らし

2021.03.06 更新 ツイート

<違っていいと言える大人がいること>

茶色いランドセル【再掲】 矢吹透

 子供のときに性役割の固定観念をどこで植え付けられるかといったら、テレビや学校、家庭が大きいのではないでしょうか。そんななか、身近にその性役割から自由な人たちが人がいてくれたらどんなに心強いでしょう。矢吹透さんの小学生時代のエピソードは、しみじみと興味深いものです。

僕が8歳の年に、我が家は日本に帰国し、吉祥寺の祖父の借家に戻り、生活することになった。

武蔵野市立井の頭小学校の二年生のクラスに、僕は編入する。

変わった転校生だったと思う。

香港という異郷から突然、やって来て、東南アジアでの暮らしで強い陽射しに晒され、灼けた僕の肌は浅黒く、茶色いランドセルを背負っている。

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

関連書籍

矢吹透『美しい暮らし』

味覚の記憶は、いつも大切な人たちと結びつく——。 冬の午後に訪ねてきた後輩のために作る冬のほうれんそうの一品。苦味に春を感じる、ふきのとうのピッツア。少年の心細い気持ちを救った香港のキュウリのサンドイッチ。海の家のようなレストランで出会った白いサングリア。仕事と恋の思い出が詰まったベーカリーの閉店……。 人生の喜びも哀しみもたっぷり味わせてくれる、繊細で胸にしみいる文章とレシピ。

{ この記事をシェアする }

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP