1. Home
  2. 生き方
  3. 美しい暮らし
  4. 母の願う幸せな人生から外れて

美しい暮らし

2020.01.05 更新 ツイート

イカレポンチの回顧録#1

母の願う幸せな人生から外れて矢吹透

新しい年が明けた。

常々、僕が、女優の安藤サクラさんに面立ちが似ていると主張し続けている、幻冬舎plusの編集長・竹村優子さんが、我が家のキッチンで、僕の淹れたダージリン・ティーを飲みながら、新しい年ですから、新しいことをやりましょう、と言った。

というわけで、今回から、この連載は少し趣を変え、お送りすることになる。

これまでは、毎回読み切り、というかたちだったが、これからは、続きもの、というかたちを取る、というのが主要な変更点である。

何を続けて書いて行くかというと、僕の半生の回顧である。

と、テーマを大上段に掲げてしまうと、若干、面映ゆいところがあるのだが、昨年、「SPA!」という雑誌の取材を受け、僕のこれまでの人生について、少し語った。

この記事が、数週間後に「Yahoo!」に転載され、思いのほかに大きな反響を頂くこととなった。

他人の人生の裏側とか内側というのは、案外、ひと様の興味を惹くものなのかもしれない。

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

関連キーワード

関連書籍

矢吹透『美しい暮らし』

味覚の記憶は、いつも大切な人たちと結びつく——。 冬の午後に訪ねてきた後輩のために作る冬のほうれんそうの一品。苦味に春を感じる、ふきのとうのピッツア。少年の心細い気持ちを救った香港のキュウリのサンドイッチ。海の家のようなレストランで出会った白いサングリア。仕事と恋の思い出が詰まったベーカリーの閉店……。 人生の喜びも哀しみもたっぷり味わせてくれる、繊細で胸にしみいる文章とレシピ。

{ この記事をシェアする }

美しい暮らし

 日々を丁寧に慈しみながら暮らすこと。食事がおいしくいただけること、友人と楽しく語らうこと、その貴重さ、ありがたさを見つめ直すために。

バックナンバー

矢吹透

東京生まれ。 慶應義塾大学在学中に第47回小説現代新人賞(講談社主催)を受賞。 大学を卒業後、テレビ局に勤務するが、早期退職制度に応募し、退社。 第二の人生を模索する日々。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP