1. Home
  2. 生き方
  3. 美しい暮らし
  4. 虹の彼方には、何もない

美しい暮らし

2019.11.20 更新 ツイート

虹の彼方には、何もない矢吹透

虹の彼方には、何もないことを僕たちは知っている。

30数年前、フジテレビの入社試験の第一次面接で、出願票の「将来の希望」という欄に、「歌って踊れる会社員になること」とふざけたことを書いた僕は、面接官に「じゃ、歌ってみな」と言われ、その場に直立して、ジュディ・ガーランドの「虹の彼方に」を英語で二節ほど、高らかに歌ってみせた。

僕はその前の年、帝劇の「レ・ミゼラブル」初演のキャスト・オーディションで第二次審査まで進んで、あえなく敗退という戦績を残し、それなりに歌は上手かったのである。

小学生の頃、ピンク・レディーの振りをコピって、休み時間に女子たちと踊っていたくらい、踊ることも好きだった。

思い返すに、ジュディ・ガーランドとか、ピンク・レディーの振りコピとか、なんて、ゲイ。

 
虹っちゅうもんは、ただの光の屈折だから、その向こう側に行こうと、何かがあるわけではない。

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

関連キーワード

関連書籍

矢吹透『美しい暮らし』

味覚の記憶は、いつも大切な人たちと結びつく——。 冬の午後に訪ねてきた後輩のために作る冬のほうれんそうの一品。苦味に春を感じる、ふきのとうのピッツア。少年の心細い気持ちを救った香港のキュウリのサンドイッチ。海の家のようなレストランで出会った白いサングリア。仕事と恋の思い出が詰まったベーカリーの閉店……。 人生の喜びも哀しみもたっぷり味わせてくれる、繊細で胸にしみいる文章とレシピ。

{ この記事をシェアする }

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP