1. Home
  2. 暮らし術
  3. 大人バレエの世界
  4. バーレッスン、どの位置につきますか問題

大人バレエの世界

2019.09.25 更新 ツイート

#13

バーレッスン、どの位置につきますか問題丸山裕子

どんな場所でもポジショニングは重要です。
それが職場であれ、遊びの場であれ。

バレエのレッスンはバーレッスンから始まります。スタジオ内のバーのどの位置につくかということに、ある程度の掟があると知ったのはつい昨年のことでした。

発表会でバレエの大先輩たち(人生では私が先輩)と一緒に踊ることになり、親しく話をするようになりました。その中で、バーの位置どりの掟について聞いたのです。「このスタジオでは関係ないけどね」と彼女たちは言いましたが、言われてみればバレエ経験者は、それとなく掟に従って位置どりを決めているようでした。

そんなこととはつゆ知らず、約10年間のびのびと自由に位置どりを決めていた私。
なんと恐ろしいことでしょう。

しかし、何も考えなかったわけではありません。私は私なりに、人として、大人として、学ぶ者として、考えた末に位置どりを決めていたのです。

もちろん、バレエを始めた当初はそんなことを考える余裕はありませんでした。鏡が怖いとか、初心者で下手だからという消極的な気持ちや、来るのが遅いという現実的な事情により、いつも出入り口近くの端っこにいました。遅めに来る人は必然的に出入り口近くになります。

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

大人バレエの世界

いくつになっても憧れる華やかなバレエの世界。アラフォーからバレエを始めた著者による、楽しく、たくましく、哀しくもおかしい“大人バレリーナ”の日常。

バックナンバー

丸山裕子 イラストレーター

京都市出身。踊るイラストレーター。健康のために始めたバレエにはまり、寝る間を惜しんでレッスンに通う。『バレエ語辞典』の全イラストを担当。書籍や雑誌、広告にイラストを描いている。女性、育児、健康、犬と花に関するものが多い。イラストエッセイは『しあわせな犬生活を』(ドッグワールド)、『極楽いぬ生活』(ペピイ)。布花作家でもあり、『まんまるさん®︎』という古布を使ったオリジナルのアクセサリーを作っている。
Instagram  @yuko.illustrations

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP